2007年08月13日

朝青龍の処分の妥当性:死亡事件とサーフィン事件

 少なくとも、朝青龍が仮病でもサボリでもなかったことは、ここを読んでくださっている人たちには、ご理解いただけたことと思います。

ここで必ず出てくるのが、しかし「朝青龍にも非が皆無だったわけではない」という主張です。「日本の国技だ」とか「品格」だとかいうキーワードに結びつけられることもあります。

では、みなさんは北の富士のハワイサーフィン事件を知っていますか? 横綱でありながら、本場所を欠場して、しかもその直後に女性とハワイでサーフィンをしていたところを撮影されました。(「北の富士 ハワイ サーフィン」で検索するといろいろ資料が見つかるので、皆さんもどうぞご自分の目で確認してください。)

で、どんな処分を受けたか。

北の富士の場合、注意されたただけです。
朝青龍は四ヶ月の軟禁と二場所の出場停止です。減俸もある。なぜ北の富士には「国技の品格」が求められなかったのか。それは、「国技」とか「品格」とかいうものが朝青龍を攻撃するための口実に過ぎないからではないでしょうか。

そして、こういう事例がある以上、今回の処分は妥当だとは思えません。

(と書くと、どこの掲示板でも前田山のシールズ事件が出てくるので先に書いておきますが、あれは本場所中に本場所の時間帯にさぼっていたのですから、比較が適切ではありません)


もう一つ、バッシングにバッシングで応えるようなものですから、あまり他の朝青龍ファンは書きませんが、誰も指摘しないと朝青龍の処分の妥当性がどれだけ偏向しているかが分かりにくいので、敢えて書きます。

それは時津風部屋のことです。今年、人が一人死んでいますよね。遺体は、弔問客にも見せられないぐらいの惨状だったというじゃありませんか。

人が一人ボロボロにされて死んで、お咎めなしです。警察は事件(事故でなく)としても調査していて、親方が警察の事情聴取も受けています。

これに比べて、仮病でもサボリでもなかった朝青龍が四ヶ月の軟禁って、変じゃありませんか?

「李下に冠を正さず」という批判にも関連させると、「週刊現代」の記事では時津風親方自身が手を下したと書いてあります。

「仮病やさぼりじゃないのに、そのように誤解された」から四ヶ月軟禁。
「殺人犯じゃない(でも人は死んでいる)のに、そのように誤解された」ことは処分なし。

誤解された内容が「仮病・さぼり」と「殺人」では大きな違いがあります。しかも、殺人と誤解されている人は、力士より責任のある親方です。それで処分なし。

また、朝青龍は協会の声明ですでに誤解が解けています。親方は疑惑が晴れていません。

にもかかわらず、北の湖理事長は「師匠が適切に対応する」として、協会として処分しない姿勢を明示しています。

これで、朝青龍の処分は妥当だったといえるのでしょうか。

時太山は、未成年であるにもかかわらずタバコを吸うなどの問題があったようです。しかし、だからといって殺されていいわけではありません。

朝青龍も、仮病やサボリはしていませんが、結果としてそのように誤解される隙はありました。しかし、隙があったことが四ヶ月の軟禁とか、二場所の出場停止に値することなのでしょうか。


【[時太山]「稽古」ではなかったと見るべきだ】
お兄ちゃん子だった小学3年の妹は、遺体のあまりの惨状を目の当たりにし、全身を痙攣させ、半狂乱で『お兄ちゃーん』と叫んだ」(叔父同)。遺族は弔問に訪れた友人らにも、「とても見せられない」と、遺体と対面を断った。
http://blog.kansai.com/bbrsun/1459


【時津風部屋の死亡事件】
週刊現代の要約
このリンチ、実は時津風親方が先頭に立って行ったのだという。
斉藤君は素行が悪く、タバコを吸っていたことを何度も注意されたのに嫌気がさして、部屋を逃げ出したのだという。
 一度は部屋に戻った斉藤君ですが、部屋の中には斉藤君を厄介者扱いする空気が満ちていて、そういう雰囲気に嫌気が差したのかまたしても部屋から逃げ出したそうです。
 これに時津風親方の怒りが爆発。ビールビンで5、6発殴ったのだという。
http://ameblo.jp/kooks-chelica/entry-10040953531.html


【力士急死、北の湖理事長「師匠が適切に対応する」】
大相撲の序ノ口力士、時太山(17)=本名・斉藤俊さん、時津風部屋=が急死したことについて、日本相撲協会の北の湖理事長(元横綱北の湖)は28日午前、名古屋市熱田区の北の湖部屋の宿舎で「急性心不全で亡くなったと聞いた。これからというときなのに。お悔やみを申し上げたい」と話した。
 斉藤さんの死因などについて、北の湖理事長は「その人によってけいこのきつさは違う。師匠が現状をよく知っているので、適切に対応するべきだ」などと話した。
(2007/06/28 12:19)
http://www.sankei.co.jp/sports/fight/070628/fgh070628002.htm

posted by 村上吉文 at 15:04 | Comment(8) | TrackBack(7) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
なかなかひどいです。あの報道。実際サッカー大会に居合わした人の話によると、朝青龍はユニホームを着てサッカー大会に参加してはいたけれど、ゴール前にずっと立っていて、目の前に転がってきたボールをけっただけらしいです。その映像をモンゴル在住の日本人のおやじ約2名が朝青龍が思いっきりサッカーを満喫していたかのように編集し、日本のテレビ局になんと1千万円で売ったらしいのです。モンゴルでどぅるーんざむの近くで歯医者を経営しているおやじが朝青龍をお金のために売ったのです。ひどいです。
Posted by U2 at 2007年08月13日 18:17
処分に関しては、ひとえに横綱の重責と時代背景といったところでしょうか。

時津風部屋の件に関しては、その後どうなってるのかわかりませんが、事件直後、警察が捜査中。しかも、稽古中の突然死となっている時点での北の湖理事長のコメントは、あれが普通かと。

今回の朝青龍関の件に関しては、ファンがいたことに気づき土俵で涙を流した横綱としては、ファン軽視ととられかねない(特に流れているサッカー中の映像が、理由はともかく問題になるのはしょうがないかと。)状況で、全体的に緩んでる力士たちへの見せしめ的な部分で決まったような感じがします。

飲酒運転しても大した問題にならなかった北の富士のころなら、まぁ問題にもならなかったんでしょうが、ちょっと飲酒運転したのばばれても、問題視され、場合によっては免職ってご時勢。
厳しい対応をとるのはしかたないむきも。

処分の妥当性とはちょっと離れますが感想までに。
Posted by むらログにやってきました at 2007年08月14日 12:47
 はじめまして。貴ブログは先日も拝見し、おっしゃる通りと思っています。
朝青龍騒動に関しては、私も書き、前回も今回もトラックバックさせて頂いたのですが、反映出来なかったようですので、足跡残していきます。
お邪魔致しました。

http://ameblo.jp/sasurai-diary/entry-10041319319.html

http://ameblo.jp/sasurai-diary/entry-10042631437.html
Posted by さすらい人 at 2007年08月14日 15:49
 ここのブログで、勝手に私のブログをリンクされておりますが、事前にそのようなことは聞いておりません。

速やかに削除していただくようお願いいたします。

 都人(青い空)

Posted by 都人(青い空) at 2007年08月19日 11:11
>なかなかひどいです。あの報道。実際サッカー大会に居合わした人の話によると、朝青龍はユニホームを着てサッカー大会に参加してはいたけれど、ゴール前にずっと立っていて、目の前に転がってきたボールをけっただけらしいです。その映像をモンゴル在住の日本人のおやじ約2名が朝青龍が思いっきりサッカーを満喫していたかのように編集し、日本のテレビ局になんと1千万円で売ったらしいのです

 放送したのはモンゴルの放送局ですよ。
 モンゴルの雑誌社らも事前に通知があったので、取材にいって、実際にみてますよ。
 嘘は大概にしなさい。
 日本人は、嘘を悪徳として嫌悪し、疎む誇りのある民族です。どこぞの糞民族とは違います。
Posted by 嘘つき横綱には嘘つきの援護者がつく at 2007年08月30日 04:12
角界がどっぷり漬かった、拳銃密輸事件
1965年5月6日
元大関若羽黒、短銃不法所持容疑で逮捕。
5月10日
若羽黒の自供から暴力団「一力会」会長鍋島力夫の自宅、立浪部屋の家宅捜索、短銃三丁を発見、押収した。また同日、プロレスリング・レフェリー沖識名を同容疑で逮捕。
5月11日
元横綱千代の山こと九重親方、警視庁保安課にコルト式ピストル一丁と実弾5発を持って出頭。取調べを行い、ピストル、実弾を押収した。
5月十三日
日本相撲協会は警視庁に「現役力士が米国巡業の際、ピストル各一丁を買い、持っていたが、一人は二月ごろ、もう一人は今月初めに隅田川に捨てた」と届けたが、この二力士は大鵬と柏戸の両横綱とわかった。
5月27日
前頭三枚目北の富士を取り調べたところ短銃所持を認める。

以上、今から42年前の大騒ぎであるが、知らない人もいるだろうが、世論は相撲界に甘く、又、角界も暴力団との付き合いが切れなかったときの話である。
又、いかに相撲協会が力士を甘やかしていたか、横綱に至っては必死にガードまでしているかがわかる。
海外、日本各地を問わず、巡業で力士が羽を伸ばす傾向は昔は想像以上だった。
尚、当時は旧ソ連にも巡業に出かけたらしいが、寝台列車での巡行中某人気力士は廊下を歩くロシア女性のグラマー美人車掌を扉の外からにゅうっと長く太い腕を伸ばし、片手で抱えこんで、中に引っ張り込んだそうである。今のご時勢では国際問題にもなりかねない話であるが、後にも先にもこんな事をする力士はあの人をおいて他にはいない。外国女性、特に米軍兵士夫人達から異常に人気の高かった美男力士のあの人である。うまく、口説いたらしい。

なおこの年は、部屋別総当りの始まった年でもあり、興味深い取り組みがファンの人気をつかみ、相撲人気は大鵬の活躍でどんどん上がっていった年である。

拳銃事件での最後の締めをやった、北の富士は
その後無事横綱になり、睡眠不足で場所休場、無断でハワイでサーフィンが発覚

いったい、朝青龍って、何をやらかしたの?
そんなに騒がれて、警察は何故黙っているのでしょうか
Posted by かっちゃん at 2007年09月04日 18:39
朝青龍の処分を考える際、直近の処分旭天鵬の処分について見直す必要もあると思います。

日本相撲協会は7日、国技館で臨時理事会を開き、先月28日に東京都内で交通事故を起こした東前頭8枚目の旭天鵬(本名太田勝、モンゴル出身、大島部屋、32才)に対し、13日に初日を迎える夏場所の出場停止と3ヶ月30%の減俸の処分を科しました。1場所すべての出場停止

85年の現役関取の事故を機に、師匠会で運転禁止を申し合わせました。

00年12月に闘牙が死亡事故を起こした時には懲罰規定が設定されておらず、自ら翌場所の出場を辞退しています。高砂広報部長(元大関朝潮)は「力士は免許を取ることは許されているが、85年以降(現役中は)運転はしていけないことになっている。それを破ったための処分」と話しました。

という厳しいものでした。規則違反というより85年の師匠会申し合わせの違反である限り、処分の軽重も恣意的であると思いませんか。

大島親方が朝青龍に対し強硬な姿勢であった理由はここにもあると思われます。まして処分を発表したのが高砂広報部長ですから。

現在力士間の中では現役中でも運転禁止は困るという声もあるとの事です。当然だと思います。

旭天鵬の場合もマスコミに大きく報じられたから厳しい処分になった。もし報道されなかったら、こんな処分も受けなかった、とは容易に推測できます。親子ともども厳しい処分を食らった大島さんの胸中も察しられます。

朝青龍への処分は旭天鵬に比べても、大きくそれ以下であるべきでしょう。旭天鵬に対する処分も相撲協会の権威を気にしすぎたための異常に厳しい処分だと思います。

相撲協会が閉鎖的というより、時によってころころ変わる規範意識組織の日和見集団である事が良くわかると思われます。
Posted by かっちゃん at 2007年09月15日 14:54
少し訂正いたします。相撲協会は閉鎖的である上に…日和見集団…

まあ、大した訂正でもないですが
Posted by かっちゃん at 2007年09月19日 22:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

17歳力士はなぜ死んだのか?
Excerpt: 17歳力士がけいこ中に急死 大相撲の序ノ口力士、時太山(17)=ときたいざん、本名斉藤俊(たかし)さん、時津風部屋=が、急死したことが28日分かった。26日に、名古屋場所のため愛知県犬山市にけいこ場..
Weblog: zara's voice recorder
Tracked: 2007-08-13 15:44

<力士急死>死因は「多発外傷によるショック」 全身にあざ
Excerpt: <力士急死>死因は「多発外傷によるショック」 全身にあざ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070628-00000140-mai-soci 6月..
Weblog: 局の独り言。
Tracked: 2007-08-13 16:03

17歳力士急死は事故?〜耳は裂け根性焼き痕〜
Excerpt: 「心臓の疾患はとても考えられない」との声も…大相撲名古屋場所のため、愛知県犬山市に稽古場を設けていた時津風部屋の力士で 新潟市出身の時太山(本名:斉藤俊さん)が6月26日の稽古後、体調不良のため、 愛..
Weblog: Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜
Tracked: 2007-08-13 18:03

杉山邦博、麻木久仁子、加藤タキ、・・、クズばっかりだな
Excerpt: 朝青龍、日本のクズマスコミ人ども、日本相撲協会のクソドアフォ理事ども、横綱審議委員会のクソドアフォ委員ども、日本のクズ精神科医どもをみ〜んな笑い飛ばしてやってくれ。彼らは全員、殴る価値もないクズばっ..
Weblog: efejrsの日記
Tracked: 2007-08-31 01:16

小田晋、町沢静夫、日向野春総、・・・、救い難いクズ精神科医だ
Excerpt: (モンゴルに帰る朝青龍。2007年8月29日) ★ 解離性障害→神経症圏内→意識が困惑し過ぎる部分(日本のマスコミ人どもや日本相撲協会の理事どもに関する部分)に解離性昏迷?でシャッターが強制的に降り..
Weblog: efejrsの日記
Tracked: 2007-08-31 02:19

杉山邦博、麻木久仁子、加藤タキ、・・・、クズばっかりだな
Excerpt: (「ボク、あさしょうりゅう!」) ・・・・・ 朝青龍の笑顔は、まるで猫が笑っているようでかわいらしい。私は、かつて好きだった千代の富士よりも好きである。 ところが、TBS「ピンポン!」 火曜日(20..
Weblog: efejrsの日記
Tracked: 2007-08-31 02:30

横綱朝青龍に対する暴言を批判する。石原慎太郎は、やっぱりドアフォ!
Excerpt: ▼石原慎太郎 :「クビだよ、クビ」(テレビ朝日 2007/09/02 スクランブル)
Weblog: NPT-Justice の 徒然草
Tracked: 2007-09-03 00:32