2008年05月31日

こんな国でもコスプレが!

最近、またベトナム語学習のモチベーションが下がってきたので、動画を観てみました。
今回は「日本語」のベトナム語訳をキーワードに検索してみたんですが、なかなか面白いのがあります。

驚かされるのが、そのサブカルぶりです。こりゃ、前任地モンゴルとはもうぜんぜん違いますね。

この動画ではファイナルファンタジーのキャラに限定したコスプレを見ることが出来ます。僕が知っているのはリノアとユウナぐらい。みんな、よく知っているんだなあ。

http://www.youtube.com/watch?v=kj_ErYIGPGI
しかも、会場が僕の赴任先の機関じゃありませんか。いったいどういう関係でこうなっているんだろう。

こちらは別の会場ですが、やはり何かのイベントのようです。さくら祭りかもしれません。日本人の日本語教師の姿も見えます。

http://www.youtube.com/watch?v=rlgKdWqCFIM

その他、今回「関連動画」からいろいろベトナム人の若者の姿を見ることが出来ましたが、流行歌を自分たちで歌って投稿しているものが目立ちました。日本では、こういうのはありませんよね、ほとんど。

これは「hon da co don」という歌です。孤独な石ころ、という感じでしょうか。カップルで撮影しているんですが、女の子が恥ずかしがってしまうところが、何だか懐かしいです。パーマっぽい長髪にめがねでギターを弾く彼氏も、以前のアジアのイメージとはずいぶん違いますよね。

ちなみにこの歌のタイトルでyoutubeを検索すると、121本もの動画が見つかります。かなり有名な歌らしいですね。

最初のコスプレとも関係するのですが、こういう日本とは関係のない現地の歌の動画にも、日本のコミックらしい浴衣姿の女の子が普通に登場したりする点に驚きます。たとえば、以下の動画の1:10あたり。

この動画には、エルフ耳の女の子なんかも登場してきます。

私は海外の経験の方が長いのですが、カナダにいたのはもう20年も前のことだし、サウジアラビアやモンゴルは、このように日本のサブカルが浸透しているような国ではありませんでした。仕事の現場はずいぶん大変らしいという声が聞こえていますが、国としてはどういう状況なのか非常に興味がわきますね。

ということで、またベトナム語を勉強しなきゃ。

ちなみに、上で紹介した歌の本家はこちらです。
http://www.youtube.com/watch?v=5fZqHsE864s
posted by 村上吉文 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック