2019年04月20日

日本でのホームスクーリングの発展の可能性

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


冒険家の皆さん、今日も崖から落ちそうになった相棒を引っ張り上げながら「ファイト」「一発!」と叫んでいますか? 

さて、日本とカナダの事情を比べてみると、たしかに現状ではカナダのホームスクーリングのほうがずっと進んでいますが、日本もかなり発展する余地はあると思うので、今日はその理由について書いてみたいと思います。続きを読む
posted by 村上吉文 at 13:58 | ホームスクーリング | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年04月18日

外国語で講演を聞くときは

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さて、Twitterやブログでカナダのアルバータ州のホームスクーリングの協会の大会に参加していたことを何度か書きました。その時にちょっと面白いことに気がついたので、備忘録として書いておきたいと思います。

この大会は、カナダのホームスクーリングの大会としては非常に珍しく、続きを読む
posted by 村上吉文 at 21:07 | ホームスクーリング | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年04月17日

アルバータ州のホームスクーリング大会、二日目

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

(この記事は4月12日に書かれたものですが、アルバータ州の選挙期間中に投稿するにふさわしい内容ではないと判断したので、選挙後の本日投稿いたします)

冒険家の皆さん、今日もまた、つまらぬものを斬ってしまっていますか?

今日も昨日に引き続き、ホームスクーリングの大会の二日目についてツイッターに投稿したものからご紹介します。その後で感想なども書きます。続きを読む
posted by 村上吉文 at 21:14 | ホームスクーリング | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年04月12日

アルバータ州のホームスクーリングの大会

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス






冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さて、今日はアルバータ州のホームスクーリングの大会に来ています。前にもこのブログで紹介しましたが、続きを読む
posted by 村上吉文 at 13:46 | ホームスクーリング | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年03月13日

カナダのホームスクーリング大会

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日も空から降ってきた女の子と「バルス!」と叫んでいますか。

さて、2017年の9月に息子が「学校に行かない」と言い始めてからカナダのホームスクーリングの資料を探すようになったのですが、日本との大きな違いの一つに「大会」の存在があります。大会というのはconferenceとかconventionとかいうイベントで、そこにたくさんの人が集まって、いろいろな発表をしたりします。多くの場合、続きを読む
posted by 村上吉文 at 11:59 | ホームスクーリング | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年02月19日

カナダのホームスクーリングの映画 「公立学校での冒険」

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日も放射能除去装置を手に入れるためにイスカンダルまでワープしていますか?

またホームスクーリングの話題の続きなんですが、やっぱり日本のホームスクーリングに対する無理解とか誤解をときたくて、前にもちょっと触れたことがありますが、「Adventure in Public School」(公立学校での冒険)というカナダの映画を今日はご紹介したいと思います。

この映画は、続きを読む
posted by 村上吉文 at 14:09 | ホームスクーリング | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年02月18日

ホームスクーリングの方が正しい理由と根拠

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


boy-2604853_1280.jpg

冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

ちょっと前のこのブログの記事でホームスクーリングの方が望ましい子供達について書いたのですが、一般的な日本人の感覚では、「それじゃあ半分以上の子供がホームスクーリングの方がいいことになってしまうではないか」という疑問を持つことになると思うので、今日はその件について書いてみたいと思います。

多分これは続きを読む
posted by 村上吉文 at 02:18 | ホームスクーリング | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年02月08日

ホームスクーリングの方が望ましい子どもたち

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もパンコット宮殿で奴隷にされた子供達を解放していますか?

さて、ここのところ千葉県野田市の児童虐待事件が大きなニュースとなっています。 事件の悪質さや、教育委員会のアンケートの扱いなど大きな問題が指摘されていますが、中でも児童相談所がどうしてもっと早く児童を保護しなかったのかという声が大きいようです。

しかし僕が違和感を持つのは、続きを読む
posted by 村上吉文 at 23:06 | ホームスクーリング | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年01月14日

父が最後に教えてくれたこと 在宅医療とホームスクーリング

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さて前の記事にも書いたように、昨年末に父が亡くなりまして、その際に僕自身が全く知らなかった社会の色々な部分を体験することができました。実際には父が教えてくれたわけではありませんが、父のおかげで体験することができたという意味で、ここでは父が最後に教えてくれたこととしておきます。

前の記事ではかなりネガティブなことを書いてしまいましたが、父を看取ることによって見えてきたのは実はそれだけではありません。続きを読む
posted by 村上吉文 at 22:06 | ホームスクーリング | このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年08月05日

『かがみの孤城』にみる日本の教育の多様化の遅れ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日も虹色に輝く鏡を通り抜けて異世界へ侵入していますか?

さて、今年の本屋大賞に輝いた『かがみの孤城』という本を読みました。本屋大賞は文学通にしかわからない根暗な私小説とかじゃなくて、エンターテイメントとして楽しめるものが多く、続きを読む
posted by 村上吉文 at 13:18 | ホームスクーリング | このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月25日

多様な学びを社会として認めよう

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


画像 (9).png

冒険家の皆さん、今日も大海原で難破してイルカに救われていますか?

さて、9月1日はもっとも子供の自殺が多い日ということで、今年も9月1日を中心とする1週間で8人の子供が自ら命を絶ったのだそうです。(参考資料:石井)

こうした統計を受けて、特に昨年から八月末に「死にたいぐらいだったら学校に行かないでいい」という発言が多く見られるようになって来ました。続きを読む
posted by 村上吉文 at 04:02 | ホームスクーリング | このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年08月04日

不登校でもネットで語学を学べる七つの無料サービス

EduFireにあった記事です。
Homeshoolを「不登校」とするのは自分でもかなり違和感がありますが、概念自体が日本ではあまり知られていないので。くわしくはウィキペディアのページをご覧ください。

で、本題ですが、以下の七つです。
1.smart.fm
これはこのブログでも何度も取り上げていますね。語学学習SNSとしては初めての成功例と言えるでしょう。
2.Lang-8
Lang-8も僕は大好きで、学生によく勧めています。実は今月22日にもセミナーやります。ベトナムの学生の皆さん、ぜひ来てくださいね。ただこのLang-8、実はちょっと経営が厳しいらしいです。詳しくはこちらを。何とかしてあげたいものですね。
3.Busuu
これはまだ使ったことがないので分かりませんが、こちらもコミュニティサイトらしいです。
4.Babbel
これも使ったことがないので、原文をどうぞ。
5.iTune
これは言うまでもないですね。こちらではビジネス英語を無料ダウンロードできるというお知らせもあります。ダウンロード元は「1」のsmart.fmを運営しているセレゴです。
6.Twitter
私も最近、アクティブに使い始めました。勝間和代さんもITプラス
その巨大なコミュニティー・ラーニング機能は、今後の可能性を強く感じさせるものであった。
と語っています。
7.Innovative Languages
これはpod101シリーズのことですね。日本語はこちらで学べます。youtubeのチャンネルも有名ですよね。動画を一つご紹介しておきます。


以上のリソースについてKoichi氏による説明は原文をどうぞ。
http://blog.edufire.com/2009/07/21/7-free-online-resources-for-homeschool-language-learning/

それにしても、このKoichi氏、この手の話題の時には必ず名前を見ますね。彼のブログも必見ですよ。むらログの今日の記事に興味を持ってくれた方なら、彼の10 Ways to Hack Google to Become an Awesome Japanese Learning Resourceなんかも面白いんじゃないでしょうか。
posted by 村上吉文 at 07:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホームスクーリング | このエントリーをはてなブックマークに追加