2008年04月18日

食っていける日本語教師にとっての協力隊という選択肢

国際交流基金の専門家になりたいという声をよく聞きます。
私自身も専門家として基金と契約したことが三回ありますし(そのうち一回は同じ国での異動みたいなものでしたが)、今年も専門家として派遣されることになっていますので、選択肢の一つをご紹介したいと思います。

専門家になるための登竜門とも呼べるのが、JICAのボランティアです。具体的なデータでご紹介すると、今回、私と一緒に派遣される(既に出発した人もいますが)18人の基金専門家のうち、日本語の母語話者は17人で、そのうちの8人がJICAのボランティア経験者です。正確に言うと、一人がシニアボランティア、残りの7人が青年海外協力隊です。

つまり、17人のうち8人ですから、半数以上がJICAボランティアの経験者になります。

これにはいろいろ理由があって、実際に協力隊は日本語教師に限ると競争倍率が高いので、選ばれた実績があるということと、JICAと基金が情報交換しやすい関係にあるということもあるでしょう。そして、その交換される情報が存在する、ということも重要です。なぜなら、協力隊の隊員が各報告書は全て公開されており、基金の専攻担当者も、もちろんその生々しいデータを入手できるからです。

実を言うと、私が基金に入ってから知り合った職員にも、私が隊員時代に書いた報告書について言及されたことがあり、「うわっ、読まれてたんだなあ」と思ったことがあります。

また、専門家の仕事として、現地で日本語教育関係者と協力しあって進める仕事なんかも多くあるわけで、日常的に現地の隊員と接する機会はあります。そういうときに「俺、○年度○次隊なんだけど」と言えると、仕事の進めやすさも断然違うわけですね。

ということで、メシが食える日本語教師になるには、協力隊も一つの選択肢として考えておくといいのではないかと思います。

その一つの機会として、この週末(19日,20日)に東京で開かれる「協力隊まつり」は非常にいいのではないかと思いますのでご紹介します。(宣伝かよ、というツッコミありがとう。はい、その通りです)

私はモンゴルOBOG会のブースにいますし、会場には日本語教師のOB会のブースもあります。このイベントは協力隊の募集事業の一環としての性格も持っているので、応募する可能性を排除しない人ならだれでも気軽に質問する場所として利用することができます。ぜひいらしてください。

さて、実は先日「こみみ」さんに教えてもらってビックリしたんですが、以前のエントリーに「当時は何気なくやっていたことが、後になってつながってくることもある」と書いたことがあります。スティーブ・ジョブズの Connecting Dots に非常に近い表現だったので我ながら驚いたんですが、協力隊に関しては、上記の「報告書」です。報告書を書いている当時はそんなことはまったく考えていなかったのですが、後になってみると、きちんと報告書を書いていたということで私を評価してくださった人がいたのです。

ということで、これから協力隊に行く人に一つアドバイスをするとすれば、きちんと報告書を書くことです。書いているときは、誰が読むかも分からない報告書のことよりも目の前の学習者の方が大事なのは事実ですが、報告書を書かないと、まず自分が生き残れません。だって、どんなに仕事をしても、報告書を書かずに分かってくれる人なんて、東京には一人もいないんですから。

そういう裏話なんかも、協力隊まつりでは聞くことができるかもしれませんよ。公式サイトはこちらです。
http://www.joca.or.jp/content/festival2008/index.html

以下は引用です。
第2回「協力隊まつり」開催概要
【テーマ】
「地球がふるさと〜守ろう地球の環境〜」
【日 時】
2008年4月19日(土)11:00〜17:00
2008年4月20日(日)10:00〜17:00
【会 場】
〒105-0012東京都渋谷区広尾4-2-24
TEL03-3406-9151(代表) Fax 03-3406-9160
東京メトロ日比谷線広尾駅下車(A3出口)徒歩1分
駐車場はありませんので車でのご来場はできません。
【主 催】
社団法人 青年海外協力協会
共催:独立行政法人 国際協力機構 後援(予定)外務省、渋谷区
【参加予定団体】
約35団体
(青年海外協力隊OB会、OBの自営者、OB中心のNGO等)
【入場料】
無料
【来場予定者数】
1,000人/日
【実施内容】
青年海外協力隊・シニア海外ボランティアOB会がJICA地球広場に集合し、任国紹介、活動紹介、各国料理・民芸品販売、民族音楽演奏、帰国報告会、応募相談等、テーマに沿ったイベントを行う。
■お問い合わせ:
協力隊まつりに関するご質問・お問い合わせ等は、event@joca.or.jpまでご連絡ください。


4/19追記
協力隊モンゴル関係のブログの方に、動画をアップロードしましたので、ご興味の方はご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/mongol_obog/archives/51090679.html

posted by 村上吉文 at 11:29 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
協力隊まつり!
こんな時間に知っても行けない…。

食えない日本語教師こみみ
Posted by こみみ at 2008年04月20日 14:57
いやー、もうちょと早く載せておけばよかったですねえ。似たようなイベントは10月にもあります。
昨年のご報告はこちらにあります。
http://blog.livedoor.jp/mongol_obog/archives/50890177.html
私は今年のグローバルフェスタには行けそうにありませんが、日本語教育OBのブースも出るはずですから、ぜひどうぞ!


Posted by 管理人 at 2008年04月21日 09:36
協力隊祭り、お疲れ様でした!!
あまりお話をすることができませんでしたが、研修後にまたお目にかかることができて、それだけでも有意義だったなーと思いました。
また、ロシアにいらっしゃる方にもお会いできましたし!
ではでは。
まずはご挨拶のみでした。
Posted by オーハラ at 2008年04月24日 21:33
オーハラさん、らっしゃい!
あんなところでお会いできるとは思いませんでしたよ。
ところで、あそこでも会った同期派遣のO氏は私より年上であることが判明しました。童顔だし、腰も低いし。いやー、てっきり年下だとばかり思って、早15年。ハズカシ。
Posted by 管理人 at 2008年04月27日 07:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック