月刊日本語からいらした方はこちらへ!

1998年12月08日

砂の国の日本語教育47

 明日は、一年生のクラスで期末試験前の最後の授業です。

 一応「てもいいです」「てはいけません」「なければなりません」「なくてもいいです」が明日でやっと全部終わる予定なので、この四つの文型を使ったゲームを考えてみました。続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年12月03日

砂の国の日本語教育46

 ここサウジアラビアにも映画「タイタニック」がやってきました。もちろん、映画館のない国でのことですから、ビデオのレンタルと販売のみにかぎられています。僕も、アラビア語の勉強用に(だけでもないけど)、ビデオを買いました。

 で、感想なんですが、やはり続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年11月28日

砂の国の日本語教育45

 こちらでの生活も一年を経過し、この間のアップを振り返ってみました。

いくつか訂正したいところもあるのですが、特に一つだけ僕の興味のある所で、考えが変わったところがあるので、補足します。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

砂の国の日本語教育45

 気がつくと一年が過ぎていました。

 日本とイランがワールドカップ出場をかけてマレーシアで対戦したのが去年の11/16です。僕はその瞬間をここへ赴任する飛行機の中で迎えていました。そしてついた翌日にエジプトではルクソールのテロ。閉鎖問題やらイラクの空爆(しかけた事件)やら、いろいろあっても、おかげさまで何とか一年やってこれました。続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年11月05日

砂の国の日本語教育44

 日本と関係の深いモンゴルやカナダではあまり感じたことのないことですが、アラブでは日本人が少ない分、よけいに日本のアニメがずいぶん目立ちます。

 釣りキチ三平やキャプテン翼は非常に有名です。商店街などではアルプスの少女ハイジや、横山なんとか氏の歴史ものも続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年11月02日

砂の国の日本語教育43

 いくらこの会議室が「控室」だとは言っても、遊んでいる話ばかり書いていると誤解されそうですし(^^;)、いかにもサウジ的な結果の出た授業がありましたので、今回は仕事の話を書きます。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

砂の国の日本語教育42

 翌日は、朝早く家を出ました。いくら治安のいいサウジとはいえ、砂漠の真ん中に車を置いて来ているのです。多少の心配はしなければなりません。

 しかし一方では、どうせ車を盗むなら、都会で盗んだほうが泥棒も楽に決まっているという気もしていました。たとえキーを壊してエンジンをかけられたとしても、なにしろ半分は砂に埋まっているのです。むしろ、またとないほどの頑丈なロックをしてあるようなものです。続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年10月17日

砂の国の日本語教育41

98/10/11 先週の木曜、「SOUND OF AFRICA」というゴキゲンなテープをかけて砂漠で車を走らせながら、近くの砂丘に登ってみました。しかし、砂丘のてっぺんで写真を何枚か撮り、車を走らせようとしたら・・・動かないのです。いわゆるスタックした、という状態。モードを「4L」に入れてみても、動かない。タイヤは砂の中で空回りするばかり。続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年08月04日

砂の国の日本語教育40

アッサラーム アライクン!

 書くべき事は他にもたくさんあるのですが、個人的には大ニュースなので書いてしまいます(^^;)

 というのもこのリヤドに20代前半の独身女性がいることが判明したのです。続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年07月14日

砂の国の日本語教育39

 みなさん、こんにちは。

 ここサウジでは道路状態は日本より恵まれていて、渋滞というのはあまりありません。しかし、それでもたまに混んでいることがあります。

 ある晩、11:00ごろ帰宅途中に突然渋滞に巻き込まれました。何か事故でもあったのかと思っていると、続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年05月26日

砂の国の日本語教育38

 みなさん、こんにちは。

 残念なことですが今回もサウジのネガティブな面を書かなければなりません。

 今回の頭痛の種は贈賄という深刻な問題です。続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年05月03日

砂の国の日本語教育37

 みなさん、こんにちは。またアップ用に書いていますので丁寧体になっています(^^;)

 サウジに対しては、まだあまり肯定的な印象を持つことができないでいます。それは酒が飲めないとか、女性と口が利けないとか、トンカツが食べられないとか、そういう問題ではないのです。日本でとやかく言われる上記の三点は、実は赴任さえしてみればすぐに慣れることです。 どうにも慣れないでいることを以下に書きます。続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年04月26日

砂の国の日本語教育36

4/13 昨日まで下痢が続いて、どうも体力消耗ぎみ。

 引っ越し先のアパートの前でタクシーを待っていると(まだ大学の駐車カードがないのだ)、タクシーでない一台の車が止まった。「乗っていけ」という。怪しい感じの人ではなかったので乗せてもらったのだが、途中で続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年04月02日

砂の国の日本語教育34

3/21 今日はアフリカ系の男が来て「IBMとマックではどちらがいい?」と聞いてきた。今日のは礼儀正しかったが、しかし唐突という印象は免れない。 そういえば続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年04月01日

砂の国の日本語教育35

 犠牲祭の休みがやってきました。ここはうちの学生から犠牲祭とは何かを説明してもらいましょう。(公開は了解ずみ)

 第6レベル(三年生後期)の二枚目タイプによる作文続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年03月20日

砂の国の日本語教育33

 「(31)一難は去った?」をアップしてから一ヶ月以上も書き込めないでおりましたが、今回はその辺の事情を書いてみたいと思います。

 モンゴルでも経験しましたし、また僕だけに限ったことでもないので特に驚きはありませんが、いわゆる「不適応期」に入ったかな、という感じです。いや、もう峠は越したのかもしれません。少なくともここにこうして書き込むことはできる訳ですから。続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年02月14日

砂の国の日本語教育32

 みなさん、こんにちは。

 谷川さん、滝太郎さん、出田さん、中道さん、(30)へのコメントをありがとうございます。

 今回はいろいろなことの途中経過の報告です。続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年02月10日

砂の国の日本語教育31

1998.2.7. 久しぶりの学校。まだ、今日は事務手続きだけで授業はないけど、やっぱり家の中で授業準備ばかりしているより、大学の空気に触れているほうがいい。

 大学の空気は平和で、日本語コースの授業が始まるかもまだ分からない状況だとはとても思えない。まして、すぐとなりの国が空爆されようとしているなんて、想像もできない。続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

砂の国の日本語教育30

 長いラマダンも終わり、イスラム教国では「イードル・フィトル」というお祭りの時期がやってきました。ラマダン自体がお祝いなのに、それが終わってまたお祝いをするわけです(^^;) まあ、ここはサウジですから祝い事はできませんが。続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年01月27日

砂の国の日本語教育29

 両替をしに銀行の窓口に行ったら、係りのサウジ人が「やあ、ひさしぶり! 大学ではうまく行ってますか?」と言うのでびっくり。続きを読む
タグ:日本語教育
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加