2008年04月26日

無料でどんどん音楽がダウンロードできるインターネット

最近のインターネットって本当に便利ですよね。無料でどんどん音楽がダウンロードできるんですからね。・・・と聞いて、本当にネットを知らない人は「そうかあ、無料でダウンロードできるのかあ。いいなあ」と思うでしょうが、最近は、そこまで楽天的な人は少なくなってきたようです。一般的な日本語教師だったら、「あ、著作権を侵害してる!」と思う場合が多いのではないでしょうか。

しかし、少しネットを知っている人だったら、もうそんな時代ではないということがお分かりなのではないかと思います。著作権的にも問題ない形で、プロの楽曲がどんどんダウンロードできるんですよ。

たとえば、こんな曲がダウンロードし放題です。

再生ボタンを押すと、ダウンロードしなくても聴けますよ。

この曲はインディーズ系の音楽サイトでもダウンロードできるんですが、ここのところずっとダウンロードされる数で第一位を走っています。デジタルネイティブと呼ばれる若者たちにも支持されているので、海外でも二十歳前後の日本語学習者たちにもウケはいいと思いますよ。「女の子は愛されるためにうまれてきた生命体」なんだそうです。

ダウンロードしたい人はこちらから。
http://icaster.jp/listener/index.php?OP=DownloadMusic&MUSIC_ID=335&DM=http%3A%2F%2Fgbuc.net%2Fuploads%2Fphotos%2F8696.mp3

日本語教師にとって嬉しいのは、歌詞も書いてあることです。教えるときにこれは必ず聞かれますし、熱心な学生の場合にはこちらが文字起こしする羽目にもなりかねません。歌詞があれば安心して学生に紹介することもできますよね。この曲の場合は、以下のページの下の方に歌詞があります。
http://icaster.jp/listener/index.php?OP=MusicView&DETAIL=on&MUSIC_ID=335
ただし、曲によっては歌詞が掲載されていない場合もあります。

このhttp://icaster.jp/というサイトでは、以下のように500曲近い歌がダウンロードできますし、そのうち381曲はブログやポッドキャスティングに使ってもいいし、さらにそのうちの71曲に関しては、無断でコピーしてもいいということになっています(正確に書くと、コピーを許諾した形で公開されています)。
Download Only 82曲
Podcast&BLOG Music 310曲
Creative Commons 71曲

まあ、ダウンロードして学生に配布してもいいのは、正確には71曲だけなんですけど、「このURLからダウンロードしてください」とメールで流せば、学生が自分でダウンロードできますよね。こうして、500曲近い数がほとんど添付ファイルで配布するのと変わらない形で、学生に紹介できるのです。しかも無料。ぜひ、ご活用くださいませ。
posted by 村上吉文 at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語hacks! | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック