月刊日本語からいらした方はこちらへ!

2013年12月05日

技術を賢く使うか、愚かに使うか。ブダペストに来て思ったこと。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


DSC_0195 (1).jpg

冒険家の皆さん、こんにちは。

ご挨拶が遅れてしまいましたが、11月10日より、ハンガリーで仕事をしています。
このブログでもご紹介して来ましたように、ハンガリーに赴任することが決まってからほそぼそとハンガリー語の勉強をしてきたのですが、こちらに来てあらためて思ったことが2つあります。

一つは、学習言語の話される地域で勉強するのと、地域外で勉強するのでは全く違うな、ということと、もう一つは、技術が人を強くも愚かにもするのだということです。続きを読む
posted by 村上吉文 at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年11月08日

ウェアラブルについての補足。


08 - 1.png

冒険家の皆様、こんにちは。

昨日のブログで、「プッシュ型」というのがちょっと説明不足だったようですので、補足しますね。

たとえば僕のXperiaには今、坂戸とブダペストと成田の明日の気温が「GoogleNow」というアプリで表示されています。ブダペストと坂戸は僕が自分でGoogleマップに登録したから表示されるのでしょう。しかし、成田は明日僕が成田に泊まることになっているから自動的に表示されているのではないかと思います。これはGoogle検索の履歴やGoogleカレンダーやGmailの内容から自動的に判断されるのではないかと思います。飛行機の搭乗時間が近づいてくると、その搭乗時刻なども多分教えてくれるでしょう。(今まではそうでした)


続きを読む
posted by 村上吉文 at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェアラブル・コンピューティングは状況論的学習を促進するか。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


google-glass-2

冒険家の皆さん、こんにちは。
あと3日でハンガリーに立つ今日(11/07)、佐々木俊尚氏のセミナー『スマホ、タブレットを超える「ウェアラブル」の衝撃』に行ってきました。

本当に「スマホ・タブレットを超える」衝撃なのかはちょっと分かりませんでしたが、教育や人の学び、特に語学に関しても大きな可能性を持っているの確かであるという印象を受けました。

続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年10月28日

日本語教育学会で研修「インターネット映像配信サービスを利用した教師研修と遠隔授業の実際」を行いました。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス



昨日、10月27日に日本語教育学会で研修を行いました。ネットでライブ中継されましたので、こちらで共有しますね。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年10月15日

映像配信できる「技術の素人」とは

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


Ensimmäinen HangoutOnAir

冒険家の皆さん、こんにちは。

前の記事にも書いたとおり、先日の日本語教育学会は最先端の試みに触れることができて、非常に刺激的でした。しかし、最先端な試みというのは、当たり前ですが、誰でもできるわけではありません。誰でもできないからこそ、価値があるのでしょう。そういう意味では、ああいうところで発表する人は、皆さん冒険家の要件の一つはクリアしていますよね。

ただ、ある分野の専門家であっても自分の専門外の分野については世界の最先端を極めているわけではありませんし、日本語教育という分野も極めて細分化されているので、学会で紹介されているものがいかに素晴らしくても、「自分では真似できない」ということが少なくありません。

一方で、27日に僕が講師として協力する日本語教育学会のイベント「インターネット映像配信サービスを利用した教師研修と遠隔授業の実際」は、学術発表ではなくて研修なので、むしろ「誰にでも真似できる」ことを扱います。

もう少し具体的に言うと、日本語教育関係の学会発表でICTに関するものというと、ほぼすべて、以下の3条件のうちの一つは必要になっています。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年10月14日

ラポールの形成にオフラインの対面は不可欠か

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


10080031

この週末は日本語教育学会の秋季大会でした。僕もいろいろな人に再会したり、あるいは初めて会ったりして、非常に有意義な二日間を過ごしました。

発表内容ももちろんですが、それ以外にも非常に印象的なことがあったので、ちょっとご紹介したいと思います。

それは瀬尾匡輝さんたちの発表「オンラインでの繋がりがもたらす教師たちの変容 」を聞いたあとで、瀬尾さんご本人に声をかけた時のことです。できるだけ記憶に忠実に再現してみるとこんな感じでした。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月26日

中東の日本語教育

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


Egypt Sept 2013 Back to School 09
写真「Egypt Sept 2013 Back to School 9」

冒険家の皆さん、こんにちは。

2010年の9月にエジプトに派遣された僕の任期は10月6日に終わることになります。後任はまだ決まっていないので、これからカイロに派遣される将来の後任のためにも、「中東の日本語教育」について大雑把に書いておきたいと思います。

なお、僕は中東研究者ではありません。サウジに2年とエジプトに3年近く住んだことはありますが、それ以上の者ではありませんので、そこのところはお見知りおきください。しかし、大雑把な話というのは、専門の研究者という立場ではできないことも多いので、敢えて専門の研究者でないという立場から書いてみます。

まず最初に中東とはどこなんでしょうか。続きを読む
posted by 村上吉文 at 15:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月24日

現代の冒険家:それはリスクを取りながら未知の世界へ自分の意志で前進する人

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


Equipment Trial #1

冒険家の皆さん、今日も元気ですか。

さて、僕はときどき人間って2種類しかないんじゃないかと思うことがあります。冒険家と、それ以外の人間です。で、僕のブログを読んでくれるような人は、たぶん、みんな冒険家じゃないかと思うんです。

こういうことを思い始めたのはそれほど前のことじゃないんですが、続きを読む
タグ:自律学習
posted by 村上吉文 at 05:56 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年08月26日

「介護の漢字サポーター」のインドネシア版!

「介護の漢字サポーター」にインドネシア版が登場とのことです。
中東ではあまり縁がない分野だったので情報を追っていなかったところもあるのですが、ますます進む高齢化にむけた対策も着実に進んでいるようですね。

続きを読む
posted by 村上吉文 at 13:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年08月24日

走り出す前に見つけておきたい三種の神器。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


The Opportunity Of Failure

今まで「ソーシャル・メディアで外国語を学ぶというのは何ではないか」ということを何回か書いて来ました。しかし、そういうことばかり書いていると、「で、それは何なの?どうやるの?」という疑問を持たれるのも当然かと思いますので、ちょっとずつ書いてみたいと思います。

■ 初期に大切なのは試行錯誤

学び始めの時期にしなければならないことは、とにかくいろいろ手を出してやってみるということです。というのも、最初はどんなリソースがあるのかも分かりませんし、自分がどんな方法が好きなのかも分かっていないことが多いからです。

よく企画の方法として、最初にブレインストーミングで大量のアイデアを出してから、あとでそれをまとめていくという方法が取られることがありますが、今のようにリソースが豊かにあり、学習者の多様化が進んでいる時代には、自分の学習を企画するにもそういった方法が大切です。

ブレインストーミングでは、どんなに馬鹿馬鹿しいアイデアでも口に出していってみることが尊重され、逆に他者のアイデアを批判することは禁じられます。もちろん、後でアイデアを集約させていくときにはダメ出しなども必要ですが、ブレインストーミングでは質の高さよりも量の多さが大事なので、このような方法がとられるわけですね。

自分に合った学習方法を見つけるときにもそれと同じで、検索結果などのタイトルを見て「くだらないかな」とか「難しすぎるかな」と思ったとしても、実際にそのリンクを開いてみることが推奨されます。開いてみると、自分にとっては難しすぎるけど、動画に出てくる女の子が可愛いからがんばってみるとか(「エリンが挑戦!」などでよく聞く話ですよね)、友達が入っているコミュニティーだから自分もそこに入るとか、自分の母語が入力できるのはそのツールしかないからとか、そういう理由で使うようになることもあるので、とにかく色々とやってみましょう。

では、何を見つけるのか。僕はここで見つけるべきものは主に3つあると思っています。

続きを読む
posted by 村上吉文 at 08:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年08月18日

ハードウェアからの解放、それがクラウド

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


@ BasicGov Systems - 2009 - The Year of the Cloud

昨日、とある場所で「クラウド型の仕事をしている人は、いまどきMSオフィスもプリンターもスキャナーも持っていないのでは」というようなことを書いたら驚いていた人が複数いたので、ちょっと補足しておきます。

というか、ここ一ヶ月ばかり僕が盛んにソーシャル・メディアと学習について書いていますが、これは基本的にハードウェアにはあまり依存しない学び方です。紙とか教室すらなくてもいいことが少なくありません。大切なのは、人です。人とつながるかどうかが重要なのであって、何を通してつながるかは重要ではありません。紙でもカメラでも、ウィンドウズでもiPadでも本質的にはあまり重要ではないのです。ご自分がいちばん気に入っているものを使えばいいのではないかと思います。

そして、そういう「ハードウェアに依存しない」という考え方を突き詰めていくと、最後には「クラウド」になります。クラウドというのは、要するにインターネットのことで、データやソフトウェアを全部ネット上にあげてしまって、手元のパソコンには、ネットを見るためのプログラム(Chromeなどのブラウザ)と入力用のキーボードや通信用の機械しか入っていないようなこともあります。そうやって仕事をすることを「クラウド型の仕事方法」などと言ったりします。

そういう生活のメリットは、一番には「安く暮らせる」ということだと思いますが、続きを読む
タグ:google Chromebook
posted by 村上吉文 at 10:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年08月10日

それは「リスク」であり、「温室」ではない。(1)

shark

ソーシャル・メディアで日本語を勉強すると聞くと、不安そうな顔をする教師が時々います。
そりゃ、そうですよね。テレビをつければインターネットを使った犯罪の話とか、携帯電話で振り込め詐欺にあった話とか、よく聞きますから。ですから、「ネットで勉強できる」と聞いて自分たちの学習者のことを心配する人がいるのは当然です。

それでは、ソーシャル・メディアで日本語を学ぶことに、リスクはあるのでしょうか、ないのでしょうか。

答えは簡単です。リスクはあります。

でも、ここで「ひぇー!」と叫びながら両手を振り回して走って逃げていってほしくないのです。それは明らかに間違った反応です。人間としては当然な反応でもありますが、間違った反応です。

これはソーシャル・メディアで日本語を学ぶということに限った話ではないのですが、一つの選択肢にリスクがあるというとき、考えてほしいことが一つあります。それ以外の選択肢は、よりリスクが少ないのか、ということです。

たとえば僕がいつも言っている例ですが、道を歩いていて交通事故に遭うリスク。

このリスクを避けるには、家から出ないという選択肢があります。家から出なければ、道を歩いていて車にひかれるリスクはありません。でも、買い物もできず、友達は家まで来てくれる子供だけ、学校はソーシャル・メディアで代用するとして(しつこい)、たぶん就職もできないでしょう。それでいいのでしょうか。それでいいのなら、交通安全指導は簡単です。「家から出るな」とだけ言えばいいのですから。でも、そんな交通安全指導はありませんよね。

同じように、ソーシャル・メディアで日本語を学ぶという時に、そこにリスクがあるからと言って、それだけで選択肢から外してしまうのは大きな間違いです。まず、新しい学習方法にどのようなリスクがあるかを考え、従来の学校型の教育のリスクより高いのか低いのかを比較しなければなりません。

それでは、ソーシャル・メディアで学ぶには、どのようなリスクがあるのでしょうか。

続きを読む
posted by 村上吉文 at 05:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年08月08日

それは「個別化」であり、「大量生産」ではない。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


ND0_4516

先日は僕の理想としている語学学習に近い一つの形としてソーシャル・ネットワーキング・アプローチ(SNA)という考え方をご紹介しました。これなら今すぐにでも取り掛かれるかもしれないという意味で、非常に現実的で、無理のない提案だと僕は思っています。

「現実的」というのは、既存のシステムの中でも使えそうだという意味でもあります。

そこで今日はもう少し過激に、既存のシステムに合うかどうかとか考えずに、理想論を語ってみたいと思います。言い方を変えれば、既存のシステムがどうして破壊されてしまうのか、とも言えるかもしれません。

続きを読む
posted by 村上吉文 at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年07月19日

【まとめ】 無料テレビ会議システム「ハングアウト」の始め方

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


Courtney Daggett google+ hangout

 僕が仕事などでよく使っているGoogleの無料テレビ会議システム「ハングアウト」ですが、まだメールやファックスほど浸透しているわけではないので、相手によっては初めて使う場合も少なくありません。それで、全くの初心者用に、ハングアウトを使うために必要な準備などをまとめて書いておこうと思います。スマートフォンやパソコンでインターネットにすでにアクセスできることを念頭に書いています。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 11:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年05月05日

ソニーの電子書籍リーダーを買ってみた。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


eBook Reader

3月にソニーの電子書籍リーダーを購入しまして、2ヶ月ほどたったところです。
実際、これは全く新しい読書体験だな、と思っているので、備忘録代わりに最初の印象から思い起こして書きだしてみます。

続きを読む
posted by 村上吉文 at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年04月16日

たくさんのメッセージ、ありがとうございます。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


皆さん、誕生日のメッセージをたくさんいただき、ありがとうございました。
おかげさまで46歳になりました。
本当は去年の今日、書くつもりだったんですが、今年82になる父の45歳の誕生日のことを僕はよく覚えているんですね。続きを読む
posted by 村上吉文 at 12:55 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年04月01日

今度はエヴァが実写化!



ドラゴンボールの実写ハリウッド版はかなり不評だったようですが、今度はエヴァンゲリオンがハリウッドで実写化されるらしいですよ! 予告編を見る限りそれほど違和感はないようですが、原作のファンにとってはどうなんでしょうね。シンジらしい俳優はひと目で分かりますが、金髪の女性は誰なんでしょう。あれがアスカだったらちょっと不自然かもしれません。
posted by 村上吉文 at 00:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年03月31日

免許センター講習の改善提案

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


Drivers license

自動車の運転免許更新に行って来ました。
これ、おすすめですよ。どうやったらここまで面白くない講習になるのか、いろいろなヒントがもらえます。

では、ARCS動機付けモデルの順に考えてみましょう。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 16:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年03月29日

島国根性とかムラ社会とか

Cognizant Quality Engineering & Assurance Summit - Dubai

エジプトに限らず、中東の国々を見ていて日本より優れていると思うことの一つは、「敵とも交渉する」ということです。日本は「絶交!」とか言って、仲の悪い人とは没交渉になってしまいますよね。そして、交渉可能な相手はみんな味方ですから、別け隔てなく平等に接することが尊ばれるわけです。

逆にエジプトやサウジアラビアでは、八百屋さんなんかも親しい人には安くして、新参者には高くふっかけるなんてことがよくあります。そしてそれは、彼らの価値観の中では別に悪いことじゃない。だって味方を大切にするのは当然だし、敵と交渉しちゃいけないわけでもないし。だから、まず物の値段も決まっていない。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年12月24日

学びの「身体性」って?

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


よく、e-ラーニングとかデジタル教科書などの議論でこんなことが言われます。

「デジタルにすると身体性がなくなってしまうから、子どもの学習には向いていない」

ネットを「身体性の欠如」などのキーワードで検索してみると、『インターネットについて―哲学的考察 (Thinking in action)』という本を引用して同じような批判をしている人もいるようです。続きを読む
posted by 村上吉文 at 12:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加