月刊日本語からいらした方はこちらへ!

2005年02月11日

ツァガーンサルと建国記念日の微妙な関係

モンゴルでは2月9日が今年のツァガーンサル(旧暦の正月)でした。
昨年は日本人の奥さんのいる家庭にお邪魔したせいか、昔のモンゴルに比べてアルヒ攻撃やボーズ攻撃が「よかったらどうぞ」的なソフトな路線で、「おー、モンゴルも変わったものだなあ」と思ったものでした。
しかし、続きを読む
posted by 村上吉文 at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年01月27日

ナンバーワンになりたくて何が悪い!

下の記事に書いたエルデネットですが、ここにはモンゴル国立大学のオルホン分校というところがあり、日本語を専攻している学生たちの日本語週間というお祭りに招かれて、お邪魔したのでした。

そのお祭り自体はとても面白くて、指導している先生方も大変だっただろうなあとか、こんな地方でも日本語を一生懸命勉強してくれている学生がいるんだなあとか、いろいろ感慨深かったのですが、イベントの最後にみんなでSMAPの「世界でたった一つの花」を歌っていたときに、となりにいた他の日本人ゲストに「いい歌ですよね」と言われて、何とも言えない違和感を覚えました。

続きを読む
タグ:社会時評
posted by 村上吉文 at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1999年06月15日

砂の国の日本語教育54

 僕は今まで自分を偽ってきました。自分に対しては常に正直でしたが、周りの目を気にして本当の自分の姿を隠し続けてきたのです。そうする方が社会に受け入れられ、仕事も生活もしやすいことが分かっていたからです。

 しかし・・・そんな自分の態度に、僕は次第に疑問を覚えるようになってきました。自分はただ他の人と少し違うだけだ。誰にも迷惑はかけていない。それなのに、続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1999年04月10日

砂の国の日本語教育53

 みなさん、アッサラームアライクム!

 どうもサウジ人の悪口ばかり書いているような気がするので、今日は日本人やモンゴル人ではどうしても足元にも及ばないようなサウジ人の一面をご紹介します。

 それは、一言で言ってしまえば続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1999年02月24日

砂の国の日本語教育52

みなさん、アッサラームアライクム!

 いやー、オタク文化って、すごいんですねえ。こんな文化果つる所にまでその根が伸びてきています。

 そのパワーを僕に気づかせたのは、続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1999年01月24日

砂の国の日本語教育51

 無事にサウジに戻ってまいりました。

 カレンダーどおり、週明けの土曜日、春セメスター最初の日に大学へ行きました。 しかし、駐車場ががらがらです。「まあ、時間どおりに来た俺がおかしいんだ」と校舎に入ろうとすると、なんと鍵がかかっています。「警備員までこれじゃ困るな」と思いながら、夜も鍵のかからない正面口から入りました。それが八時。

 ところが、続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年12月31日

砂の国の日本語教育50

 みなさん、アッサラームアライクム!
 突然ですが一時帰国します。
 別に予定ではずっと前から決まっていたんですが、最終的なOKが派遣元から出たのが先週で、報告書を書いたり、いろいろ雑用があってご報告できませんでした。
 一年ぶりの日本です。どう見えるかな。
 ウラシマ効果があったら、書いてみます。
    ; 1419/09/13 <1998/12/31(木)> 02:50:41
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年12月19日

砂の国の日本語教育49

 ことしもラマダン月がやってきました。

 去年のラマダンはちょうど冬休みでしたが、イスラム教のカレンダーは太陽暦よりも11日短いので、今年は学期末のあわただしい時期に重なることになりました。

 いつもの通り八時に学校へ行ってみると、続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年12月18日

砂の国の日本語教育48

 朝六時に某石油会社の日本人が「今から避難します。10時の飛行機です」と電話をかけてきました。こっちは完全に寝耳に水。うーむ、さすがに大手の会社は情報が早い(逃げ足も)。

 しかし、意外と続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年12月08日

砂の国の日本語教育47

 明日は、一年生のクラスで期末試験前の最後の授業です。

 一応「てもいいです」「てはいけません」「なければなりません」「なくてもいいです」が明日でやっと全部終わる予定なので、この四つの文型を使ったゲームを考えてみました。続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年12月03日

砂の国の日本語教育46

 ここサウジアラビアにも映画「タイタニック」がやってきました。もちろん、映画館のない国でのことですから、ビデオのレンタルと販売のみにかぎられています。僕も、アラビア語の勉強用に(だけでもないけど)、ビデオを買いました。

 で、感想なんですが、やはり続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年11月28日

砂の国の日本語教育45

 こちらでの生活も一年を経過し、この間のアップを振り返ってみました。

いくつか訂正したいところもあるのですが、特に一つだけ僕の興味のある所で、考えが変わったところがあるので、補足します。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

砂の国の日本語教育45

 気がつくと一年が過ぎていました。

 日本とイランがワールドカップ出場をかけてマレーシアで対戦したのが去年の11/16です。僕はその瞬間をここへ赴任する飛行機の中で迎えていました。そしてついた翌日にエジプトではルクソールのテロ。閉鎖問題やらイラクの空爆(しかけた事件)やら、いろいろあっても、おかげさまで何とか一年やってこれました。続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年11月05日

砂の国の日本語教育44

 日本と関係の深いモンゴルやカナダではあまり感じたことのないことですが、アラブでは日本人が少ない分、よけいに日本のアニメがずいぶん目立ちます。

 釣りキチ三平やキャプテン翼は非常に有名です。商店街などではアルプスの少女ハイジや、横山なんとか氏の歴史ものも続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年11月02日

砂の国の日本語教育43

 いくらこの会議室が「控室」だとは言っても、遊んでいる話ばかり書いていると誤解されそうですし(^^;)、いかにもサウジ的な結果の出た授業がありましたので、今回は仕事の話を書きます。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

砂の国の日本語教育42

 翌日は、朝早く家を出ました。いくら治安のいいサウジとはいえ、砂漠の真ん中に車を置いて来ているのです。多少の心配はしなければなりません。

 しかし一方では、どうせ車を盗むなら、都会で盗んだほうが泥棒も楽に決まっているという気もしていました。たとえキーを壊してエンジンをかけられたとしても、なにしろ半分は砂に埋まっているのです。むしろ、またとないほどの頑丈なロックをしてあるようなものです。続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年10月17日

砂の国の日本語教育41

98/10/11 先週の木曜、「SOUND OF AFRICA」というゴキゲンなテープをかけて砂漠で車を走らせながら、近くの砂丘に登ってみました。しかし、砂丘のてっぺんで写真を何枚か撮り、車を走らせようとしたら・・・動かないのです。いわゆるスタックした、という状態。モードを「4L」に入れてみても、動かない。タイヤは砂の中で空回りするばかり。続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年08月04日

砂の国の日本語教育40

アッサラーム アライクン!

 書くべき事は他にもたくさんあるのですが、個人的には大ニュースなので書いてしまいます(^^;)

 というのもこのリヤドに20代前半の独身女性がいることが判明したのです。続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年07月14日

砂の国の日本語教育39

 みなさん、こんにちは。

 ここサウジでは道路状態は日本より恵まれていて、渋滞というのはあまりありません。しかし、それでもたまに混んでいることがあります。

 ある晩、11:00ごろ帰宅途中に突然渋滞に巻き込まれました。何か事故でもあったのかと思っていると、続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年05月26日

砂の国の日本語教育38

 みなさん、こんにちは。

 残念なことですが今回もサウジのネガティブな面を書かなければなりません。

 今回の頭痛の種は贈賄という深刻な問題です。続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加