2008年05月19日

グーグルプレゼンツールの意外な効用

先日、「グーグルのプレゼンツールがいい感じ。」というエントリーを書きましたが、実際に作ってみたプレゼンをご紹介します。

パワーポイントに比べて、作るときの動作がちょっと遅いときがあるのが気になりますが、有利な点として気づいたのが「PC教室でプレゼンをするなら、プロジェクターやスクリーンが不要になる」と言う点です。

というのも、このツールでオンラインのプレゼンをやると、学生のモニターに画面が映し出されるのです。ネット上の資料などは学生がそのまま画面をクリックすれば、すぐに実際のサイトにアクセスできます。

もちろん、学生のモニターでも、スライドが進むタイミングは、プレゼンターと同期されます。

実を言うと、水曜日に北浦和のセンターでやる授業は、PC室がとれなかったという都合で、PC自習室で行うのですが、ここはまさにスクリーンなどが設置されていない部屋なのです。

オンラインのプレゼンって、プレゼンターとオーディエンスが離れているときに便利なものだと思っていたのですが、こういう使い方もできるんですね。


posted by 村上吉文 at 06:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語hacks! | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック