2007年07月20日

映画日本語教育 期末アンケート結果

時々ご紹介している映画で日本語を学ぶクラスの終了時アンケートです。
無記名で、回収も学生が行いました。
だいたい予想通りなのですが、ちょっと気になったこともあります。
それは「満足度」と「勉強になったか」の相関よりも、「満足度」と「面白かったか」の相関の方が高いこと。「勉強になったか」で「普通」と答えた学生の一人は、満足度もおもしろさも「とても」を選んでいました。
つまり、このアンケートの結果からは、もし満足度だけで授業の成果を測ることになると(事実、そういう教育機関があるのですが、今回の授業を実施した大学ではありません)、勉強になったかよりも面白さだけを競う授業が蔓延することになりかねない、ということが言えそうです。

日本語学習者向けの授業でwikiを使ったのは初めてなのですが(教師研修では前にも使いましたが)、質問5の結果は大半が「ちょうどよかった」か「簡単だった」を選んでいて、技術的なハードルはあまり高くなさそうです。「難しかった」と解答した学生は、メール頻度は「一日二回以上」でしたが、家からPCでネットにアクセスできる環境にない方の少数派に属していました。またwikiは宿題にしていましたが、宿題の量も「ちょうどよかった」が大半なので、量としての負担もあまりなかったようです。

なお、宿題は以下の三つでした。一回の授業で扱うのはDVDのチャプター三つ分です。
 1.指定された登場人物の行動をwikiに書き込む。
 2.自分の新しく学習した表現を学習記録としてwikiに書き込む。
 3.その授業で扱われた中・上級レベルの機能語を使ったミニ作文(一文か二文のみの作文)を翌朝までにメールで提出する。

書きながら思ったのですが、ミニ作文は翌朝4:30までに提出したものが、同じ朝の7時頃に添削されて返信されてくるというフィードバックの早さも、負担に思わなかった原因の一つかもしれません。同じ量の課題でも、フィードバックがなくて「出しても意味がないかも」と思ったら負担に感じることってありますよね。(携帯メールで提出する学生がほとんどでしたので、送信とほぼ同時に読まれていたのではないかと思います)

なお、フィードバックは全員同じ内容の同報メールです。直す必要のない作文は作者の実名を出し、修正が必要な作文は匿名にして添削しました。これによって間違いを共有することにもなりますし、「実名を出してもらおう」という動機付けにもなったのではないかと思います。(が、アンケートで聞くのを忘れていたという罠)

以下にアンケートの数値を出しておきます。

質問1
あなたは、この授業に満足しましたか。

とても満足した 50%
少し満足した 42%
普通 8%
あまりできなかった 0%
全然できなかった 0%

質問2
この授業は勉強になりましたか。

とても勉強になった 33%
少し勉強になった 42%
普通 25%
あまりならなかった 0%
全然ならなかった 0%

質問3
この授業は面白かったですか。

とても面白かった 58%
少し面白かった 42%
普通 0%
つまらなかった 0%
とてもつまらなかった 0%

質問4
日本語は難しすぎましたか。

難しすぎた 0%
難しかった 33%
ちょうどよかった 42%
簡単だった 25%
簡単すぎた 0%

質問5
この授業のパソコンやメールの使い方はどうでしたか。

難しすぎた 0%
難しかった 8%
ちょうどよかった 42%
簡単だった 50%
簡単すぎた 0%

質問6
宿題の量はどうでしたか。

多すぎた 0%
多かった 17%
ちょうどよかった 75%
少なかった 8%
少なすぎた 0%

質問7
映画を見ることで「日本語を勉強したい」と思いましたか。

とても思った 25%
少し思った 50%
どちらでもない 0%
あまり思わなかった 17%
全然思わなかった 8%

質問8
あなたはどのぐらいメールを読んだり書いたりしますか。日本語以外でもいいです。携帯電話のメールでもいいです。

一日に二回以上 75%
一日一回 8%
三日に一度 0%
一週間に一度 17%
それ以下 0%

質問9
あなたは携帯電話を持っていて、メールを使っていますか。

はい 100%
いいえ 0%

質問10
あなたは家からPCでインターネットに接続できますか。

はい 83%
いいえ 17%

個別の用紙ごとの結果を知りたい方は、以下のデータをどうぞ。エクセルファイルです。
期末アンケート結果(映画)
論文などに引用なさる場合は、実施した大学名などもご紹介しますので、ご連絡ください。
posted by 村上吉文 at 06:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック