2008年02月02日

日本語教育機関用カレンダー無料贈呈!

最近、「コンプライアンス不況」っていう言葉が流行っていますよね。
要するに法律を遵守しなければならないあまりに、採算が取れなくなってしまったりしているわけです。姉歯さんの事件以来でしょうか。

この点が日本語教育の世界で問題になるのは、やはり著作権です。著者に無断で教科書をコピーして配布したりするのは、途上国ではよく見られることですが、違法な場合が多いようです。

いかし、このネット時代、他の人の作品が簡単に見られるのに、それを利用できないなんて、余りにも非効率です。それで最近注目されているのが「クリエイティブコモンズ」。

例えば写真ならflickrでいろいろな著作物が利用できます。

まず、無条件で「japan」を検索してみると、なんと 4,225,359枚もの写真がヒットします。こちらです。http://www.flickr.com/search/?q=Japan&ct=0

次に、クリエイティブコモンズのライセンスのものに限定して「japan」を検索してみます。つまり、コピーしていい写真ですね。すると、これが何と765,461 results。結果はこちら。http://www.flickr.com/search/?q=Japan&l=cc&ct=0

今度は、「商用利用可」、つまり売ってもいい(が改変してはいけない)写真から「japan」を検索してみます。これでもまだ、160,510 results。http://www.flickr.com/search/?q=Japan&l=comm&ct=0

最後に、売ってもいいし、改編してもいいという写真を見てみましょう。
これでも、142,846 photosが残るわけです。
http://www.flickr.com/search/?q=Japan&l=commderiv&ss=0&ct=0

さて、それだけでは芸がないので、これらの写真を利用したカレンダーを作ってみました。使った写真はこちらです。

一月:

二月:

三月:

四月:


五月:

六月:

七月:

八月:

九月:

十月:

十一月:

十二月:

で、これらの写真を使ったカレンダーはこちらです。
Flickr Calender.xls
写真は解像度の高いまま張り付けているので、12MBというかなり重いデータになってしまいました。でもその分、大きめに印刷しても綺麗なはずです。

「設定」のシートで、お使いになる学校の名前と連絡先を入力すると、それが毎月のカレンダーの下部に表示されます。広報用にも役立つのではないかと思います。フォントやデザインなど、ご自由に変更してください。

繰り返しますが、このカレンダーで使った画像はどれも再配布も商用利用も改変も自由という前提で公開されているものです。他の人が作った著作物を合法的に利用するのは、こんなに簡単な時代になっているんですね。

なお、このエクセルファイルの中で、設定タブで入力するとカレンダーの全てのページに表示されるとか、そういうところの著作権は私にあるわけですが、これももちろん、クリエイティブコモンズのライセンスで公開します。

Creative Commons License


この作品は、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
posted by 村上吉文 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日本語hacks! | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


Excerpt: 日本語教育日本語教育(にほんごきょういく)とは、日本語を母語としない人(主に外国人)に対し、日本語を指導することを指す。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Q..
Weblog: ザ!日本
Tracked: 2008-02-03 08:25

Google画像検索がクリエイティブ・コモンズに対応!
Excerpt: 以前、Flickrなどの画像共有サイトで「クリエイティブ・コモンズ」というライセンスのもの限定で検索すれば画像を無断で再利用できることをご紹介したことがあります。 「日本語教育機関用カレンダー無料贈..
Weblog: むらログ
Tracked: 2009-07-15 06:14