2007年10月29日

ニュース動画をダウンロードする方法

先日ご紹介したニュース動画を使った授業例ですが、「教室じゃネットが使えないよ!」という悲鳴が聞こえてきましたので、動画をダウンロードする方法を二つご紹介します。

まず簡単に言うと「Packet Monstarというソフトでストリーミングを監視し、yahoo動画を再生したときに現れるストリーミングのURLを指定してダウンロードする」ということです。ダウンロードまでPacketMonstarでできます。(ちなみにスペルはmonsterではないのでご注意)

では、順を追ってご説明します。

まず、PacketMonstarをダウンロードします。ダウンロード先はこちらです。慣れていない人は自分がどこに保存したか分からなくなってしまいますので、デスクトップなどの分かりやすい場所に保存するといいです。

保存した場所にはアイコンができています。こんな感じです。
01アイコン.jpg

これをダブルクリックすると、インストールの前にこんな画面が出ます。
02承諾.jpg

ここで「承諾」をクリック。(もちろん、承諾したくない人はここでやめてくださいね)
次にインストール先を聞かれますので、「プログラム」などの適当な場所を指定します。
03inst.jpg
ショートカットがデスクトップにできますので、あまり考えなくていいと思います。これをダブルクリックすると、パケットモンスターが起動します。

ここで一旦このソフトから離れて、インターネットエクスプローラーを立ち上げます(ブラウザならオペラやfirefoxなどでもいいようです)

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ からダウンロードしたいニュースを探します。ここでは、日本テレビ系列、TBS系列、フジテレビ系列、テレビ朝日系列のすべてが見られますが、見出しが載っているのは主要なニュースだけなので、「経済」「社会」「政治」などの欄も見ておくといいです。

さて、教材にしたいニュース動画が見つかったら、動画を再生する前に、PacketMonstarに戻って、赤い「○」のボタンを押します。これでストリーミングの監視が始まります。画面でいうとここの部分です。
04monitorstart.jpg

インターネットエクスプローラーに戻り、動画の再生ボタンを押します。これは環境によって表示が違うようですので、写真は載せません。

ここでPacketMonstarに戻ると、mmsで始まる文字列が現れています。これが、ストリーミング元のURLです。
05url.jpg
このURLをマウスで右クリックします。そうするとこんな表示が出ます。ここで「ダウンロードする」を選びます。ダウンロード先はデスクトップなどの分かりやすい場所にしてください。
06download.jpg
これで、ダウンロードができました。インターネットにつながっていない教室でも、動画ニュースを利用した授業が簡単にできるようになります。

ただし、この方法だと動画投稿サイトのyoutubeからはダウンロードできません。次回は、youtubeから動画を簡単にダウンロードする方法をご紹介します。youtubeは音声がテキスト化されてはいませんが、有益な動画がたくさんあります。日本事情の紹介には非常に効果があるのではないかと思います。
posted by 村上吉文 at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語hacks! | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック