2007年08月17日

朝青龍バッシング 世田谷井上病院理事長のコメントなど

チャトランガ夫人の恋人さんからTBをいただきましたので、返信です。
TB元はこちら。
http://d.hatena.ne.jp/chaturanga/20070816/p1
ただ、一点よくわからないところがあります。

asahi.com:朝青龍が腰を疲労骨折 夏巡業は不参加 - スポーツ

これはモンゴルでのサッカーが報道される前の記事なのですが、この段階では、

朝青龍は名古屋場所で3場所ぶりに優勝したが、後半戦で腰の疲れを訴え、場所後に「腰の疲労骨折で全治6週間」と診断された。

と報道されています。

エントリであげられている27日付け世田谷井上病院・井上毅一理事長のコメントは、明らかにこの情報に基づいていると思われます。

ですからコメントしている井上医師が論理をねじ曲げているわけではないでしょう。

おっしゃる意味が「実際の診断書のコピーも見ずに、マスコミで取り上げた一部の情報の伝聞だけでコメントした」という前提でしたら、そのとおりですね。しかし、まず診断書も見ないで、専門的な立場から「仮病疑惑」を支持するような発言をしたとしたら、その時点で言語道断ではないでしょうか。

また、診断書を読んだ上で上記のコメントをしたとしたら、これも大きな問題があります。実際の診断書には腰も肘も書いた上で「六週間」としているのですから。ご指摘のとおり、この時点では「腰より肘が重い」という説明がなされていなかったわけですが、腰のみを取り上げて「全治六週間の疲労骨折なら」と仮病疑惑へ誘導するのは、「論理のねじ曲げ」という表現は適切ではないかもしれませんが、少なくともフェアな議論だとは私には感じられません。

この井上院長は精神性疾患に関する本田医師の診断についても「神経衰弱は夏目漱石がかかったことで有名な、戦前の病名」とコメントをして、こちらについても仮病であるとの理解へと誘導することに協力しています。まず「状態」と言っているものを「病名」として批判しているところに曲解に近い態度を感じますし、インターネットを検索すると精神科医がこの言葉を使っている例はすぐに見つかります。

たとえば精神病理学が専攻で「開放病棟で診る」などの著書がある近藤廉治さん(南信病院院長)は「開放病棟から診た精神医療の将来」というサイトで以下のように書いています。
このような状態を神経衰弱状態といいます。うつ病は、この神経衰弱状態に憂うつな気分を加えたような状態になっている病気です。

また、彼の経営する病院に心療内科(精神科)がないことと、精神科の指定医療機関になっていないことも指摘しておきます(http://www.tmha.net/kikan/byoin/showone.cgi?id=111)。

念のために書いておくと、その後の平石医師、今枝医師も彼の精神性疾患を深刻であると認めています。

ニセ精神科医ばりに報道された本田医師も、自分が精神科の指定医であることを証明する書類を報道陣に配ったそうですが、これもほとんど取り上げられていませんね。念のため本田医師の著書もここにコピーしておきます。

この本については「売名行為じゃないのか」というようなカスタマーレビューもありますが、たとえ売名行為だとしても、形成外科ではなく精神科の本を書くことを彼は選んでいるわけで、それだけでも井上院長の批判が不当であることが分かると思います。

だから問題は、サッカー騒動以前と騒動後で、なぜ報道される診断書の中身が変わったか、ではないでしょうか。

まず、映像として、優勝祝賀会の時の「いてててて」と腰をかばう朝青龍の仕草が目立ってしまったことが大きいのではないでしょうか。

肘の件は、直接的には30日の協会の発表が原因となっています。

ただ、再診でも腰の疲労骨折の所見が出ていることは留意しておきたいですね。
診断結果によると、休場届にある三重県内の医師による所見の左ひじ靱帯(じんたい)損傷は、緊急手術の必要性はなかった。同親方は、所見で疲労骨折と診断された腰と合わせ、通院治療させる方針を示した。
http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/battle/archive/news/2007/08/01/20070801ddm035050129000c.html

posted by 村上吉文 at 06:50 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
マスコミのバッシングは以上だと感じていました。ただ同時に夏の巡業を休まねばならないほどではなかったのではないか?もしそうなら職場放棄ではないか?という疑問は残ります。
ただマスコミによる急な巡業の報道もいただけないですけどもね。
何ともいえません。
Posted by baku at 2007年08月17日 18:14
まず・・・上の方が申し上げていますがわざわざもんごるん帰った意味は何なのでしょうか?
もう一点・・・当然レントゲン写真またはそれに順ずるものの提示を求めているのであったそれはごく普通のことであり・・・。
それが提示できない・・・証明できないのであれば、数々の過去の事例等から見ましても仮病なのではないかと疑う・・・または批判するこれは当然のことではないでしょうか・・・。
あなた方肯定派によく見られるのですが・・・よくマスコミは根拠も無いのに疑って・・・と言ってらっしゃいますよね?いくらでも根拠はあると言うのに。
貴方がたの様に仮病で無いといってらっしゃる方々は何を根拠に仮病で無いといってらっしゃるのか・・・出来ればお聞かせ願えますか?
Posted by 疑問点が多々残るのですが・・・ at 2007年08月17日 22:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

[雑記]朝青龍問題 ──「むらログ」さんの返答を受けて
Excerpt: むらログ: 朝青龍バッシング 世田谷井上病院理事長のコメントなど 「むらログ」さんからTBによる丁寧なご返答をいただきました。 ありがとうございます。 さて、もう一度、私がこの騒動で、事実としてよく..
Weblog: チャトランガ夫人の恋人
Tracked: 2007-08-17 14:42