2019年11月12日

会議室に集まるな

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さて、今日はちょっと驚いたことがあるので共有します。

ある会社内で僕をゲストに話を聞きたいというので調整していて発覚したのですが、ある種の人々の中には、オフィスの自分の席から直接ズームにつながるよりも、会議室に集まって、かしこまって厳かにゲストの話を聞く方が礼儀正しいと感じている人がいるようです。続きを読む
posted by 村上吉文 at 01:48 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月11日

教育機関もKindleを利用することを検討してみませんか

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日も七王国に仕えるメイスターになるために、知識の城「シタデル」へと旅していますか?

さて、先日カンボジアの佐久間司朗さんが「日本語教育機関で、学習環境を整えるために予算があったら何を買うべきか」という質問をツイッターで投稿されていて、僕が学習者が使うためのキンドルをおすすめしたところ、別の方からクレジットカードを登録しなくても使えるのかという質問をいただきました。前にも同じことを質問されたことがあるので、今日はこの件について触れておきたいと思います。

ただその前に、どうして日本語教育機関がKindleを購入するといいと僕が考えているのか続きを読む
posted by 村上吉文 at 02:25 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月01日

「ICTに頼るのは未熟」というベテラン教師が理解していない2つの視点

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さて、教育関係者の間で定期的に耳に入る言説の中に「ネットなどのICTに頼るのは未熟な教師だ」というのがあります。今年の3月11日にも、似たような発言に対する批判を書きました。時には有名な大学の有名な先生がそんなことを言ったりすることもあります。まあ、悪気はないのだろうと思いますが、そういう先生方には見えていないことが少なくとも2つはあると思いますので、今日はその2つについて書いてみたいと思います。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 21:02 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月22日

職場のMLで宿題について考える機会を紹介しましょう!

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さてカナダ時間のおととい朝、 ICT の先進的な理由で知られるカイ日本語スクールの倉本さんがZoomでお話をされました。その時の動画は記録されていないのですが、 公式ハッシュタグらしい「#ICTと私」をつけて僕もメモを投稿しておりますので、ご関心のある方はご覧ください。

このズーム講演に参加されたあひるさんの投稿から、今でも ICT を苦手とする日本語の先生が結構いらっしゃるということが Twitter で話題になっています。続きを読む
posted by 村上吉文 at 23:10 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月21日

子どもの関心を通して世界を広げる

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日も天体観測による測量で前人未到の航路を地図に記録していますか?

さて、1月からずっと単身赴任状態だったのですが、先週一時帰国した際に息子をこちらに連れてきて、二人の暮らしが始まっております。これまでも毎日30分のZoomミーティングはしていたのですが、これからは対面でのホームスクーリングということになります。

この一週間でも思う事はいろいろあるのですが、ちょっと驚いたのは続きを読む
posted by 村上吉文 at 12:03 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月19日

行動中心アプローチでA1レベルの退職届の書き方を教える

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もアヴァリティア商会の陰謀に気づいて辞表を叩きつけていますか?

さて、本当は前回のブログで書きたかったのですが出勤の時間になってしまったので、続きを書きたいと思います。

前回のブログでは、「退職届を書く」という行動から、 「特定技能のビザで日本のブラック企業に就職してしまった時、モデル文があれば、ごく簡単な言葉で、退職届を書くことができる」というCDSを作るところまで説明しました。

では実際にどのような授業にすればいいでしょうか。続きを読む
posted by 村上吉文 at 23:35 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月16日

ブラック企業と戦うための CDS の作り方

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日も奴隷商人の船を追って大海原を航海していますか?

さて、 このブログでは昨年の12月16日に「ブラック企業と戦うための行動リスト」という資料を共有しました。これはブラック企業に就職してしまった外国人労働者が自分の正当な権利を守るために必要な行動をリスト化したもので、この行動リストを日本語の授業に落とし込めば、少なくともいくつかの現場ではこれらの問題が解決できると期待したからです。続きを読む
posted by 村上吉文 at 21:03 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月14日

Zoomでイベントを主催するための6ステップ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さて、10月12日は色々な意味で象徴的な日でした。
実は僕は国際交流基金の来年度派遣の面接を受けに日本に帰ってきたのですが、 ご存じの通り台風19号による交通機関の運休などにより会場に行くことができなくなり、先方からの提案でウェブ面接となりました。

一方で、同じ10月12日は日本の官庁が主催する日本語教育の大きなイベントが同じように台風によりキャンセルされましたが、こちらはオンライン版がなかったので、そこで話す予定だった人も、聞く予定だった人も、何の代替手段もなかったようです。このイベントのために海外から日本へ一時帰国していた人などの交通費などを考えると、いったいどれほどの社会的損失があったのか想像すらできません。

しかしアナログな組織ばかりでもありません。続きを読む
posted by 村上吉文 at 16:16 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月12日

コンテンツから学ぶならファンタジーのほうが無難かも

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

ハリーポッターなどのファンタジーを外国語で読むことに対して、その世界にしか存在しない特殊な用語が使われていて、それらは辞書では調べることができないのでファンタジーは難しいという主張があります。実際それはもっともだと思う時もあります。

しかしその一方で、ファンタジー世界が舞台になっているコンテンツでは、それらの用語はそのコンテンツの中で説明されているという利点があります。ですので、自分のレベルに合った内容を読んでいる限り、それほど大きな問題にはならないように僕は認識しています。

なぜこのようなことを考えたのかと言うと、続きを読む
posted by 村上吉文 at 20:57 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月11日

#VRの冒険 矢野浩二朗先生Zoom講演

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


Zoom講演 「VRを全く知らない語学教師の皆さんへ」 (1).png

冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さて、 VRの教育における応用の第一任者である大阪工業大学の矢野浩二朗准教授から、語学教師のみなさんを対象に、基本的なことからお話を伺うことができるZoom講演会を準備しておりますので、お知らせいたします。なお、これは敢えて言えばプロボノで、僕の職場での公務ではありません。

事の発端は以下のような Twitter 上でのやりとりです。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 06:56 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月05日

#日本語教師ブッククラブ Q1-A1制の質問共有フォームを作りました

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


Screenshot 2019-10-05 at 6.31.01 AM.png

冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さて、 Twitter などではすでにお知らせしておりますが、10月の日本語教師ブッククラブの本は『ふたつの日本 「移民国家」の建前と現実 (講談社現代新書)』になりました。僕も含めてすでに何人かの Twitter ユーザーの皆さんから感想などが共有されています。

https://twitter.com/hashtag/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E6%95%99%E5%B8%AB%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96?src=hash&f=live

この日本語教師ブッククラブをさらに盛り上げるために、日本語教師チャットのように「Q1-A1」制を取り入れてみるのはどうだろうと思っています。それで公式サイトの方に続きを読む
posted by 村上吉文 at 23:12 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年09月28日

Googleの秘書に口頭で思いつきを伝える3つの方法

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さて、最近 Twitter で、「机を離れるといいアイデアが生まれる」というような意見を目にしました。僕も実際にその通りだと思います。散歩中とか、トイレとか、 料理中とか色々な時に急にアイデアが降ってくることが多いですよね。

数年前まで僕は常に IC レコーダーをポケットに入れていて、そういう時にはすぐに IC レコーダーに吹き込んでいました。しかしこれには「入力は楽なものの後で確認するのが面倒くさい」という大きなデメリットがありました。代わりに今は秘書(といっても本当は Google アシスタントなんですが)に口頭で伝えることが多いです。

秘書に思いつきを伝える方法はいくつかありますが、 僕が使っているのは主に今日ご紹介する3つです。続きを読む
posted by 村上吉文 at 10:32 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年09月23日

勉強する理由を客観的な根拠で主張しよう

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もオールドタウンのビルの屋上にロボリレーを設置してウィルスに感染したロボットを無効化していますか?

さて、最近、特に文系の科目に対する風当たりが強いようですが、それに対する反論があまりにも説得力がないので、今日はその点について書いてみたいと思います。続きを読む
posted by 村上吉文 at 21:27 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年09月22日

Googleスライドの日本語のフォントの使い方

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


画像2019 (12).jpg

冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

昨日の「日本語教育とソーシャルメディア」のビデオで、僕がシェアしていた Google スライドのプレゼンについて、「Google スライドなのにどうしてあんな可愛いフォントが使えるのか」と聞かれたので答えておきます。

Google スライドは確かに、 PowerPoint や Keynote などに比べて、日本語のフォントの数は限られています。続きを読む
posted by 村上吉文 at 08:11 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年09月21日

Zoomで効率よくグループディスカッションする方法

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さて、先ほど職場の「日本語教育とソーシャルメディア」というオンラインセミナーをホストして戻ってきたところです。今回はズームでグループディスカッションする際に、今まで問題となっていたことを解決する手がかりが見えてきたのでご紹介したいと思います。

ズームを使ってオンラインEdCampなどを実施するときに問題だったのは、それぞれテーマの異なるグループディスカッションで、参加者を希望どおりに割り振ることでした。 今までこれは続きを読む
posted by 村上吉文 at 13:28 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年09月20日

行動中心アプローチは攻略本

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もエージェント34として、ウィルスに感染したロボットをリコールしていますか?

さて、文型シラバスに慣れた先生方から、「行動中心アプローチの概念がよくわからない」という声を時々聞きます。僕もそういう質問をセミナーなどで受けることが多いです。そういうときにどういう例えをすればいいかと言うことをよく考えていて、書籍版の『冒険家メソッド』では、特定の行動ができることを目標とする行動中心アプローチを、寄り道をしない「航海者」とし、一方で、言語知識中心のアプローチを、言葉の森自体を探検する「探検家」として例えたこともあります。

最近は VR 関係などでまたいろいろゲームをしたりしているのですが、ゲーム好きな人には続きを読む
posted by 村上吉文 at 21:19 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年09月16日

ICT化は国民の生死に関わる

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

僕は政治には口出ししたくないんですが、これはいくつもの、もしかしたら年間何千もの命がかかっていて、 でもそれに対する危機感があまりにもないような状況なので、例外的に口を出します。

今月12日の記者会見で、竹本直一IT担当相は行政手続きのデジタル化と書面に押印する「はんこ文化」の両立を目指す考えを示したそうです。続きを読む
posted by 村上吉文 at 11:27 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年09月12日

VRの勉強をして海外ルーツの子どもたちの日本語教育を支援しよう!

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

引用させていただいた方などにはもうすでにお知らせしておりますが、このブログで7月と8月に固めて書いた VR 技術と教育の関係についての十本の記事を、まとめて Kindle の本にしました。

この本の収益の全額(定価の70%)を、いつものように「海外にルーツを持つ子どもと若者のための日本語教育・学習支援事業」を実施しているNPO法人YSCグローバル・スクール(青少年自立援助センター) に寄付いたします。

まずこの本の「はじめに」にどうして僕がこの本を書こうと思ったのかを説明していますので、そのまま引用させていただきます。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 22:09 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年09月08日

ソーシャルVRによる言語習得の現在と未来

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日も警察署に入るのを断られて「I’ll be back.」と言い残してからトラックを探していますか?

日本では文化庁の日本語教育大会の二日目が台風のせいで中止になってしまったようで、お金を払って東京まで来た人たちの怨嗟の声がソーシャルメディアにあふれていますが、 主催者には届いているでしょうか。このようなリスクを防ぐには、オンラインで中継するということを最初から予定していれば良かったのではないかと思います。特に国家機密を扱うようなイベントでもありませんし、僕でよかったら来年は協力しますよ。

さて、これまで2回にわたり、語学教育における VR の未来の姿をあくまでも僕の主観に基づいてご紹介してきました。教科書的に VR を使う場合と、コンテンツを楽しみながら語学習得をする場合です。今日はこのシリーズの3回目として、ソーシャルメディアを活用した言語習得を VR の面から考えてみたいと思います。続きを読む
posted by 村上吉文 at 22:36 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年09月07日

コンテンツを楽しみながらVRで言語を習得できるか

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

前回は教科書的なVRの使い方をご紹介しました。しかし、このブログではいつも申し上げていますが、もはや語学学習に教科書は必要不可欠というわけではありません。そこで今回は教科書を使わずにエンターテイメント用のコンテンツを中心に語学を習得するCBLL, Content-Based Language Learning においてVRにどのような可能性があるかを考えてみたいと思います。続きを読む
posted by 村上吉文 at 23:11 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加