月刊日本語からいらした方はこちらへ!

2015年09月23日

日本語はLGBTに優しいか。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


Rainbow Picture

冒険家の皆さん、今日も虹の根元にある金のカップを探して旅していますか?

さて、先日ご紹介したFacebookの「日本語」グループでたびたび出てくる話題なのですが、女性で「僕」を使いたがる人がときどきいるんですよね。

ご存じの通り「僕」は続きを読む
posted by 村上吉文 at 11:18 | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年09月09日

急増する冒険家



冒険家の皆さん、今日も熱気球をあげてそこから双眼鏡であたりを偵察していますか?

さて、Facebookに「日本語」(The Nihongo Learning Community)というグループがあり、先日、そこの会員数が一万人を突破したというので、このブログからもお祝いを申し上げたいと思います。

このグループは単なる交流サイトではなくて、続きを読む
posted by 村上吉文 at 11:48 | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年08月02日

Facebookが嫌いな人がFacebookを始める方法

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


snarling-83817_640.jpg

冒険家の皆さん、今日もムササビスーツで高層ビルから脱出していますか。

さて、ソーシャル・メディアが日常生活に浸透した現在、語学教師にとって、自分の担当している学習者をFacebookなどを使って日本語話者と直接つなげることはますます重要な業務の一部になっています。

しかし、人によってはFacebookを使うことに違和感があることもあるでしょう。昨日の日本語教育学会による実践研究フォーラムでも、「学習のためだけに使うことが可能なのか」「友だちの友だちなどの知らない人から友だちリクエストが来て困る」などの「Facebookそもそも論」が聞かれました。

そこで今日は、そういったFacebookが嫌いな人が最小限の範囲でFacebookに関わって、学習支援をしていくための方法について書いておきたいと思います。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 13:20 | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年07月31日

実践研究フォーラム「Facebook コミュニティを活用した自律学習者への学習支援と教師間協調の実践 」

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


冒険家の皆さん、今日も疾走する列車の屋根の上で悪党と格闘していますか?

さて、前日になってしまってからの告知で大変申し訳ないのですが、明日、8月1日に第 5 回日本語教育学会研究集会「実践研究フォーラム」に参加することになっています。タイトルは「Facebook コミュニティを活用した自律学習者への学習支援と教師間協調の実践 」で、午後1時半から4時半まで3時間にわたり、Facebookグループ「日本語」での活動のご紹介を行います。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 12:19 | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年07月21日

【ネットワーク化の7つのステップ】(4) 一対多のライブイベント開催。(一は主催者)

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


Black and white handshake

冒険家の皆さん、今日も隣のオアシスに向けて伝書鳩を飛ばしていますか?

さて、今日は出張もない休日なので、久しぶりに【ネットワーク化の7つのステップ】の続き、「ステップ4、 一対多のライブイベント開催」を書いてみたいと思います。

今日の記事の一番下に書いてある参考文献の欄でこれまでのおさらいができますが、とりあえずFacebookなり、Google+なり、メーリングリストなり、あるいは自分で立ち上げたオリジナルの場所などでオンライン・コミュニティを作り、そこに同じ関心を持つたくさんの人たちを広域から呼び込むことに成功し、彼らからの発言もいくつも見られるような段階に達したことを前提にしています。

ここまで来たら、次に必要なのは情報発信型のライブイベントを主催することです。

続きを読む
posted by 村上吉文 at 01:20 | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年07月18日

「新世代自律学習者のための教師の役割 大量絶滅の時代を私たち恐竜が生き延びるための3つの視点」第3回スペイン日本語教師会シンポジウム基調講演

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス





冒険家の皆さん、今日もホタテの杖を持って巡礼者に変装していますか?

さて、ここのところ出張などが相次いておりましてブログの更新が遅れておりましたが、その出張の一つ、第3回スペイン日本語教師会シンポジウムの基調講演のビデオを主催者からいただきましたので、さっそくですがここに共有させていただきました。

続きを読む
posted by 村上吉文 at 20:50 | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年06月22日

オランダの冒険家インタビュー!

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日も椰子の実をナタで割ってココナッツ・ジュースをグビグビ飲んでいますか?

さて、2月に職場のYouTubeチャンネルでマケドニアとエジプトの冒険家(新世代自律学習者)にオンラインでインタビューをしました(参考資料をご覧ください)。今回は僕の管轄外の地域だったので職場の教師研修という形はとっていませんが、僕の個人チャンネルでオランダの冒険家にインタビューをしました。

今回のインタビューの中でも、特に打ち合わせをしたわけでもないのですが、僕が冒険家メソッドとしておすすめしていることがいくつも出てきます。たとえば、続きを読む
posted by 村上吉文 at 01:09 | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年06月08日

それぞれの冒険家に必要な多様な能力の一覧を簡単に作るには

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日も次の冒険の地を求めて羊皮紙の地図を広げていますか?
僕も書きたいことは山ほどあるのですが、なかなか時間が取れません。

さて、先日は「余暇としての日本語学習」ということで、特定の課題遂行能力を身につけるよりも、日本語を学んでいること自体を楽しんでいる人たちがいることを書きました。しかし、続きを読む
posted by 村上吉文 at 01:44 | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年03月22日

個人の重層性がオンラインコミュニティの多様性を担保する

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もナサニエル・フリントの財宝を追っている間にブラックホールに吸い込まれそうになっていますか?(マイナーなネタですみません)

さて、ネットを批判する人の間でよく言われることの一つに「ネットは同じ趣味の人たちだけが集まるので、タコツボ化しやすく、異なる価値観を持つ人との交流がなくなり、視野が狭くなる」というのがあります。

でも、こういうことを主張する人は、あまりネットを使っていないんじゃないだろうかと思います。というのも、続きを読む
posted by 村上吉文 at 03:14 | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年01月13日

みなさんもKindleで出版してみませんか?

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日も羊皮紙をめくって古代の謎を解いていますか?

(そもそもKindleって何?それっておいしいの?という人は後半からお読みください)

さて、先日Amazonから自費出版の手続きをしてみたら想定外に簡単だったので驚いています。それで、今日は皆さんにもおすすめするために記事を書くことにしました。だって、これだけKindleが普及している今、本屋を通さずに教科書などをAmazonの流通に乗せられるのって、すごいことだと思いませんか? これがどれだけすごいかというと、続きを読む
posted by 村上吉文 at 02:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月26日

【むらログ2014】冒険家メソッド、変わりゆく教師の役割、MOOC、ハングアウトなど

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


DSC_0818.jpg

冒険家の皆さん、今日も犬ぞりで南極大陸を横断していますか?

さて、年の瀬も迫ってまいりましたので、今日は「むらログ」エントリーからこの一年を振り返ってみたいと思います。

続きを読む
posted by 村上吉文 at 02:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月15日

MOOCとSPOC

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


Screenshot 2014-12-14 at 6.42.51 PM.png

冒険家の皆さん、今日もハンモックに揺られて木漏れ日を浴びていますか?

さて、この「むらログ」でもご紹介していた、「インタラクティブ・ティーチングをMOOCで学ぶ日本語教師の会」ですが、オンラインで学ぶことについて、いろいろな意見が共有されていますので、今日はこういう形式にまだ慣れていない人を念頭にちょっと共有してみたいと思います。

続きを読む
posted by 村上吉文 at 02:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月01日

アメリカの標準テスト反対運動の背景

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス



(写真:http://www.texasobserver.org/mother-against-standardized-testing/

冒険家の皆さん、今日も列国の侵略から辺境の小国を守るために雪の山脈を超えていますか?

さて、同業者にはFacebookで共有したのですでにご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、一ヶ月ほど前にワシントン・ポストが「標準テスト反対運動の勃興」というタイトルでアメリカの現状を報じていました。

The rise of the anti-standardized testing movement - The Washington Post
http://www.washingtonpost.com/blogs/answer-sheet/wp/2014/10/30/the-rise-of-the-anti-standardized-testing-movement/

僕はこういう動きを知らなかったので、その後、ときどき思い出しては「なぜだろう」と思ってはいたのですが、昨日読み終わったWill Richardsonの「Why School?: How Education Must Change When Learning and Information Are Everywhere (Kindle Single) (English Edition)」で、かなり背景が分かった気がします。

この本の最後のほうで、続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年11月24日

「インタラクティブ・ティーチングをMOOCで学ぶ日本語教師の会」

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日も毒の吹き矢で襲ってくる裸族から命からがら逃げだしていますか?

さて、JMOOCという大規模オンライン公開講座(MOOC)が日本でも始まっているということはたびたびお伝えしていますが、中には日本語教師にとって役に立ちそうなものも多数あります。中でも「インタラクティブ・ティーチング」というのはキャッチコピーが「聞くだけの授業は終わりにしよう」となっていて、説明が多すぎると指摘されたり、あるいは同僚がそういう授業をしてばかりのところなどでは、非常に役に立つのではないかと思います。

また、「既存の大学に取って代わってしまうかもしれない」などとも言われているMOOCというものをご自分で体験してみるという目的においても、貴重な機会なのではないかと思います。

続きを読む
posted by 村上吉文 at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年11月22日

スマホなしで暮らした二週間

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日も重い水筒と食料を抱えて断崖絶壁をよじ登っていますか?

さて、ここのところブログが停滞していたので、今日はお気軽に書いてみたいと思います。実は今月の初めの頃、プールに行ったら防水だったはずのスマホが浸水してしまい、スマホなしの生活を2週間ほど強いられておりました。スマホの防水というのは、最初のうちはいいのですが、二年も毎日フタの開け閉めをしていると、パッキンがゆるくなってきてしまうのかもしれません。

ただ、この2週間は、スマホを持つことの意味を考えるいい機会になりました。というと、「デジタルから解放された自由さ」とか「あらてめて人間関係を見なおしてみた」とかいう記事を期待する人が多いかと思いますが、この僕がそんなこと書くわけないじゃないですか、分かってませんねー。はい、今日は、まだスマホをお持ちじゃない人を念頭に、スマホのある生活とない生活を比較してみたいと思います。

まず、スマホをなくして一番最初に困ったのは、続きを読む
posted by 村上吉文 at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年11月05日

信ぜよ、「その日」は近い。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日も邪教の魔宮に囚われた子どもたちを救出していますか?

さて、Googleなどの機械翻訳が語学学習の世界に大きな影響を及ぼし始めていることは皆さんもご存じのとおりかと思いますが、今度は文字だけでなく、音声でも自動翻訳のサービスが現れました。続きを読む
posted by 村上吉文 at 21:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年11月01日

ファーストフード的におまかせで勉強したいですか?

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さて、冒険家メソッドにかぎらず、学習者が自分でコースデザインをする自律的な学習方法について、ときどき「コースデザインなんかお金を払って教師という名の職人にやらせればいいんだよ。スローフードでしっかり管理して食べたい人もいれば、マクドナルドで食べる余裕しかない人だっているんだから」というような批判を聞くことがあります。

まあ、そういう考え方が分からないわけでもありません。実を言うと、僕自身もそのように考えていた時期もあります。特に、忙しい社会人などが勉強する場合、「俺はただ喋れるようになりたいんだよ。教材とか学習方法とかは先生のおまかせに従うから、とにかく喋れるようにしてくれ」という人もいるんじゃないかと思っていました。というより、実際にそう考えている人はたくさんいます。

しかし、ここには学びに関する大きな誤解が潜んでいるように最近は思うようになってきました。

というのも、続きを読む
posted by 村上吉文 at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年10月05日

Will Richardson 「学びについて今までと違う考え方をするための3つのスタート地点」

Beyond the wall
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


冒険家の皆さん、今日も囚われのお姫様を救い出すために高い塔によじ登っていますか?

さて、僕がよくこのブログで引用しているウィル・リチャードソンが2年前にNYタイムズ紙に寄稿していたのを見つけたので、ご紹介します。タイトルは「学びについて今までと違う考え方をするための3つのスタート地点」ということで、21世紀としてはどれも当然のことではあります。続きを読む
posted by 村上吉文 at 17:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年09月05日

デジタルバッジ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日も山の上の深い谷間に木を切り倒して橋にして恐る恐る渡っていますか?

さて、冒険の動機というのは他人や組織に認めてもらうためのものではなくて、あくまでもその人が内なる欲求から掻き立てられるようなものだという印象があります。ですから、他者からの評価はあくまでも結果であって目的になってしまってはいけないのですが、それでも、評価してもらえるのは嬉しいものでしょう。

教育の分野でも、最近注目されているのが「電子バッジ」です。カリフォルニア大学などの例がメディアに載るようになってきています。

実は僕も最初は教育分野でバッジなんて変だなあと思っていたのですが、そういえば続きを読む
posted by 村上吉文 at 12:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年08月23日

実は意外に多いかもしれない独習者

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


冒険家.png
photo by 準建築人手札網站 Forgemind ArchiMedia

冒険家の皆さん、今日も流砂に沈みながら、鞭で樹の枝に脱出していますか?

さて、このブログでは「自分で計画を立て、失敗を厭わず、世界に一つだけの自分だけのカリキュラムで勉強する人」を「冒険家」と呼んでいますが、実はこういう人たちって僕が想像していたよりも多いのかもしれないと思い始めています。

続きを読む
posted by 村上吉文 at 04:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加