2007年07月26日

モンゴル人JDS留学生バドラルザヤーさんのこと。

ちょっとショッキングなニュースが入ってきました。
僕の教え子でもあったJDS留学生のバドラルザヤーさん(通称ザヤー)が、病気で倒れてしまったというのです。

zaya.jpg彼女は、僕がモンゴル日本センターというところで日本語コースの立ち上げに関わっていたころ、かなり初期のコースに出席していました。その後、国費の日本語日本文化研究生の枠に合格し、一年間日本で勉強してきました。帰国後、ずいぶんしっかりしたなあと成長ぶりを見せてくれて、嬉しく思ったものです。

その後、数年働きながらも日本センターのイベントには時々顔を出してくれていました。とてもエネルギッシュな話し方をよく覚えています。

その彼女が急性腎炎に倒れ、五時間の人工透析を週に三回も受けなくてはならないという状況になってしまったのです。人工透析を受ける機会がほとんどないモンゴルだったら、彼女はもうこの世にいなかったかもしれません。

彼女は今、腎臓移植を受ける必要があるとのことです。幸いなことに健康保険に加入しているとのことですが、手術代以外にも支援が必要だということで、小野澤正喜さん(筑波大学地域研究研究科教授)らが中心になって、腎臓移植のための募金活動を行っています。

常陽銀行 研究学園都市支店 104
口座名: ザヤさんを救う会
口座番号(普): 3416309
E-mail: zayasukue@gmail.com
HP: http://www.coins.tsukuba.ac.jp/~i0312261/kai/index.html

個人的な意見としては「〜を救う会」という名称は、インターネットを使って募金をする場合にかなりマイナスイメージがあるのではないかと危惧しています。

なお、モンゴルからは多数の私費留学生が来日していて、その人たちの中には経済的に豊かな両親の支援を受けている人もいますが、ザヤーさんは私費留学生ではありません。厳正な試験(受験資格だけでもハードルが高い上に、競争率もかなり高い試験です)に合格した結果の、公費による来日です。

posted by 村上吉文 at 10:26 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
ザヤーさんの件、モンゴルからの研修生の日本語授業を担当していたことがあるので、他人事とは思えません。微力ながら、お役に立ちたいと思っております。
話はかわりますが、先日のJALアカデミーでのお話、大変興味深く拝聴いたしました。BPMNの説明を伺い、ビジネスパーソンへのコースデザインに利用できないものかと思っています。もし、事例などご存知でしたら、お知らせいただけないでしょうか。
Posted by 田辺 栄 at 2007年07月27日 15:48
ザヤ−さんの件、他人事とは
Posted by Tanabe at 2007年07月27日 16:02
ザヤーさんの件、お心遣いありがとうございます。人工透析以外の時間は寝たきりというわけでもないようですが、心配ですね。

さて、BPMNは私がそのコースを離れてから知ったものですから、実例としてご紹介できるものはなく、申し訳なく思います。しかし、今後似たようなコースに関わることになったら、私自身が使ってみたいと思っております。

Posted by 管理人 at 2007年07月28日 07:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック