2007年08月12日

好青年、朝青龍の思い出

私は朝青龍が有名になる前から、去年の春までモンゴルで日本語を教えていました。モンゴルにいたのは、全部で八年になります。

朝青龍のことはNHKの放送で見るだけでしたが、モンゴルにいる私とは逆に、日本へ行って頑張っているモンゴル人として、彼が名前をあげていくところを見ていたわけです。
巨体にモノを言わせるだけだった当時の相撲界で、彼の活躍は本当に鮮やかでしたよね。

で、働いていた施設の入り口に、三回ほど祝福の張り紙をしたことがあるんです。モンゴル人として初めて優勝したときと、大関昇進したときと、横綱に昇進したときでした。
「祝! 初優勝」
「祝! 大関昇進」
「祝! 横綱昇進」
こんな感じだったかな。

私としては、ただ単に彼の活躍が嬉しかったからやっただけで、別に彼に見てもらおうとか、そういうつもりは全然ありませんでした。

でも、どこからかそれを聞きつけたらしくて、ずいぶん後になって彼の方からお礼を言いに来てくれたんですよ。嬉しかったですねえ。一緒に写真も撮らせてもらいました。

そのときの彼は、腰も低いし、きちんと挨拶もできるし、ニコニコしていて本当に「好青年」という感じでしたね。

でも、去年、日本に帰ってきてみたら、びっくりしました。マスコミに出てくるのは、仏頂面の写真ばかり。本場所を七連覇なんていう大記録を打ち立てたときも、場内は「あーあ、勝っちゃったよ」という感じで、ろくに拍手すら沸かない。(これは帰国の前だったかな)

すいぶん、ひどい扱いだな、と思いました。

もしかしたら、彼には気性の激しい部分もあるのかもしれません。しかし、そればっかりじゃない。少なくとも、私がこの目で見た彼は、まぎれもなく好青年でしたよ。あのときニコニコしていた彼が今のように叩かれているのを見ると、いたたまれない思いで一杯です。
posted by 村上吉文 at 13:42 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
マスコミは、ある人を貶めようとしたら、その人が写ったいくつかの写真の中から、見栄えのよくないのばかりを選択して載せますね。
本当に、汚いやつらです。
Posted by Frusato at 2007年08月14日 16:38
なぜ優勝しても拍手が湧かないのだと思いますか?
それは、拍手をしない側(観客)に問題があるのでしょうか?それとも拍手をされない側(朝青龍)に問題があるのでしょうか?
Posted by ものの見方 at 2007年08月16日 15:59
この時点では、「日本人以上に日本人になったねえ」と親方たちに賞賛されていたことを覚えていますか?

その彼を私たちは正当に扱ってきたのでしょうか。
Posted by 管理人 at 2007年08月16日 16:06
>この時点では、「日本人以上に日本人になったねえ」と親方たちに
>賞賛されていたことを覚えていますか?
>
>その彼を私たちは正当に扱ってきたのでしょうか。

これは、[2007年08月16日 15:59]にお返事をいただいたのでしょうか?
だとしたら、とてもすばやいお返事をありがとうございます。
ただ、全然お答えになっていないのですが(^^;

繰り返します。
「なぜ優勝しても拍手が湧かないのだと思いますか?」
明確な(簡潔で端的な)お答えをいただけると大変嬉しいです。

ちなみに私は、『「日本人以上に日本人になったねえ」と親方たちに賞賛されていた』なんて全然知りません。覚えていないというのではなく、そういう事実はここで初めて聞きました。
(ついでに、『朝青龍が優勝しても拍手が湧かない』ということも知りませんでした。)
ただ、『その彼を私たちは正当に扱ってきたのでしょうか。』と言われたら、
「正当に扱っていないとしたら、それは何故だろう?」という最初の質問と同じ疑問が湧いてくるのですが。
Posted by ものの見方 at 2007年08月16日 16:52
悪いヤツだというイメージが広く定着してしまっているからでしょう。
Posted by 管理人 at 2007年08月16日 17:05
「悪いヤツだというイメージが広く定着してしまっている」のは何故でしょう?
人は、理由も無く誰かを悪いヤツだという目で見たりはしないと思います。
「あいつは悪いヤツだ」というイメージを抱くのは、それなりの理由があるからだと思いますが、その点はいかがお考えになりますか?
Posted by ものの見方 at 2007年08月16日 21:07
朝青龍は悪い奴
というイメージは、マスコミによって広く定着したという事は間違いありません。

朝青龍の過去の不祥事を検索する事も可能です。

何故でしょう?と問う前にあなた自身が「朝青龍の過去の不祥事」についてご存知なのではないでしょうか。

管理人さんは「人間朝青龍」にじかに触れて、朝青龍が勝ち続けている事に対してはどうして、あーあとかいう反応しか出ないのか、それが「人間朝青龍」のイメージ悪化につながるのではないかという危惧を持たれていたのではないかと推測しますが?いかがなものでしょう。かみ合っていないという印象を受けますが。

聞かれても困るという類の「それなりの理由について」はあなたが具体的に提示するべきではないかと思います。

以上で終わりですね
Posted by かっちゃん at 2007年09月13日 12:45
私自身の朝青龍に対するイメージは
怜悧で生真面目、誠実な若者ですね。

日本の青年というか日本人、いや世界でもでしょうか、良くあるタイプでしょう。

とにかく、日本語を一生懸命覚え、コミュニケーション力を向上させようという意図がテレビからですが、よくわかる感じがします。

もう少し、のほほんとしたとぼけた感じがむしろあったら良いなと思いました。白鵬の様に。

日本語の機微とか、少しこだわりすぎかなと思うときもありました。

今回の処分については、反省しているとの謝罪コメントもありましたが、彼の頭の中ではモンゴル語での理解というものが可能なのでしょうか?

本当に、心底今回の事件の本質を理解したら、悲しむのではないでしょうか。

朝青龍騒動報道テレビでモンゴルでの事業の一つ、サーカス事業について説明する映像がありましたが、その中で彼は日本と日本人について、モンゴル人を二人も横綱にしてくれる伝統の深さは凄い。といっていました、自国語ではなす彼は考え深く、声のテンションも低く、決してヤンチャ坊主というキャラクターではないと誰でもすぐわかると思いましたが、その後この場面だけはカットされてます。
Posted by かっちゃん at 2007年09月14日 19:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック