2013年04月01日

今度はエヴァが実写化!



ドラゴンボールの実写ハリウッド版はかなり不評だったようですが、今度はエヴァンゲリオンがハリウッドで実写化されるらしいですよ! 予告編を見る限りそれほど違和感はないようですが、原作のファンにとってはどうなんでしょうね。シンジらしい俳優はひと目で分かりますが、金髪の女性は誰なんでしょう。あれがアスカだったらちょっと不自然かもしれません。
posted by 村上吉文 at 00:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年03月31日

免許センター講習の改善提案

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


Drivers license

自動車の運転免許更新に行って来ました。
これ、おすすめですよ。どうやったらここまで面白くない講習になるのか、いろいろなヒントがもらえます。

では、ARCS動機付けモデルの順に考えてみましょう。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 16:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年03月29日

島国根性とかムラ社会とか

Cognizant Quality Engineering & Assurance Summit - Dubai

エジプトに限らず、中東の国々を見ていて日本より優れていると思うことの一つは、「敵とも交渉する」ということです。日本は「絶交!」とか言って、仲の悪い人とは没交渉になってしまいますよね。そして、交渉可能な相手はみんな味方ですから、別け隔てなく平等に接することが尊ばれるわけです。

逆にエジプトやサウジアラビアでは、八百屋さんなんかも親しい人には安くして、新参者には高くふっかけるなんてことがよくあります。そしてそれは、彼らの価値観の中では別に悪いことじゃない。だって味方を大切にするのは当然だし、敵と交渉しちゃいけないわけでもないし。だから、まず物の値段も決まっていない。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年12月24日

学びの「身体性」って?

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


よく、e-ラーニングとかデジタル教科書などの議論でこんなことが言われます。

「デジタルにすると身体性がなくなってしまうから、子どもの学習には向いていない」

ネットを「身体性の欠如」などのキーワードで検索してみると、『インターネットについて―哲学的考察 (Thinking in action)』という本を引用して同じような批判をしている人もいるようです。続きを読む
posted by 村上吉文 at 12:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年12月09日

リアルタイム動画配信による学びの日

昨日は一日だけで3件の動画中継をハシゴしました。
もうこんなに豊かなコンテンツがあふれている時代になったんですね。
海外にいても、引きこもりでも、自宅にいながらさまざまな講演などに触れることができるようになっているんです。ありがたいことですね。

まず、エジプト時間の朝6時からこちら。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 13:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年12月06日

こりゃすごいな。Googleの次世代検索、ナレッジグラフ。

すでにお気づきの方も多いかと思いますが、Google検索が大きく進化しましたね。
こうして新しい世界を体験してみると、いかに昨日までの世界が住みにくい世界だったのかがよく分かります。それでいて、その世界に住んでいるときはその住みにくさに気づいていなかったりするんですよね。

続きを読む
タグ:便利ツール
posted by 村上吉文 at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年11月30日

国産7型アンドロイド端末を買った

 ハンガリーで日本語を教えている人のブログ「ハンガリーてくてく日誌2」にコメントしたら「むらログの村上さんですね!」と言われて焦りました。焦った理由は最近、ほとんど更新していなかったからです。

 年初には「2日に一度ブログを書く」とか言っていて、最初のうちは何とかそのペースを保ってはいたものの、業務が立て込んでくると途端に余裕がなくなって更新ペースも鈍ってきてしまいました。最後に書いたのが10月24日で、このまま数時間経つと「11月は更新ゼロ」ということになってしまいますので、あまり時間はないのですが、急いで書きます。

 それは最近の買い物のことです。先日、就職活動のために一時帰国した時に、「LesanceTB A07A」という国産7型アンドロイド端末を買ってきたのです。ここでは「7型」と「アンドロイド」と「LesanceTB A07A」という3つの点について分けて考えてみたいと思います。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 15:14 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年10月24日

ミャンマーのこと

昨日、こんな記事を見かけました。
ミャンマー、予想以上の変化 コスプレ大盛況 ビザ申請に行列 / 西日本新聞
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/330212

最近、別のソースでもミャンマーの日本語教育が大きく変わりつつあるらしいと聞いたので、ちょっと検索してみました。情報を羅列してみます。

ミャンマー - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%BC
一人あたりGDPは1159ドル。エジプトの2割以下で、モンゴルの3分の1、ベトナムの半分以下。
僕の住んだことのある国の中では一番低いですね。

国際交流基金 > 日本語教育国・地域別情報> 2011年度> ミャンマー
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/survey/country/2011/myanmar.html
学習者数4000人。JLPT受験者は毎年2000人以上。エジプトの10倍もいます。
日本語教師会はまだありません。

ミャンマーにおける日本語教育の現状
http://www.lang.nagoya-u.ac.jp/nichigen/menu5_folder/jisshu/2001/manchu.htm
ミャンマー人自身が日本語で書いた資料です。僧院などでも授業が行われているとのこと。

【飛び立つミャンマー】日本語教育の学校 日本の手で (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/120427/mcb1204270505011-n1.htm

ビルマ語 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%9E%E8%AA%9E
3つの声調だそうです。有気音・無気音区別もあります。
文法はSOV型で日本語に近いということは、モンゴルやスリランカ人のように上達が早い可能性もあります。

大阪大学ビルマ語独習コンテンツ
http://el.minoh.osaka-u.ac.jp/flc/bur/index.html
東京外語大のモジュール型コンテンツにビルマ語が含まれていないのは残念です。

ミャンマーのインターネット事情 - にーはお上海 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/kaoriarctic/30356370.html
旅行者としてはネットはほとんど使えないようです。アクセスが規制されているサイトも多い模様。
ただし日本政府がインフラ支援を決定しており、劇的に改善する余地はあります。

YJS ヤンゴン日本人学校
http://neoyjs.web.fc2.com/
生徒数67で、カイロの2倍。世界で2番めに古い海外の日本人学校。

Facebook ヤンゴン日本人学校ページ
http://www.facebook.com/pages/%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%B3%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E5%AD%A6%E6%A0%A1Yangon-Japanese-School/187804921296494

以上。
posted by 村上吉文 at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年10月16日

サウジでセミナーしました。"How_To_Learn_Japanese_Online"

仕事が幾つか重なってブログが書けずにいましたが、これ以上引っ張ると載せるタイミングを逸してしまうので、サウジアラビアのセミナーのプレゼンと音声を載せておきます。こちらがプレゼンです。


そして、こちらが音声です。
http://ia601503.us.archive.org/35/items/HowToLearnJapaneseOnline/How_To_Learn_Japanese_Online.mp3
posted by 村上吉文 at 12:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年08月01日

介護の漢字プロジェクト、ウェブサイト始動!

kaigokanji.jpg

以前ご紹介した介護の漢字のプロジェクトですが、いよいよウェブサイトが公開したようなので、お知らせしますね。たとえば「高齢者保健福祉推進10か年戦略」などのような難しい言葉がたくさん出てくるので驚かれるかと思いますが、これはあくまでも「介護福祉士国家試験」に合格するためのものだからです。介護福祉士の現場で「高齢者保健福祉推進10か年戦略」という言葉が本当に必要なのかは分かりませんが、国家試験である以上は合格しないと日本で働くことができませんから、こういう言葉の勉強も必要です。

以下に、関係者からの文章を転載いたします。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年07月29日

ピラミッド VS パルテノン神殿




5日間ほど職場から休みをいただきまして、地中海の対岸、ギリシャに行って来ました。子供の頃からギリシャ神話とかプルターク英雄伝とかが大好きでしたので、パルテノン神殿を実際に目にした時には何だか胸が熱くなりましたね。

ただ、僕が今日お伝えしたいのはそのことじゃないんです。続きを読む
タグ:エジプト
posted by 村上吉文 at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年07月02日

組織から教室へ、教室から個人へ 〜e-ラーニングの新しい潮流〜

先日、28日に第2回スペイン日本語教育シンポジウムで基調講演を行わせていただきました。
タイトルは「組織から教室へ、教室から個人へ 〜e-ラーニングの新しい潮流〜」です。
マドリード日本文化センターの熊野七絵上級専門家、同センター上野所長、スペイン日本語教師会の鈴木会長をはじめ、多くの皆さんに大変お世話になりました。あらためてお礼を申し上げます。

さて、基調講演の部分、スライドと音声をこちらで共有させていただきます。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年06月18日

List of Online Japanese school. オンライン日本語学校を探してみた。

オンラインで日本語を学ぶ機会がどのぐらいあるかを調べてみたら、すぐに十校ぐらいは見つかりました。丹念に探せばもっとたくさんあるんじゃないかと思います。メモがわりに記録しておきますが、どの学校がいいのかなどは分かりません。ご利用はご自身の責任でお願い致します。

Some Japanese learners don’t have any chance to speak it, even though they are pretty good at listening to Japanese Anime. If you need to improve your speaking skill, here is the list of online Japanese schools. Unfortunately, I don’t know which is the best one. Please find out yourself.
続きを読む
タグ:日本語教育
posted by 村上吉文 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年06月01日

日本語教師志望者が外国人の「想定外の反応」を体験してみる、たった一つの冴えたやり方

日本語教師は「経験が必要」ってよく言われますよね。

僕もそう思います。経験のない人を採用するのはかなりの勇気が必要ですし、できればしたくない。どんな素晴らしい学歴の人でも、経験がない人を採用するのはかなりのリスクを伴います。しかも、自分が被害をうけるだけなら我慢もできますが、僕がその人から日本語を習うわけではないので、実際の犠牲者は学習者になってしまいます。そんなリスクは負えないのが本音です。

というのも、経験というのは本で読めば分る知識ではないんです。机に座って勉強すればいいことじゃないんです。

じゃあ、何が違うのか。続きを読む
posted by 村上吉文 at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年05月24日

YouTubeでダントツ人気を誇る日本語教育チャンネル(ご利用は控えめに)

昨日、職場のブログの方で、日本語教育関連の最新動画をご紹介しました。これは仕事でやっている上に、読者には宗教的に敬虔な方も多いので、あんまりお馬鹿な動画は載せられません。ただ、YouTubeには公式ブログでは紹介できないような日本語教育チャンネルもいろいろあります。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 14:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年05月14日

離れてみて思い出すエジプトのすごい奴ら。

今、出張でヨルダンとクウェイトに来ています。
クウェイトはまだ来たばかりでホテルの近くしか見ていないんですが、ヨルダンも規模は小さいながらも、なかなか才能のある若者に出会うことができました。プーチンのお陰でちょっとUSTREAMの録画がいまいちだったので、もうちょっといいビデオがアップロードされてから、きちんと紹介したいと思います。(参考

で、日本から海外に出ると日本のことを客観的に見られるようになるとよく言いますが、同じようにエジプトから出ると、よく「エジプトはいかがですか?」と聞かれる機会が増えて、エジプトの暮らしを振り返るようになります。それで思い出すのが、うちの講座のアレキサンドリア支部で勉強しているマーギド君。こんなさわやか系です。



実はカイロとアレキサンドリアと離れているので、実際に対面したことはないのですが、twitterやfacebookで彼とは革命前からやりとりを続けていました。震災の時にはその当日に基金の公式アカウントに向けてこんなおくやみも頂きました。
@jf_cairo very sorry and sad for happened in ur country. My deepest condolences #egyjp #fukushima
https://twitter.com/#!/MagButter/status/46259649959301120


そんな彼ですが、エジプト革命勃発後は、かなり政治的な発言もするようになり、ムバラク退陣以降最大となった11月の衝突では、ついに軍に拘束され行方不明になってしまいます。ツイッターでは彼の釈放を求めて大々的なキャンペーンが張られたりもして、幸いなことに翌日には解放されました。とは言っても頭部に大きな裂傷を受け、血まみれで髪も引き抜かれたような跡がありました。


(今思うと髪は治療のために剃ったのかもしれません)

彼は解放されてから自分の怪我の様子を淡々と説明し、そのあとでこんな風にツイートしました。
although I was freed this morning, many ppl r still detained. please keep the pressure on to get them out. #FreeAllDetainees
https://twitter.com/#!/MagButter/status/139786432658157569
(自分は解放されたけど、まだ何人も拘束されている人達がいる。彼らを助けだすためにプレッシャーを与え続けよう) 

何というか、すごいと思いません? 泣き言の一つも言わずに、こんな風に戦う姿勢を貫けるなんて。一見草食系のこんな青年が、いざというときにすごい胆力を発揮するようなことは革命中にも何度も語られましたし、このブログでは革命勃発前からそういう例を紹介してきました。

エジプトにもいろいろな人達がいて、悪い人もいれば馬鹿な人もいます。平均すれば日本人のほうが能力的には高いかもしれません。しかし、日本では出会ったこともないような、こういう「うわ、こいつすごいな」と思わせる人がゴロゴロいるのも事実なんですよね。

もう大統領選が目の前に迫っていて、エジプトの未来がここで大きく変わろうとしています。その結果がどうであれ、こういう「すごい奴ら」がいれば、この国は大丈夫なのではないかと思っています。


【参考】
ロシアのサイバー攻撃とUstreamの戦い : サイバー護身術 : セキュリティー : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/net/security/goshinjyutsu/20120511-OYT8T00846.htm

むらログ: エジプトぱねぇ! アルカイーダにガチンコ勝負。
http://mongolia.seesaa.net/article/179694795.html
posted by 村上吉文 at 16:41 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年05月10日

GoogleがUSTREAMになった!



「こいつも暇だな」とか思う人がいるかも知れませんが、これは職場で買ったウェブカメラと同じく職場の出張用のパソコンのテストです。明日からの出張のために家に持ち帰ってテストをしているところなんです。ハードウェアのテストなんですが、ついでにGoogole+のハングアウト(テレビ会議システム)がUSTREAMのように中継できるようになったということで、そのテストも兼ねてみました。

ハングアウトのオンエアについては、Googleの作った説明ビデオがこちらにあります。音声は英語ですが日本語の字幕付き。

ただし、僕が今朝やってみたときは、他のサイトに埋め込むとためのコードを取得する画面がなかったように思いますし、また、「配信開始」のボタンもありませんでした。後から録画を見るとハングアウトを始めたところから録画が始まっているようです。

それから、想定外だったことは、上のビデオの後半でGoogleドキュメントがどうのとかスピーチコンテストがどうのとぼそぼそ言っている部分は、実は送信側の画面には自分の顔でなく、Googleドキュメントの資料やyoutubeの動画が写っていたのです。ですから、僕は当然それが配信されているかと思っていたのですが、録画を見てみると自分の顔が写ってますね。しかも海賊コスプレ。

さて、Google+のハングアウトについて説明する前に「Google+」について書いておきますが、「Google+」はGoogleの運営するSNSです。mixiとかfacebookとかの発展形と考えればいいと思います。で、その「ハングアウト」というのは要するにテレビ会議システムで、今のところ「3人以上で参加できる無料のテレビ会議システム」として、世界で唯一なのではないかと思います。もちろん、小さな会社が運営している例はあるかもしれませんが。二人だけでやるテレビ電話なら、スカイプなんかも有名ですよね。

今回は、その「3人以上で参加できる無料のテレビ会議システム」が、USTREAMのようにライブ中継できるようになったというのが大きなニュースになりました。2日前のことです。

ASCII.jp:Google、ハングアウト オンエアを一般公開
http://ascii.jp/elem/000/000/692/692027/

これが日本語教育関係者にどう使うというと、たとえば日本の大学などが日本への留学を考えている海外の学生たちを対象に、留学説明会をオンラインで行うようなこともできますよね。アジア太平洋大学(APU)とかはこういう先進的な取り組みに積極的だから、すぐに始めるような気がします。

あと、個人で日本語を教える人なら、普段のオンライン授業は非公開にしておいて、サンプル授業だけ公開にすることもできます。広報にすごい効果がありますよね。(というか、こんな時代になってしまったらサンプル授業をネットに公開しない教育機関は淘汰されちゃいますよね)

また、非公開にするにしても、youtube(録画はyoutube内に保存されます)の公開設定を「限定公開」にしておけば、学習者と教員のみが録画を見られるようにできます。教員にとっては自分の仕事を客観的に反省できる機会になりますし、学習者にとっては復習の材料として最高です。僕自身がアラビア語の勉強をオンラインでしていて、その画面をキャプチャーしてUSTREAMに保存しているんですが、やっぱりすごく勉強になりますよ。

こうしたことが業界全体にどう関わるかというと、今のように画一的な授業よりも、専門的な日本語教育がずっとやりやすくなるということです。以前「日本語教育のロングテール」」というタイトルでこのブログに書いたことがありますが、「銀行の窓口業務の日本語」などいったニッチなニーズには、一つのクラスとして採算の取れる人数を集められる可能性がほぼ皆無だったわけですが、ハングアウトでは世界各地から9人まで学生を集めることができます(10人同時に参加できるので、教師も入ると学生は9人)。しかも、教室代も交通費もかかりません。教材はオンラインのものを使うでしょうから、当然コピー代もかかりませんよね。そして授業料をPaypalで払った人だけをこのハングアウトに招待するわけです。だったら、充分にビジネスとして成り立ちそうな気がするんですがどうなんでしょう。

とりあえず、「NARUTOで学ぶ中級日本語」ぐらいだったらそれほど広報しなくても学生は集まるようなきがするので、誰かやってみませんか?

【関連する記事】
むらログ: 日本語教育のロングテール
http://mongolia.seesaa.net/article/143480648.html

むらログ: Googleハングアウトで相手の画面を見せるとパソコン指導に便利
http://mongolia.seesaa.net/article/260004313.html
タグ:google Ustream
posted by 村上吉文 at 15:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年05月08日

記述式問題の自動採点はまだ実用レベルではない

昨日、記述式問題の自動採点についてのニュースがずいぶん流れていたのでやってみたのですが、残念ながらまだまだ実用レベルにはほど遠いようです。

昨日発表されたサービスはこれ。どなたも無料で試すことができます。
http://kijyutu.combine.co.jp/

僕が回答してみた問題は以下のとおり。
問題

 次の年表を参考にして,明治時代の内閣総理大臣を山口県や鹿児島県出身者が長く務めた理由を書きなさい。

1863年 長州藩が外国船を砲撃した
1866年 薩摩藩と長州藩が同盟を結んだ
1867年 徳川慶喜が政権を朝廷に返した
1868年 新政府と旧幕府軍の戦争が始まった

これに対して以下のように回答してみました。もちろん、部分的にわざと間違ったことも書いています。
薩摩藩は今の山口県である。長州藩は今の鹿児島県である。薩摩藩と長州藩が同盟したという事実はないが、倒幕の中心だったので、その立役者が江戸時代の後、新しい政権で重要な仕事をするようになった。

そして、得られた採点結果が以下のとおりです。
採点結果

得点=20点/100点

判定結果

以下はあなたの解答です。
薩摩藩は今の山口県である。長州藩は今の鹿児島県である。薩摩藩と長州藩が同盟したという事実はないが、倒幕の中心だったので、その立役者が江戸時代の後、新しい政権で重要な仕事をするようになった。

薩摩藩と長州藩が同盟を結んだ ( - 20点 )
⇒ 薩摩藩と長州藩が同盟を結んでいたことに触れておきたい。

旧幕府軍と新政府軍が戦った ( - 20点 )
⇒ 旧幕府軍と新政府軍が戦ったことに触れておく必要がある。

薩摩藩と長州藩は新政府軍の中心となって旧幕府軍と戦った ( - 20点 )
⇒ 薩摩藩と長州藩が新政府軍の中心だったことに触れておきたい。

薩摩藩と長州藩は明治新政府の中心になった ( - 20点 )
⇒ どの時代の新政府の特徴を説明するかを明確にしたい。

薩摩藩は鹿児島県,長州藩は山口県にあった藩 ( 20点 )
⇒ 薩摩藩・長州藩は鹿児島県・山口県にあったことを書いている。

最初の「薩摩藩と長州藩が同盟を結んでいたことに触れておきたい。 」という指摘は正しいですね。
でも、その後の2点は「薩摩藩と長州藩が倒幕の中心だった」という僕の回答が理解されなかったようです。

4番目の「どの時代の新政府の特徴を説明するかを明確にしたい。 」という指摘も「江戸時代の後、新しい政権で」と書いているですから明治政府であることは自明のはずですが、部分点もついていません。

逆に、最後の「 薩摩藩・長州藩は鹿児島県・山口県にあったことを書いている。」というのは、僕が唯一「正解」した部分なのですが、実は「薩摩藩は今の山口県である。長州藩は今の鹿児島県である。」と、わざと逆に書いているのです。普通、正解にはなりませんよね。

ということで、評価基準が5つあったようですが、それぞれ見てみると、自動採点で正しく評価できたのは最初の「薩摩藩と長州藩が同盟を結んでいたことに触れておきたい」という指摘だけでした。記述式問題の自動採点については僕はまったく関わったことがないので、もしかしたらこのレベルでもすごい進化なのかもしれませんが、教育の現場で必要とされるレベルにはまったく届いていないというのが現状ではないかと思います。

ただ、これをやりながらふと思ったんですが、こういう「内容」に関する自動採点はまだまだでも、もしかしたら単純に「日本語が正しいか」だけを自動採点するソフトなら、もう誰かが作っていてもおかしくないかもしれません。「一太郎」なんかにも間違いを自動で指摘してくれる機能なんかがありますよね。
posted by 村上吉文 at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年05月06日

超字幕で聴解用の音声ファイルを作るとすごく簡単。

今日は短めに。
前にも書いたことがありますが、アラビア語や英語の勉強に僕はICレコーダーを多用しています。通勤時間以外に勉強時間はあまりとれず、しかも電車通勤なので、駅まで歩く間や満員の電車の中では「耳」を使った勉強方法以外にはありえないんですよね。

それで、いままで英語のリスニングに関しては映画の娯楽作品をICレコーダーにダビングして聞いていたのですが、セリフのないシーンは英語の勉強としては時間の無駄です。それで、セリフの部分だけ残したMP3ファイルを作っているのですが、今まではAudacityという無料のソフトを使っていました。これも前に書いたことがありますが、やってみると非常に簡単です。要らない部分を選択してから「削除」というボタンを押して、名前を付けて保存するだけですから、基本的にはワードやエクセルなどと同じ。ちょっと違うのは、ICレコーダーで聴くには、最後にmp3に書き出すという作業をすることと、そのために必要なプラグインがあることぐらいですが、これは今日の本題ではないので「参考」のリンクをご覧ください。

そう、今日言いたいのは、「超字幕」を使えば、こういった編集作業が不要になるということです。というのも、超字幕では通常のDVDの「チャプター」の頭出しのような機能が台詞のひとつひとつに付いているのです。ですから、セリフのないところは「次へ」のボタンを押せばすぐにスキップすることができます。

僕の場合はiPadで超字幕を再生しているのですが、パソコンでも同じです。イヤホンを接続するための穴にオーディオケーブルという300円ぐらいのコードを刺し、コードの反対の端をICレコーダーのマイクの穴に刺します。そして、iPad側で再生ボタンを押してから、ICレコーダーの録音ボタンを押します。あとは上記のようにiPadで超字幕を見ながら、セリフのないシーンで「次へ」ボタンを押すだけです。

 とても簡単でしょ? 不要なシーンは飛ばすだけなので、映画の再生時間よりも編集時間のほうが短いのです。コードをつなぐというかなりアナログな方法ですが、怪しいリッピングソフトをインストールしたりなんかするより、よほど簡単で確実です。

しかも今は超字幕は900円でダウンロードできるキャンペーン中です。編集の手間を省くだけでも元は取れるし、いや、映画一本見るのに900円で済むなら、下手なDVDなんかよりもずっとお買い得ですよね。単純に映画を楽しむだけにでも使えますので。

ちなみに今朝こうして音声を取り出したのはマイケルJフォックスの”Secret of My Success”です。「摩天楼はバラ色に」というかわいそうな邦題をつけられてしまった作品ですが、僕が25年前に初めて海外に行って数日後に観た思い出があります。日本から英語圏に来たばかりの自分をカンザスからニューヨークに出てきた主人公に重ねあわせて見ていましたっけ。音楽があまりにも80年代なので、いま見てみると却って新鮮な部分もあります。


【参考】
むらログ: 聴解データを編集してみた
http://mongolia.seesaa.net/article/133929880.html



「Audacity」ダウンロードページ
http://audacity.sourceforge.net/download/windows





【最近のツイート】

Thu, May 03


  • 00:43  2012年05月01日の記事一覧: (全 2 件)1. 5月1日のツイート 2. 5月2日のツイート http://t.co/yUUzJdax

  • 04:32  RT @stevekatz: 50 ways to use wikis for education http://t.co/5nv2WHOd #edtech

  • 04:34  RT @NextGenLC: Teacher at Aspire Public Schools: [Blended doesn't mean] less work but better work #nsvfsummit

  • 04:34  RT @slideshare: So What's the Right Way to Use PowerPoint? asks @publicwords http://t.co/lTYhOTb7

  • 10:42  起床!ただいまカイロ時間三時四十分。今朝は71.2kg。今日もクリック募金に参加しました! http://t.co/dZ6751fc #クリック募金

  • 11:49  「在日チベット人ケアワーカーに見る異文化間ケアの可能性と制度的・社会的課題」 #ronbun 野田潤 - 2012」 / “vol2106noda.pdf” http://t.co/keN9yKiR

  • 12:21  #egyjp エジプトでの折り紙 / “Art of origami unfolding in Egypt - Visual Art - Arts & Culture - Ahram Online” http://t.co/k6fFPkYf

  • 14:13  最近、simple-noteをchromeで開くとすごく反応が遅くて使えない。何かあったのかな。いいサービスなだけに残念。もうGoogleドライブ一本でいくか。

  • 15:47  【更新】 日本語教師がGoogleドライブを使うべき3つの理由。: 先日、GoogleのオンラインストレージGoogleドライブが発表されました。前からGoogleドキュメントを使っていた人にとっては容量が5倍になったという... http://t.co/xKvS8RnY

  • 15:51  I'm at Tahrir Square (Cairo) [pic]: http://t.co/yq50fKbr

  • 16:37  人に聞かれて過去ログを検索したので、ついでにこちらにも再掲。三年前の記事です。楽しいですよ、これ。「むらログ: Googleストリートビューで道案内タスク」 http://t.co/mn5fMzWw

  • 16:42  面白そうなんだけど見てる時間がない。「Connected Learning TV - Katie Salen - YouTube」 http://t.co/O0FSoYdi

  • 21:08  “ 学校の授業を19世紀(工業化社会)型から21世紀(情報化社会)型に変えてしまうTime To Know ” http://t.co/gHRPeRmz


Powered by twtr2src.


Fri, May 04


  • 00:53  10 more minutes to ”2 weeks in the Land of the Rising Sun” 10分後にこちらでエジプト人の日本滞在記の中継があります。(アラビア語のみ) ( #JFCAIRO live at http://t.co/zcFsihEl)

  • 01:17  予定より遅れましたが、今、所長の挨拶が始まったところです。 ( #JFCAIRO live at http://t.co/zcFsihEl)

  • 01:24  所長の挨拶が終わって一人目のヘンディさんが話すところです。 ( #JFCAIRO live at http://t.co/zcFsihEl)

  • 02:17  二人目のイスラムくんが話しています。彼鉄道otakuです。(^^) ( #JFCAIRO live at http://t.co/zcFsihEl)

  • 03:09  ご覧いただけた皆様、ありがとうございました! ( #JFCAIRO live at http://t.co/zcFsihEl)

  • 03:28  I'm at Tahrir Square (Cairo) w/ 2 others [pic]: http://t.co/Zb61GJrc

  • 06:32  見出しに「未来」は不要。実際に店頭に並んでいるんだから。もうそういう時代になってるんだよ。 / “これが未来の参考書! AR(拡張現実)機能を使った次世代の参考書が “浮き出まくり” でスゴイ! | ロケットニュース24” http://t.co/e2qiONUu

  • 11:55  ブラッシュアップコース  @5月11日(金)「音声表現力を育成する日本語音声教育」   戸田貴子 早稲田大学大学院日本語教育研究科 教授  http://t.co/u05XrrZo

  • 14:37  久しぶりに出張も締め切りもない週末。今日もクリック募金に参加しました! http://t.co/dZ6751fc #クリック募金

  • 14:40  「ま、ゆるーい サイトなんで 使えるイラストがあったら ラッキーってな感じで 見ていただければ。」だそうです。 / “日本語教育のためのイラスト教材” http://t.co/yARnTvkG

  • 14:41  「日本語教育を必要とする人は東京の宝」 「東京の日本語教育、日本語学級を考えるつどい2012」 http://t.co/ztTqIv28

  • 21:18  【更新】 小出裕章さんについて: 今まで何度か小出裕章さんについて断片的に触れたことがあるので、ちょうど一年経ったのを機にまとめておきます。僕も多くの皆さん同様、震災直後に初めて小出さんの名前を聞きまして、京都大学の原子炉実... http://t.co/hlbuOGkv


Powered by twtr2src.


Sat, May 05



Powered by twtr2src.
posted by 村上吉文 at 15:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加