2021年01月16日

グループ巡視の暇がない先生へ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


むらログ画像 (3).jpg

冒険家の皆さん、今日も雪の林の中で鬼になってしまった妹と争っている炭焼きの少年の命を救っていますか?

さて、以前、「Zoomで講義をしてはいけません」という記事を書きました。そうすると、「人数が多い場合は学習者がちゃんと活動をしているかを確認するのが大変」という声をよく聞きます。ごもっともです。それで今日はこの問題をどうやって解決しているかをご紹介します。

端的に言うと、ブレイクアウトルームの間を一つ一つ見て回るのではなく、成果物が生成されるところをリアルタイムでモニターするということです。やり方は何でもいいのですが、一番簡単なのは、Googleドキュメントの共同編集だと思います。これも簡単なテンプレートを作りましたのでご利用ください。

Googleドキュメント「共有メモ」(テンプレ)
見て回る暇がないホストが成果物を見て全体の状況を把握するのに使います。
https://docs.google.com/document/d/17Fm_1mch9DxS8S2TNF8YLjc3FriXZY5YJAO5HXG1H7U/copy


このリンクを開くと、「コピーを作成」というボタンが表示されますから、それをクリックしてください。作成されたコピーはもうコピーした人のものですから、僕は内容を見ることはできません。

ここで作成された Google ドキュメントを学習者の皆さんにシェアするのですが、その時に二つ気をつけなければいけないことがあります。一つは学習者の一人一人のメールアドレスを入力するのはとても大変なので、「リンクを知っている人は全員アクセスできる」という設定にしておくことと、「見るだけではなくて編集もできる」 設定にしておくことです。

具体的な手順は以下の動画で撮影していますのでぜひご覧ください。

むらつべ 「グループ巡視の暇がない先生へ」 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=e8b0KSHdKQs

繰り返しますが大切なのはブレイクアウトルームの間を一つ一つ見て回ることではなく成果物をリアルタイムでモニターするという考え方です。 これで効率的に学習者の能動的な学びを支援することができます。学習者の数が多いからと言って一方的な講義形式しかできないという訳では決してありません。

そして冒険は続く。

【ブログ更新情報のメールでのお知らせ】
「むらログ」更新情報のメール通知を希望される方は、こちらでご登録ください。
https://groups.google.com/g/muralog/about

【参考資料】
むらログ: Zoomで講義をしてはいけません
http://mongolia.seesaa.net/article/474591708.html

Googleドキュメント「共有メモ」(テンプレ)
見て回る暇がないホストが成果物を見て全体の状況を把握するのに使います。
https://docs.google.com/document/d/17Fm_1mch9DxS8S2TNF8YLjc3FriXZY5YJAO5HXG1H7U/copy


【コメントはソーシャル・メディア上の記事別ページヘどうぞ!】
https://twitter.com/Midogonpapa/status/1350253656453513218
https://www.facebook.com/murakami.yoshifumi/posts/10224040552583626

【『冒険家メソッド』と電子書籍「むらログ」シリーズを購入して海外にルーツを持つ子どもたちを支援しよう!】
2014年以降のこのブログの内容はKindle本にもまとめられています。2021年中にこちらの本をご購入になると、その収益は全額が「海外にルーツを持つ子どもと若者のための日本語教育・学習支援事業」を実施しているNPO法人YSCグローバル・スクールに寄贈されます。ココ出版の『冒険家メソッド』は初版の本体価格の5%が同センターに寄贈されます。
https://amzn.to/2RiNThw
posted by 村上吉文 at 10:20 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加