2007年08月21日

捏造なのか、誤報なのか。朝青龍が処分された理由。

とにかく、事実だけ羅列します。以下は今朝の産経の記事。
“仮病サッカー疑惑”で「2場所出場停止」などの処分を受けた後、約3週間にわたって自宅に立てこもっている横綱朝青龍(26、高砂)について、日本相撲協会は20日記者会見し
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/sumo/78139/

謹慎中なのだから「立てこもっている」という表現もおかしいですが、明らかな事実誤認は「仮病サッカー疑惑で処分」というところ。以下のように、処分を発表したときの協会の会見では、仮病説は明確に否定されています。
緊急理事会終了後、会見した伊勢ノ海理事(元関脇・藤ノ川)は「休場届を出しながらモンゴルに帰ったのは軽率だった。横綱の地位で力士の模範となる立場ながら、こういう行動は処分に値する」と説明した。一方、休場届とともに三重県内の医師が提出した診断書については「正当なもの」と語り、「仮病説」を否定した。
http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/battle/news/20070802k0000m050128000c.html

こうして事実に反した報道を意図的にやっているとしたら、申し訳ありませんがこれは捏造記事としか言いようがありません。意図的でなかったとしたら、プロとしてあまりにもレベルが低すぎます。

署名記事ではないので誰が書いたのか分かりませんが、刑法233条の条文をプレゼントしておきます。
233条
虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

それと、こういう記事に煽られまくっている人たちには、「国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて」に出てくる外務官僚の言葉を贈ります。
「日本人の実質識字率は5%だから新聞は影響力が無い」
「日本の世論は週刊誌の中吊り広告とワイドショーで動く」
中吊り広告は産経の記事に輪をかけてひどいですから、国民がどう誘導されているかは予想がつくというものです。

この本、実はまだ読んでいないんですが、今回の朝青龍バッシング事件と酷似している面もあり、購入することにしました。


ただし、こういった記事への批判がトラックバックとして反映される仕組みは、産経グループ以外の大手報道各社には見られないようなので、その点は評価しています。

posted by 村上吉文 at 04:49 | Comment(21) | TrackBack(3) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
「仮病で処分」ではなく「"仮病サッカー疑惑で処分"」なのですから
あまり良い表現とはいえないにせよ完全な捏造とは言えませんね。
引用符("")で括られている所からも明らかなように、
単に今回の一連の出来事を縮めて表現したタイトルに過ぎません。
普通に日本語力があればそれくらい分かります。
それともいちいち「怪我で休場するといいながらサッカーするという
"仮病"とも受け取られかねない行為」と書かなくてはいけないのでしょうか?

ついでにいえば刑法233条は「経済・財産上の」信用毀損・業務妨害に対するものであって
この事例に適用される可能性はほぼゼロですね。
それを言われるならマスコミや関係者を叩きまくっている貴方の行為の方が
名誉毀損or業務妨害罪にあたる可能性について考えた方が良いのでは?
Posted by 揚げ足取りも大概に at 2007年08月21日 11:25
「立てこもっている」ですが、処分の内容は「特別な事情がない限り、部屋、病院、自宅以外は出歩くことを禁止」ですが?
調べましたか?
事実を歪曲するのもいい加減にしましょう。

なぜそこまで事実を歪曲してまでも「朝青龍」を助け「マスコミ」をバッシングしたいのかは分りませんが、あなた自身が事実を歪曲してブログへ公開している事は、あなたが批判しているマスコミと同じレベルです。
それとも、朝青龍や相撲協会からお金でももらって「記事」として書いていたりするんでしょうか?
Posted by 捏造するのはやめたほうがいいですよ at 2007年08月21日 14:06
「立てこもっている」が産経からの引用だと分かっていないらしい読者が一人いるようですね。
こういうのを見ると、確かに実質識字率は低いのかも。


Posted by 管理人さんのご苦労がしのばれます。 at 2007年08月21日 15:20
「立てこもっている」と書いた産経は、誰かからお金をもらって事実を歪曲していたのか。

知らなかった。
Posted by なるほど。 at 2007年08月21日 16:49
揚げ足取りですか?テレビであれだけ、仮病疑惑って、調べたらすぐわかるのに、ずーっとずーっと診断書が出ているのにずーっと仮病疑惑とか報道するのは、仮病だろ実は〜ってアナウンスと同じだって。
ヤフーのアンケートのコメントを見てみろ。
みーんな仮病って書いてあるって。
みんなそう受け取っている。
マスコミは仮病ではなかったよって報道してない。
なぜだ!疑惑疑惑って、疑惑抱いたのは草サッカーしたシーンだけだろう。それは根拠にならないってどうしてわからないんだろう。
腰椎疲労骨折なんて、痛みがないケース多いって。
ましてや、相撲レスリングで優勝してるのに。
Posted by あのー at 2007年08月21日 21:58
>マスコミは仮病ではなかったよって報道してない。
これこそ完全な「捏造」ですね
Posted by あーあ at 2007年08月21日 23:15
もし仮に「仮病だ」と言ってる人がいたとしても
それが単に「仮病疑惑」という字面に反応したものではなくて、
一連の経緯を踏まえた上での判断であれば問題ありません。
(そうでないなら単に日本語力が無いだけ)
そもそも一言で「仮病」といっても「診断書が偽造」というレベルから
「巡業に参加できない状態ではない」というレベルまであるわけで。
多くの人は後者の意味で言ってるのではないですか?

>腰椎疲労骨折なんて、痛みがないケース多いって
図らずも認めてしまいましたね。
その通り、どの程度の痛みを伴うかはケースバイケースなんです。
だからそれ自体は仮病の根拠にならないのと同時に
仮病を否定する根拠にもなりえません。
問題はそれが「巡業に参加できない状態」だったかどうか。
私はあの映像を見て「これだけ元気なら巡業にも出れるはず」と
判断することには一定の合理性があると思いますけどね。
不思議とこの点に関する反論は聞いたことがありません(笑)。

>ましてや、相撲レスリングで優勝してるのに。
その論法を採用すれば
優勝力士が突然巡業に参加できなくなる理由が説明できません。

>ヤフーのアンケートのコメントを見てみろ。
>みーんな仮病って書いてあるって。
Yahooのコメントに反応するのも馬鹿らしいですが、
ちらっと見た限り仮病ではないという書き込みもありましたよ?
(1万以上のコメントがあったので全部は見れませんでしたが)
Posted by 追記 at 2007年08月22日 00:38
>「立てこもっている」が産経からの引用だと
ちがいます。
管理人は、
>謹慎中なのだから「立てこもっている」という表現もおかしいですが
と書いてます。書いてあるのが見えませんか?
ですので、謹慎中ですら「部屋、病院、自宅」には出入りすることが出来るはずなのに、「自宅」から出てこない=立てこもっている
となります。何もおかしい表現ではありません。
“きれい”な表現ではありませんが、捏造でも嘘でもありませんよ。

マスコミが捏造などを繰り返し、やみくもに信用するべきではないと思いますが、日本語を読み解く技術も必要ですよ。
Posted by 捏造するのはやめたほうがいいですよ at 2007年08月22日 09:42
「巡業に参加できない状態ではない」ことは、その前日に白鵬をぶん投げて本場所優勝しているのですから、這ってでもいけなかったか、と言われれば行けたでしょう。そんなことは「協会」もわかっていて、「次の本場所で立派な横綱相撲をとれるように、休んでケガを完治させてきてよろしい」と「協会が認めた」わけです。
8/1に「『仮病ではない』が、誤解を招くような『軽率な行為をしたから』処分する。」と、協会がはっきりと発表しています。
それでも「仮病疑惑」と報道し続けるのは、誤報であり、捏造であり、マスコミの情報操作です。
Posted by マスコミは意図的に操作している at 2007年08月22日 14:11
「巡業に参加できない状態ではない」ことは、その前日に白鵬をぶん投げて本場所優勝しているのですから、這ってでもいけなかったか、と言われれば行けたでしょう。そんなことは「協会」もわかっていて、「次の本場所で立派な横綱相撲をとれるように、休んでケガを完治させてきてよろしい」と「協会が認めた」わけです。
8/1に「『仮病ではない』が、誤解を招くような『軽率な行為をしたから』処分する。」と、協会がはっきりと発表しています。
それでも「仮病疑惑」と報道し続けるのは、誤報であり、捏造であり、マスコミの情報操作です。
Posted by マスコミは意図的に操作している at 2007年08月22日 14:14
・巡業部は「少しでも良くなったら出て欲しい」と要請してるわけで
 完治するまで休むことを積極的に支持したわけではありません

・協会が「仮病ではない」と直接言及したソースがあるなら出して下さい。
 「診断書が正当」が必ずしも「仮病ではない」を意味しないのは前述の通り。

・「仮病疑惑」という出来事があったのは事実であって
 捏造でも何でもありません。これも前述の通り。
Posted by 日本語読めますか at 2007年08月22日 15:40
Posted by 出来事? at 2007年08月22日 16:28
たとえば「私は日本で生まれた」を立証する証拠は提出することができても、「私は日本で生まれていない」を立証する証拠なんて提出することはできませんよね。
「仮病ではない」の証拠を示せなければ仮病疑惑あり、だなんて論理的に無理でしょう。
Posted by 不思議な議論 at 2007年08月22日 16:37
誰が「仮病ではない」の証拠を出せって言ってるの。
「協会が仮病ではないと発表した証拠を出せ」って言ってるのに。

>協会、「仮病説」を否定
それは毎日の記者がそう受け取っただけ。

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/sumo/news/CK2007080202037890.html
>一方、会議では朝青龍の体の状態について触れられることはなかった。
>あくまで提出された診断書は「正当なものだと思う」(同理事)とし
>“仮病疑惑”は俎上(そじょう)に上がらなかった。
Posted by 馬鹿ばっか at 2007年08月22日 16:53
http://www.fontworks.com/typography/zatsugaku/jiji_1997_029.html
>英語の文章では“いわゆる何々”とか“いわば何々”
>(つまり言葉通りには受け取るべきでないこと)を
>ダブルクォーテーションで囲うことがあります。

「言葉通りには受け取るべきでない」
「言葉通りには受け取るべきでない」
「言葉通りには受け取るべきでない」
Posted by 引用符の意味 at 2007年08月22日 17:20
管理人氏が言及しているZAKZAKの記事には
>“仮病サッカー疑惑”で「2場所出場停止」などの処分
と書かれています。
この「“”」の意味は前記の通り。
これでもまだこの記事が捏造だと言う人は救いようがありません。

どちらかというと管理人氏が
>明らかな事実誤認は「仮病サッカー疑惑で処分」というところ。
と「“”」を抜かして指摘していることの方が捏造に近いですね。
(これが意図的だとしたら)
Posted by 念のため at 2007年08月22日 18:02
http://www.zakzak.co.jp/spo/2007_08/s2007080109.html
http://www.ninomiyasports.com/xoops/modules/news/article.php?storyid=7291

(記者) 仮病疑惑が軽率なのか、サッカーをしたのが軽率なのか
(伊勢ノ海理事) 診断書についてはまさに正当なものであると思います

普通の日本語力で読めばこれば「明言を避けた遠回しな否定」
これを「明確に否定した」なんて言ってるようでは日本語力が足りない
Posted by 日本語力を磨こう at 2007年08月23日 02:12
>図らずも認めてしまいましたね。
>その通り、どの程度の痛みを伴うかは
>ケースバイケースなんです。
>だからそれ自体は仮病の根拠にならないのと
>同時に仮病を否定する根拠にもなりえません。

そのとおりですね 笑

>問題はそれが「巡業に参加できない状態」
>だったかどうか。

それにはまず怪我の正確な診断が必要では。
そういう医学的な問題なのなら

2回医師の診断が出ていてどれも信じない
というのなら、これ以上証明できない

疑惑を持っている人は、どういうわけか
診断した医師を信じない
どうしてなのかな?

>私はあの映像を見て「これだけ元気なら
>巡業にも出れるはず」と
>判断することには一定の合理性があると
>思いますけどね。

笑 怪我してて優勝したんだから
もちろん治すことをおざなりにすれば
無理すれば巡業は参加できたんだよ

次の場所を休場するような結果に
なっても巡業大事と判断したのならね
しこは腰にくるけどね

怪我だから治すことを優先するのが合理的判断
だから協会も休業を認めた

でも彼はプロの選手だから、草サッカー
くらい大丈夫って自分の体に相談したのでは
チャリティーだからいいと思ったのか

その判断が間違っていたか正しかったかは
診察した医師でないから知らない

巡業は相撲で優勝できる体だから無理したら
できたと思うよ、怪我治すのが遅くなって
次の場所休場することになってもよければね

そんなに問題視するのなら休業を認めた協会に
文句言えばいいのにって思うよ

>不思議とこの点に関する反論は聞いたこと
>がありません(笑)。

そうかな?たくさん見るよ

みんながなぜこの問題を彼へ疑惑として
持っているのかということへの合理的説明に
なっていると思うよ
でもそれだけともいえるかも

誤解をした側から言わせれば自然な判断だった
のかもしれない
「誤解」を招いた。そして誤解をまねく行為を
罰せられた、誤解だったのねああそうか、とは
ならないのかな のんきかな

私はね、じゃあ誤解だったのねという報道で
いいと思うのですが、それが表立って報道される
ところを見ていないなぁ
疑惑疑惑と報道続けていて、視聴者はその継続期間が
長いので、実のとこ仮病なんでしょっておばさんも
いってた 
相撲協会は元々診断書受け入れてるけどね、その相撲
協会のコメントを一行のせるのではなくて、
疑惑を持ったマスコミが主語となった仮病疑惑が晴れ
たという記事は見ていないな
疑惑はどうなったんだろうね

でもあんなので疑惑っていわれるのであれば、
診断が2回でてても嘘である可能性があるから
疑惑って新聞に書かれうるのであれば、怖い。
風邪ひいて会社休めないや

って素朴に思う
Posted by あの・・・・ at 2007年08月23日 03:19
>疑惑を持っている人は、どういうわけか診断した医師を信じない
>どうしてなのかな?
だって当の朝青龍自身が「医者の言うことを聞かない」(8/9週刊新潮)
んだもん。

>しこは腰にくるけどね
腰は大したことないと言ってる人もいますけどね。

>でも彼はプロの選手だから、草サッカー
>くらい大丈夫って自分の体に相談したのでは
それならできる範囲でいいから巡業には行くと言っても良かったかな。
プロとしてチケット買ったお客さんはじめ多くの相撲ファンのために。
悲しいかな、それが横綱の責任なんですね。

>そんなに問題視するのなら休業を認めた協会に
>文句言えばいいのにって思うよ
正論ですね。

>疑惑を持ったマスコミが主語となった仮病疑惑が晴れ
>たという記事は見ていないな
疑惑を報じるときも大体「疑惑の声が上がっている」とか書きますしね。
マスコミとはそういうもんですよ。

>風邪ひいて会社休めないや
会社に行けないという状態が嘘でないなら堂々と休めばいいですね。
Posted by そうですね at 2007年08月23日 04:29
>風邪ひいて会社休めないや
会社に行けないという状態が嘘でないなら堂々と休めばいいですね。

ははは、まったく。
でも風邪ひいてる間に犬も熱出して、かついで病院にいったら、動けるんなら仮病の疑惑あり会社こいよ不真面目だくびって新聞に書かれかねない世の中だからね

>>でも彼はプロの選手だから、草サッカー
>>くらい大丈夫って自分の体に相談したのでは
>それならできる範囲でいいから巡業には行くと
>言っても良かったかな。
>プロとしてチケット買ったお客さんはじめ
>多くの相撲ファンのために。
>悲しいかな、それが横綱の責任なんですね。

治療休暇したらやってた外務省やモンゴル政府から誘われてチャリティーサッカーにちょこっと参加した。それだけで、巡業先をむげにしたととらえるのは、重箱の隅だと思うのだけれどどうかな

っていうか、巡業欠席した力士いままでたくさんいたのに、今回だけ厳しいのはなぜなんだろう?という素朴な疑問が・・・

それが横綱の責任ならば、相撲協会が教えてあげればいい それが責められるべきことであるのならば、許可を出した協会を攻めたらいい
外国人なら価値観も違うだろうしね、教えてあげればいい

でも怪我で休むほうがいいという価値観もある
スポーツ選手なら休むのはありだとおもうけれどね
できたのかできなかったのかは直接診察した医師じゃないとわからないね
Posted by あの・・・・・ at 2007年08月23日 07:48
マスコミは「仮病疑惑」と大々的に報じ、世論をミス・リードした。その犯罪的とも言える責任は極めて大きい。しかし、その自覚はないだろう。ジャーナリズムの精神は地におちたまま。彼らは「正義」を報道することなど無関心なのだろう。
いずれ、つけは回ってくるだろう。
協会は協会で「処分については、感情的な対応の面もあった」と伊勢の海は公言。
およそ組織を代表して発言するときの言葉なのか。大人とは思えない。
巡業副部長の不知火は「出たくないなら、出るな」と面子ばかりにとらわれた幼稚な発言、それを協会は黙認するしまつだ。
内館牧子は、個人的な好き嫌い感情むき出しの、武蔵丸は怪我をしても土俵入りだけでも参加した。と褒めるなら、朝青龍にもそう言えばよかったではないか。武蔵丸の場合、貴乃花休場で、事実上一人横綱のとき無理をしてでの巡業参加だったのだ。今回とは状況が違う。
以上、あらゆる朝青龍バッシングは「感情的」で幼稚、個人的嫌悪から、このときとばかりに襲い掛かるさまは、リンチとしかいえない。
私は、恐らく朝青龍は戻って復活すると思っている。しかし、番記者連とは関係はさらに冷え切ってゆくだろう。戻ってから「稽古をしない横綱」がどの位優勝回数を伸ばせるか楽しみだ。まだ、26歳、琴光喜より5年以上若い。白鵬以外にライバルはいない。
Posted by かっちゃん at 2007年08月25日 00:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

朝青龍の横綱としての品格の偉大さ・純粋さに少しは気付けよ!
Excerpt: 【無精庵徒然草 から。】 2007/07/31 朝青龍バッシングは異常じゃないの? 2007/08/12 朝青龍バッシングはやっぱり異常だ! 【Scriblerus Blog から。】 2007/08..
Weblog: Oracle of Wisdom見聞録
Tracked: 2007-08-25 00:43

小田晋、町沢静夫、日向野春総、・・・、救い難いクズ精神科医だ
Excerpt: (モンゴルに帰る朝青龍。2007年8月29日) ★ 解離性障害→神経症圏内→意識が困惑し過ぎる部分(日本のマスコミ人どもや日本相撲協会の理事どもに関する部分)に解離性昏迷?でシャッターが強制的に降り..
Weblog: efejrsの日記
Tracked: 2007-08-31 02:19

杉山邦博、麻木久仁子、加藤タキ、・・・、クズばっかりだな
Excerpt: (「ボク、あさしょうりゅう!」) ・・・・・ 朝青龍の笑顔は、まるで猫が笑っているようでかわいらしい。私は、かつて好きだった千代の富士よりも好きである。 ところが、TBS「ピンポン!」 火曜日(20..
Weblog: efejrsの日記
Tracked: 2007-08-31 02:30