月刊日本語からいらした方はこちらへ!

2008年03月26日

国際交流基金の専任講師が読んでいる三冊の本

前回のエントリーが非常に人気があったようなので、続編です。
標記に「専任講師」としましたが、中でも教師研修のノウハウを紹介する授業を担当された、要するにプロ中のプロの先生ですね。前回ご紹介した研修スタイルは、以下のような実践から生まれたようです。続きを読む
posted by 村上吉文 at 06:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年03月24日

国際交流基金で標準とされているらしい研修スタイル

 今週はずっと国際交流基金の主催する研修に泊り込みで参加しているんですが、ほとんどの研修で共通する枠組みがあります。基金内で「これを標準とする」という内規があるのかどうかは分かりません。講師同士が情報交換して結果的に共通スタイルになっているのかもしれません。しかし、少なくとも基金内部では「効果的だ」と共通に認識されているようですので、ここでご紹介しておきます。続きを読む
posted by 村上吉文 at 06:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年03月18日

出題形式の難しさの二本の軸

 別に評価法を専門にする人に限らず、ちょっとでも考えたことのある人にとっては「何をいまさら」な記事かもしれませんが、私にとっては新たな視点だったのでご紹介します。

 試験の難しさを考えるとき、一番先に頭に浮かぶのは試験の内容の難しさですよね。能力試験の一級の問題は四級の問題よりも難しい。でも、同じ内容でも、出題形式によってずいぶん難易度が変わります。その難易度を測るのに、二つの軸があることを、「がんくつロボ」を作っているときに気がつきました。続きを読む
posted by 村上吉文 at 06:04 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年03月17日

「がんくつロボ」バグがありました。

昨日のがんくつロボですが、漢字、あなうめ、媒介語の四択の問題で、いずれも問6で正解が選択肢の中に表示されないというバグがありました。(正確には1/16の確率で表示されるのですが)
続きを読む
posted by 村上吉文 at 04:34 | Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年03月14日

月刊日本語4月号からいらした読者の皆様へ


発売前にブログでご紹介しようと思っていたのですが、遅れてしまいました。
「月刊日本語」に「次世代教師の賢い手抜き術」という連載をさせていただいております。続きを読む
posted by 村上吉文 at 10:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年03月04日

当ブログ管理人の葬儀について

平成20年2月29日未明、札幌東病院にて当ブログ管理人続きを読む
posted by 村上吉文 at 06:01 | Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年02月29日

koclipと写真表示で、どこでもプレゼン

 先日、ウィンドウズムービーメーカーで動画を作るのに「koclip」というソフトを使うと簡単だった、というご報告をしました。でも、これって、あるコツを併用すると、パソコン操作の研修の際に、非常に強力なツールになることを発見しました。続きを読む
posted by 村上吉文 at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年02月27日

サイコーな工人舎

日本語教師がパソコンを使うとき、一番たくさん使うのはテキストエディターではないかと思います。というか、私はそうなんです。しかも、字が下手で、書くのが遅い。続きを読む
タグ:便利ツール
posted by 村上吉文 at 06:26 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年02月16日

東京外大ベトナム語e-Learning文法モジュール用練習ソフトウェア (後編)

昨日、途中で挫折してしまったアップロードですが、今日は後半です。続きを読む
posted by 村上吉文 at 05:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年02月13日

勉強すれば怖くない著作権

 以前クリエイティブ・コモンズについてご紹介したことがあります。そのときの記事を読んだ方からの反応で、どうもクリエイティブ・コモンズ以外の著作物について「なんでもかんでもコピーはだめ」とか思い込んでいる人がいるように思えたので、ちょっと書いておきます。続きを読む
タグ:著作権
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年02月11日

地道に努力しない勉強法

以前、志向性を増幅させるスゴイ勉強法というのをご紹介しました。同じようなことを、もうちょっと別の言い方で、しかもずっと面白く表現している人がいましたので、ご紹介します。以下、長いですが語学学習に関する部分を引用します。
続きを読む
タグ:日本語教育
posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年02月09日

マスコミは有益なのか。時津風部屋事件と朝青龍バッシング。

 元時津風親方の山本順一容疑者が逮捕されました。
 この件について、マスコミ各社は「朝青龍騒動が終わったと思ったら・・・」というような姿勢での報道が目に付きますが、この事件が実は朝青龍騒動の前に起きていたことを、いったい何人の人が覚えているでしょうか。続きを読む
posted by 村上吉文 at 06:54 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年01月26日

杉並区立和田中学校で行われる夜間授業について

標記について、明日の意見文の授業で使ったので、ちょっと調べてみました。報道では「都議が中止の申し入れをした」結果、東京都教育委員会が質問状を贈ったということでしたが、回答が得られたことをもって、開講を認めたということですね。続きを読む
posted by 村上吉文 at 05:47 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年01月24日

「仲のいい合唱」ベトナムの教育現場の動画を集めてみた。

仲のいい合唱

ベトナム語の勉強の動機が下がってきたので、ちょっとyoutubeを見てみました。

最初に見たのはこれ。ベトナムの中学校か高校ぐらいの教室で、一人の少女の独唱に、次第に同級生が声を合わせていきます。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年01月16日

泣いた赤鬼は何を訴えるのか。

先日、娘の幼稚園の発表会に行きました。
昔の発表会とは全然違うんだなあ、と思ったことの一つが、ナレーションやセリフや効果音や音楽が入ったCDを使っていることです。園児たちはせりふを覚えたりする必要はなく、それに合わせて踊ったりします。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 12:00 | Comment(20) | TrackBack(1) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年01月15日

効果10倍の<教える>技術

以前、こんなことを書きながら、「また今度」が九ヶ月も先になってしまいました。
まあ、そういう「アウトプットで身につける」ということを考え始めたのは、吉田新一郎さんの『効果10倍の“教える”技術―授業から企業研修まで (PHP新書)』という本を読んでからなのですが、これに触れると長くなるので、また今度。
http://mongolia.seesaa.net/article/42497114.html


この本ね、まじにすごいです。続きを読む
posted by 村上吉文 at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年01月14日

屋上の少女



ちょっと事情があってこの動画の感想をいくつか見て回ったんですが、感動したというのとは別に、「死にたい人間にこんな言葉は届かない」とか「絶望した人間を死なせない方が残酷だ」というような主張もありました。

前者に対しては、いくらでも反証が挙げられます。たとえば、続きを読む
タグ:YouTube 自殺
posted by 村上吉文 at 12:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加