2007年08月07日

朝青龍バッシングは日本人の総意ではない

前回は、「モンゴル人も朝青龍のことを怒っている」という報道がかなり偏向したものだということをご紹介しました。

では、日本人はどうなのでしょうか。モンゴルから見ると日本人が寄ってたかってモンゴル人を叩いているように見えるかもしれませんが、実はそうでもないのです。
たとえば、mixiの日記を「朝青龍」で検索してみると、意外と同情的な雰囲気も目立ちます。検索した時点(八月五日早朝)での新着日記を上から10記事だけ読んでみました。

まず、朝青龍に言及はしているものの、今回の報道に対して中立的なものは、十記事中、以下の三つです。

作者が朝青龍に似ているという日記。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=520168083&owner_id=10015930

2ちゃんねるからのテンプレのようなもので、同情的でも批判的でもない日記。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=520179227&owner_id=9603386

朝青龍の年齢に言及しているだけの日記。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=520174366&owner_id=3267146

残り七つの記事のうち、明らかに批判的なものは、以下の二つに過ぎません。
自業自得だからな最大の試練だ。ゆっくり頭を冷やして考えて、身の振りをきめろ
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=520181841&owner_id=8245655
なめてる

腐ってる

スケートの織田にしろアホばっかしだね
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=520168547&owner_id=8883532
両方とも、句点すら打たれていない、短絡的な文章ですよね。

そして、五つの記事は協会の処分やマスコミに対する疑問をあげています。
今回の報道はどうも、情報操作のような気がしてならない。刻一刻と朝青龍を「精神不安定状態」に追い込んでいるように思える。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=520179294&owner_id=6713511
朝青龍関は個人的には好きではないが、
今回のことは「相撲協会、なんだかなー」と思ってしまう。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=520185675&owner_id=7859484
朝青龍がここまで責められる理由が私にはわかりませんわ。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=520177271&owner_id=12308601

(処分は仕方ないと思いますが、望む者がいる以上再起に期待したいです。が、……猪木とかサダハルンバとか、自重しろマジで)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=520173429&owner_id=2927956
朝青龍、
ちょっとサボりたかっただけじゃない?
あんなに目くじらたてることか。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=520169339&owner_id=1924778


つまり、mixiの記事で見る限り、今回の処分に関して疑問を持っている日本人の方が、ずっと多いという傾向がわかります。
マスコミでは朝青龍を叩く日本人ばかり取り上げられていますし、「みんながそう言うんだから、きっと朝青龍が悪いんだろう」と思ってしまう従順すぎる日本人もたくさんいますが、それは日本人の総意ではありません。このことに、日本で活躍しているモンゴルの皆さんは留意してほしいと思っています。

さて、コメント欄にご意見をいくつかいただいています。
まず、31日の診断結果というのは詳細に見ていないのですが、「怪しい」という印象は私にはありませんでした。ホラフキさんには、どこが具体的に怪しいのか教えていただければ幸いです。また、仮にその診断書から「怪しい」という結果が出たとしても、雇用主に自分のスタッフを24時間外出禁止にするような権限がない以上、処分は妥当性に欠くというのが私の考えです。家族との面会も禁止って、何ですか、これ。この処分の違法性については前回も記事を紹介しましたが、オーマイニュースにも同じ疑問があげられていましたのでご紹介していきます。
「なぜこんな処分が許されるのか?朝青龍の「軟禁処分」は憲法違反だ」
http://www.ohmynews.co.jp/news/20070804/13763

「力士」さんという方からは「相撲ファンは誰も望んでいない」というご意見もありましたが、これは明らかに間違いです。私も相撲ファンの一人ですが、彼がモンゴルの子供たちを喜ばせてくれたことは評価していますから。

また、彼には相撲ファンの一部や協会に対する義務以上に、もっと普遍的な義務があるという点も、ここでもう一度確認しておきます。サラリーマンだって自分の所属する企業に対する義務以上に、法治国家の一員として法律を守る義務を優先させなければなりませんよね。それと同じことです。その義務とは、夢を実現した一人の人間として、次の世代に語りかけることです。

また、こういうことはあまりはっきり書きたくないんですが、私の疑問の核心にあるので書いておきます。彼がサッカーをしたイベントは、「日本の外交戦略上非常に重要な位置にある国で現地の日本ファンに日本のプレゼンスをアピールする」というパブリック・ディプロマシー上の意味合いもあったわけですよね。それに協力した人を、受益者である当の日本人が叩きまくるというのは、いったいどういうことなんでしょうか。


posted by 村上吉文 at 05:49 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
自分も今回の問題で日本とモンゴルとの間の友好ムードが崩れてしまうとしたら残念だし
とても危惧しています。僕自身は何らかの処分はされるべき、しかし自宅謹慎は厳しいかなという意見です。


>法律を守る義務を優先させなければなりませんよね。それと同じことです。
その義務とは、夢を実現した一人の人間として、次の世代に語りかけることです。

法を守る義務を優先すべき(同感)=夢を実現した一人の人間として、次の世代に語りかける(?)
この二つは違うんじゃないでしょうか。

法を守るは言うまでも無い事ですが、夢の実現というのは相撲界での事であり、その相撲界を
尊重しなければ、意味が無いと思うのですが。
それではまるで、成功したら相撲界以上の存在になったので自由にやらせてもらうという風にさえ聞こえてしまいます。これから外国人力士が同じように活躍し民間外交官として力を発揮してもらえるのも相撲界あっての事。ご存知のように日本の相撲界は人気低迷が続いています。今回のような事を認めてしまうと他の力士にも同じように認めなければならず、乗っている船そのものが沈んでしまえば元も子もありません。
Posted by ikuo at 2007年08月08日 00:30
みどごんパパさん,こんにちは。
軟禁は許されるのか?と私も疑問に思っていました。それから,横綱がずる休みって?と疑問に思う気持ちがある一方,モンゴルでのサッカーは,日本,モンゴル双方にとってやはり意味があったと思います。

このニュースについて,翌日の朝日新聞で,力士のおかれた過酷な状況と,こうした親善大使的な役割を十分に果たせないでいる現況について,相撲協会に再考を促す記事が載っていました。ご覧になりましたか? モンゴルとすもうをよく知っている方の感想を聞いてみたいと思う記事でした。
Posted by かおりん at 2007年08月10日 07:13
平成の大横綱 朝青龍を今の協会の理事の中で
裁ける人がいるのかな? 私個人としては北の湖
千代の富士 三重の海 番外で大鵬(四股名)関
だと思います 他の理事の人にはその地位迄至っていないのだから なかなか難しいのではないでしょうか 一言 早く巡業に戻って来い と言えばすんだ事でないでしょうか 
兎に角4場所連続全勝する意気込みで早く帰って来てほしい そして千秋楽のNHKのインタビュウ
で全国の相撲ファンに元気を与えてください
Posted by 会津の相撲好き at 2007年09月02日 12:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック