月刊日本語からいらした方はこちらへ!

2009年07月28日

これはすごい!まるでプロ並みの読み方。

まあ、まずは聞いてくださいよ。三十秒ぐらいだから。
http://jp.fujitsu.com/group/labs/downloads/techinfo/techguide/voice-processing/p05-16.wav

どうですか? なかなか上手でしょう。
では、上手になる前の読み方も聞いてみましょう。
http://jp.fujitsu.com/group/labs/downloads/techinfo/techguide/voice-processing/p05-15.wav

そうなんですよ!
続きを読む
posted by 村上吉文 at 06:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年07月20日

大学がソーシャルメディアを使って情報を共有する10の方法

日本語教師というより、もう少し経営層に近い人向けですが、標記の記事がありましたので、適当に意訳しておきます。



1.情報を集めて共有する(当たり前すぎですが)
2.学生と教師の作品を発表する(原文で引用されているyoutubeの動画が面白いです)
3.イベントを生中継する(ストリーミング放送やtwitterなどで。そういえば先日はオバマ大統領も演説をtwitterで生中継しましたね)
4.緊急のお知らせ(新型インフルエンザの対応など)
5.人々をつなぐ(SNSの中の公式ページを通じて学生同士が知り合うなど)
6.プレスリリースの代わりにする
7.学生との双方向の対話に利用する(ブログのコメントなどを通じて)
8.Facebookでオフィスアワー(世界中からアクセスできるのがスゴイ。以下は原文からのリンク先で、スタンフォード大学のオフィスアワーページにシンガポールから中国人留学生が質問しているところ)
Yu ChenxiDear Dean Shaw,
I'm an Chinese student currently studying in Singapore.Thank you so much for your time to do this open office for us. I really appreciate it!
My questions are:
- How hard is it for international applicants to get into Stanford?
- What will the chance be if I'm applying for financial aid?
http://www.facebook.com/stanford?ref=s

9.youtubeに公式チャンネルを開いて、テレビ放送に出演するための練習をする
10.モバイルでつながる

原文はこちらで。
「10 Ways Universities Share Information Using Social Media」
http://mashable.com/2009/07/15/social-media-public-affairs/
タグ:learning2.0 SNS
posted by 村上吉文 at 06:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年07月13日

ベトナムで二件のJICA短期ボランティア日本語教師

フエというベトナムの古都でJICAのお仕事があります。
http://www.jocv-info.jica.go.jp/short/sjvb/index.php?m=Info&yID=JB02709240

こちらは首都のハノイ国家大学です。
http://www.jocv-info.jica.go.jp/short/sjvb/index.php?m=Info&yID=JB02709201
別の学部ですが、雰囲気が非常によく分かる動画がありますので、ご紹介しますね。

posted by 村上吉文 at 07:56 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年07月02日

「クビにならない日本語」

クビにならない日本語 成果を出さずに平和に暮らす! 究極のコミュニケーション・テクニック

いや、まだ読んでないんですけど。
しかし、著者のブログを読んでいたら、何だかすごく読みたくなってきてしまいました。
以上によって、言葉づかいさえ適切に使っていれば、そこそこのサラリーマンになれるということがおわかりかと思いますが、
http://careerzine.jp/article/detail/650?p=2#

「そうなのか!?」と思わずブクマしてしまいましたが、このあと、実際に
(1)「〜と言われたので」→「〜したいです」
(2)「わかってます」→「新しい気づきを得ました」
(3)「できません」→「〜ならできます」
という実例も解説されていて、もしかしたら、けっこう実用的な本なのかもしれません。

と言いつつ、実はギャグが中心かもという疑いもぬぐえないのですが、その背景を説明するには、著者を一躍スターダムに押し上げた一片の動画だけはご紹介しておかなければならないでしょう。

たしか、この動画で、すごく有名になったんですよね、この人。

アマゾンのページでは、ご自身のことを「大手出版社に勤務するカリスマ平社員」としているのが笑えます。


posted by 村上吉文 at 08:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年07月01日

『月刊日本語』八月号からいらした皆さんへ!

月刊 日本語 2009年 08月号からいらした皆様。
(他の号からいらした方はこちらへ)

今月号もお買いあげくださり、ありがとうございます。

まず、文中のリンクのご案内です。

テストを受ける

集計する

これ以外に、以下の記事もご参考になるかもしれません。

「自動採点ツールの公開。名前も大募集です!」
http://mongolia.seesaa.net/article/119713285.html

なお、私の連載は以下の各号でご覧になれます。

posted by 村上吉文 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年06月19日

自分の才能の見つけ方

Cicakさんのコメントを受けまして、昨日の続きですが、この本を読んで、もう一つ印象に残っているのが「自分の才能の見つけ方」です。まあ、売りはオンライン診断なので詳しいことは書いていないのですが、それでもこのオンライン診断を受けずに自分の才能を見つける方法がいくつか書いてあります。続きを読む
posted by 村上吉文 at 08:06 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年05月24日

採点ツールの名称候補決定! 投票をお願いします。

「むらログ」読者の皆様、いつもありがとうございます。
さて、当ブログ前回のエントリー(http://mongolia.seesaa.net/article/119713285.html)で募集いたしました自動採点ツールの名称ですが、おかげさまで二名様のご応募がありました。(アクセス数はけっこうあったんですけどねー)

ぱってん(Patten)

さい・てん・ぽん!
です! ありがとうございました。

「ぱってん」の方にはご提案いただいたIさんより、以下のように説明をいただいております。
ぱっ!と点数だけでなく解答者の特徴も見えるので,
 「ぱってん」(英語表記:Pa!tten)
はいかがでしょう。
読み方のは高―低で。


ご投票は、こちらからお気軽に!


また、集計結果は、こちらでご覧になれます。(「投票結果」のタグをクリックしてください)

あなたの清き一票がこのツールの名前を決めます。
とか言いませんから、お気楽にご投票を!

posted by 村上吉文 at 08:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年05月04日

パワーポイントで漢字の筆順を表示する方法

標記についてよく質問を受けますので、簡単に書いておきます。
パワーポイントのアニメーションは最低でも文字単位なので、パワーポイントの機能だけで漢字の筆順を表示させることはできません。

しかし、そこはweb2.0の時代。
他の人が作ったものを利用すれば、簡単にパワーポイントでも筆順が表示できます。

まず最初にGoogleなどで「漢字 筆順 アニメ」で検索します。すると、以下のようなサイトがヒットします。

http://kakijun.main.jp/
ここでは、以下のようなgifアニメで漢字の筆順を紹介しています。
hitsujun.gif

あとは、こういったサイトで検索し、必要な漢字を画面に貼り付けるだけです。簡単ですね。

著作権については、正当な引用なら無断で利用できますし、それを越える範囲については個々のサイトをご参照ください。

posted by 村上吉文 at 07:52 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年05月02日

一人歩きする「死亡者17万人」という推定

私自身が誤解をしていたんですが、他にも大勢、同じ誤解をしている人が多いし、ことがことなので訂正をしておきたいと思います。

それは厚生労働省の新型インフルエンザの死者に関する推定の表現です。
同省結核感染症課の「鳥インフルエンザと新型インフルエンザ健康局」というページには、以下のように書かれています。
国の被害想定一覧
感 染 者
人口の4分の1である3,200万人が感染
受 診 者
医療機関を受診する患者数は最大で2500万人
入院患者
53万人から200万人
死 亡 者
17万人から64万人
http://www.mhlw.go.jp/seisaku/01.html


続きを読む
posted by 村上吉文 at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年04月28日

新型インフルエンザと2000年問題

新型インフルエンザがフェイズ4になりました。
これで、JICAの技術専門家の随伴家族などには退避勧告が出ることになります。(昨年11月20日国際協力人材部健康管理センター課の通達による)

ただ、こういう時期だからこそ書いておかなければならないと思うのですが、医療の専門家の言うように感染者の半数、国民の一割が死亡するような事態に本当になるのか、医療関係者ではない人間としては、いまいち無条件に信じていいものか分かりません。厚生労働省のサイトでは、パンデミックが起きると最低でも日本国内で17万人、つまり阪神大震災の三十倍の死者がでるという予測になっています(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/02.html#1-1


続きを読む
タグ:社会時評
posted by 村上吉文 at 07:52 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年04月26日

E-ラーニングのさらに成功したプロになるために十分でできる十個のweb2.0的なこと(堅い訳ですみません)

このブログでも何度かご紹介しているStephen Downesが「TEN WEB 2.0 THINGS YOU CAN DO IN TEN MINUTES TO BE A MORE SUCCESSFUL E-LEARNING PROFESSIONAL」というのをまとめていました。

私の実践と非常に重複するところがあるので、ここにご紹介しておきます。動画は二分四秒ですから、そちらでオリジナルをご覧ください。音楽もついていて、かっこいいですよ。



以下に、簡単にご紹介します。

続きを読む
posted by 村上吉文 at 08:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年04月22日

nihongo@net スタート!

学習の高速道路で日本語を身につけようというコースが始まりました。

このコースではこちらから課題を出しますが、コースが終わる頃には課題を出す先生がいなくても自分で勉強できるようになることを目指しています。つまり、日本語学習に特化したネットリテラシーの育成です。「自律学習支援の通信教育プログラム」とも言っています。

そのオープニングで話した内容を、ここで公開しておきます。

続きを読む
posted by 村上吉文 at 06:25 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年04月17日

「web2.0」は終わっていない(日本以外では)

日本では「web2.0」とかいうと、「何を今さら」という反応が返ってくることもありますが、こういう特異な傾向はちょっと残念に思っています。というより、本当の変革の時代に日本が取り残されてしまうのではないかという不安もあります。

日本と米国の検索数の推移を見てみると、一目瞭然です。続きを読む
タグ:Web2.0 Internet
posted by 村上吉文 at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年04月14日

ベートーベン作曲、つのだひろ編曲の般若心経

いま「般若心経」を「はんにゃしんきょう」と書いたらATOKに「はんにゃしんぎょうの誤読」と注意されたところからして、私はこの分野は弱いのですが、とにかくすごいビデオがあったのでご紹介します。



外国人の日本語学習者にご紹介するときのポイントとしては、般若心経自体も欧米の学習者には馴染みがないでしょうが、ニコニコ動画という動画共有サイトも海外ではあまり知られていないようですから(あそこで日本語以外のコメントってほとんどありませんよね)、こうやって画面にコメントが流れていくものが大人気であることも合わせてご紹介しておきたいですよね。

動画のコメントに「自分の葬式にこれを流したい」という人が何人かいましたので、私も「当ブログ管理人の葬儀について」にトラックバックを送っておくことにします。

posted by 村上吉文 at 06:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年04月10日

レクチャーを公開すること

Lecturing - stupidest profession?
http://donaldclarkplanb.blogspot.com/2009/04/lecturing-stupidest-profession.html#

上のリンクで、授業を公開するべきだという主張に対して、公開しても一方通行の情報の受け手になるのでは意味がないというようなコメントが来ています。

まだ、いろいろ議論も続いているようですが、私もこのブログでセミナーを公開していますし、このテーマについては考えるところもあるので、一つだけ思うことを書いておきます。

それは、無料で公開するのは経験経済ではないからだ、ということです。
経験経済

顧客が商品・サービスに対し単に機能・ベネフィットの価値しか認めないとコモディティ化して、代替可能なものになってしまいます。企業は、商品・サービスだけを提供するのではなく、顧客の心の中に作られる情緒や感性に根付いた経験を提供することで、より強いブランドを構築できます。ディズニー・ランドがその好例です。
http://www.mitsue.co.jp/case/glossary/b_071.html


教育というのはこちらでも4Eの一つとして挙げられているように、経験経済の大きな分野の一つでもあるわけです。

また、こちらでも、経験経済関係の本を「教育業界の人の教科書にしてもいいんじゃないか」と言われています。

要するに、本を読んだり、ネットに公開された過去のセミナーを見たりするだけでは、その場にいるのに比べて、ずっと教育的な価値が低いんじゃないかと思うのです。たとえば、伝統的な授業形式ですら、録画された授業では「先生に質問されて答えに窮する」というリスクはゼロです。つまり、それだけ緊張感を維持するのが難しい。

さらに、私が実施しているような参加型のセミナーでは、実際に手を動かして教材を作り、その教材を使って他の参加者とやりとりするような経験は、一人でパソコンに向かっている限りは、まったくできないのです。

ですから、無料で公開したら有料で参加した人に申し訳ないなんて思ったことはありません。(ここで公開しているもののほとんどは無料セミナーですけど) それにしても、そういう理由で公開をためらう人って、一度録画した授業を再生しているのと同じことしかしていないんでしょうかねえ。

posted by 村上吉文 at 05:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年04月07日

日本語入力のない環境でも仮名入力ができるサイト

日本語教師は転居が多く、しかも転居先に日本語入力の環境が整っていないことも少なくありません。

私自身は別にローマ字のメールをもらっても構わないのですが、中にはローマ字の日本語を読みにくく感じる人もいて、「日本語入力のできる環境にないなら英語で書いてもらった方がマシ」とかいう人もいますよね。

しかも、そう言われた方が英語で書けなかったりして・・・。

そういう方のために、ちょっと便利なツールをご紹介します。
このページを使うだけで、ひらがなとカタカナが簡単に入力できます。入力した文章は、もちろんメールなどに貼り付けることができます。

LITETYPE.COM
http://www.litetype.com/?keyboard=japanese&style=blue

最初はカタカナ入力用になっていますが、キーボード右下の「JpK」というところをクリックすると、ひらがなモードにすることもできますよ。「ゃゅょを」などは「shift」キーで出てきます。

posted by 村上吉文 at 08:36 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年04月04日

応援したいsmart.fmユーザー、nimanenさん

smart.fmにはさまざまなユーザーがいますが、活発に教材を公開している人をご紹介します。

セルビア語が母語のnimanenさん、18歳。でも、媒介語には英語を使っていますので、どなたでもご利用になれますよ。

nimanenさんはこんな風に自己紹介をしています。
Hey everybody!
My name is Nik and I live in California. I’m very personable, so please feel free to add me to your friends list. :)

I’m into Japanese, graphic design, music and movies. I especially love Tori Amos! :D

セルビアから18才の男の子のサラッチ・ニックです。

日本語はもう4年くらい勉強していた。2006年に日本で東京に行ってきました。いつかずっと戻りたいのにね。

好きなことはグラフィック・デザインや映画や音楽など。

みんな、どうぞよろしく!
http://smart.fm/users/nimanen
続きを読む
posted by 村上吉文 at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年03月29日

『しごとの日本語 IT業務編』中身を大公開!

いつの間にかGoogleブック検索で拙著が見られるようになっていたので(出版社の営業の方、ありがとうございます)、ここでご紹介しておきます。

http://books.google.com/books?id=foQT6zV8cIAC&pg=PA34&as_brr=3&hl=ja&source=gbs_selected_pages&cad=0_0#PPA34,M1

上のリンクで見られるのは第二章の第一課ですが、それ以前の第一章も、上のリンクからほぼ全文見ることができます。

この課は「自己紹介」ですが、対象がITエンジニアなので、得意な開発言語とかデータベースの種類などが言えるようになることを目的にしています。



続きを読む
posted by 村上吉文 at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年03月23日

Youtubeのanotationは板書っぽく使える

oborodin.jpg動画共有サイトのyoutubeに「anotation」という機能があるんですが、これって板書代わりに使うことができるんですね。左の画像を見れば一目瞭然。
こういった動画での日本語学習には非常に効果がありそうですね。
また、たとえばセミナーの内容を動画にするときもありますが、パワーポイントの内容まで写せないときなんかにも、重宝しそうです。

ところでこの人、一見こわそうですが、声は非常にソフトで、たぶん学生にも人気があるんじゃないかな。「もし〜なら」の文型を説明しています。


動画はこちらからどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=lvpOc3syWbk
posted by 村上吉文 at 08:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加