2020年03月02日

#Zoom開設の冒険 第二弾 3/7 21:00 【休校要請対策】

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さて、前回の #zoom開設の冒険 は「参加したいが都合が悪い」という人が多かったので、今度は週末の3月7日の日本時間午後9時から第二弾を行います。

【申込方法】
参加する方は以下のアンケートで「参加する」とご回答ください。



ツイッターのアカウントをお持ちでない方のみ、こちらでお申し込みください。
https://forms.gle/1VhBRaxW2ZzSYZ486

これ以外に特にお申し込みは必要ありません。

【アカウント開設手続き】
前半はZoomを使います。これは特に開設の手続き中にトラブルが起きたときのためのコミュニケーションに使います。
参加用URL: https://zoom.us/j/519834729

参加中に以下のビデオを見ながらやってみてください。もちろん、分からない部分は上記Zoomを通してお気軽に質問してください。そのためのZoomですから。

ズームサインアップ方法 / how to sign up for ZOOM in Japanese - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=LaOIVjQ57IE

【お互いのセッションを訪問】
それぞれが開設できたあとは、コミュニケーションは基本的に以下のチャットに移行します。
http://e-chat.co/room/19889437
パスワードなどはかけていないので、ここには個人情報は書かないでください。確認したいので、参加する人は何か書き込んでみてください。書き込めなかったら、この投稿にコメントしてください。

Zoomが開設できた人はこのチャットにご自分のパーソナルミーティングIDを共有してください。パーソナルミーティングIDはZoomのご自分のプロフィールページ(https://zoom.us/profile)からコピーしてください。Zoomのアプリから「新しいミーティングをスケジュールする」などのメニューを選ぶとちょっと面倒くさいことになるので、今回は上のプロフィールページからパーソナルミーティングIDをコピーして、チャットに共有してください。

上記のチャットはリンクだけ投稿すると削除されてしまう仕組みになっているので、「私のパーソナルミーティングIDはこちらです。http//〜〜」というように何らかの言葉も一緒に投稿してください。

前回の反省を踏まえて、今回は開設できた順に3人組を作ってもらって(こちらで「Aさん、Bさん、Cさんでグループを作ってください」と指定します)その三人でそれぞれホストとゲストの役割を体験していただきます。チャットに投稿した順番にホストして、残り二人はゲストとして参加してください。ゲストとして参加するには、ホストのパーソナルミーティングIDをクリックするだけでできます。

三人ずつのグループのリストはこちらです。
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1WCTED5kc4eAexryKGOaVC0KseWJV56IUEZxdC02Gfxs/edit?usp=sharing

それから、前半の開設手続き中に使うZoomに参加したままだと他の人のZoomセッションに参加できない(厳密には特定の条件があるんですが)ので、ご自分のアカウントを開設したあとは前半のZoomからは退出していただきます。その後は上記チャットが主な会場になります。

【訪問中にやっていただきたいこと】

とりあえず顔が見えて声が聞ければ充分ですが、もし余裕があれば、以下のビデオを参考にして breakout roomと画面共有もやってみてください。

Zoom<ズーム>画面操作:ブレイクアウトルームの作り方 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=JNHGm_tX1xo

Zoom<ズーム>画面操作:画面共有 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=2R26fqCmk9Y

最初のZoomはみなさんが相互訪問をしている間も開いていて僕はそこにいますから、相互訪問がうまくいかないときはこちらでご相談ください。
https://zoom.us/j/519834729 (最初と同じです)

もちろん、チャット(http://e-chat.co/room/19889437)で質問してくださっても結構ですが、人が多いと流速が早くて埋もれてしまう可能性があります。

【相互訪問が終わったら】
相互訪問が終わって特に問題がなければ、そのまま退出してくださって結構です。
でももし、お時間があれば最初のZoomに戻って簡単なコメントなどをいただけたらありがたいです。
https://zoom.us/j/519834729 (最初と同じです)

また、終わったら「#Zoom開設の冒険」のタグでツイッターに投稿していただけると、とても嬉しいです。

【参加条件】
僕のフォロワーの皆さんは日本語教育関係者が多いと思いますが、休校要請でお困りの日本の公教育の関係者の方も、リモートワークに使いたい一般職の方も、休校で学校に行かなくなったお子さんの見守りに利用したいシングルペアレントの方も、誰でも歓迎します。

ただし、環境が多様だと僕がトラブルに対応できないので、パソコンから参加されることをおすすめします。スマホやタブレットでもご参加いただけますが、エラーが出たときに解決できない可能性があります。環境が多様だと、問題の原因が多様すぎて、特定するのに時間がかかってしまうのです。当日はその時間は取れないと思います。ご理解下さいませ。

また、当日はこちらから説明はしません。このブログ記事を読んでいる(リンクされている動画も見ている)ことを前提に、すぐに作業に入ってもらいます。もちろん、動画を再生しながら作業してくださって構いません。内容を暗記する必要はありません。僕はこの記事を紹介して、あとは困った人の質問に答え、後半は相互訪問のためのグループを作り、質問に答えます。もちろん、この記事の内容がわからないときは、それについて質問してくださって結構です。

もしこのワークショップが役に立ったと思ったら、こちらのご支援もぜひお願いいたします。
むらログ: 「#ICTその先対談」に参加して、日本語教育が必要な子どもたちを支援しよう!
http://mongolia.seesaa.net/article/473600225.html

【前回の参加者のコメント】














そして冒険は続く。

【ブログ更新情報のメールでのお知らせ】
「むらログ」更新情報のメール通知を希望される方は、こちらでご入力ください。
https://forms.gle/4pjSC8DmmW8BEbUv8

【参考資料】
むらログ: 【#Zoom開設の冒険】 学級閉鎖対策のための緊急ワークショップ 2月26日 21:00 http://mongolia.seesaa.net/article/473706857.html

むらログ: #Slackの冒険のご報告
http://mongolia.seesaa.net/article/473670861.html

むらログ: Slack開設ワークショップ 2/19 21:00 【学級閉鎖対策】 http://mongolia.seesaa.net/article/473610505.html

むらログ: モンゴルに学ぶ学級閉鎖対策
http://mongolia.seesaa.net/article/473538033.html

むらログ: 教員のためのSlack超入門【学級閉鎖対策】 http://mongolia.seesaa.net/article/473491767.html

むらログ: オンラインで作文の添削をしましょう【学級閉鎖対策】 http://mongolia.seesaa.net/article/473350406.html

むらログ: 学級閉鎖対策としての初心者のためのZoom入門 http://mongolia.seesaa.net/article/473333238.html

むらログ: 感染爆発による学級閉鎖にそなえよう http://mongolia.seesaa.net/article/473309748.html

むらログ: 会議室が50室も使い放題で、100人まで入れるオフィスが月額15ドルで借りられます。 http://mongolia.seesaa.net/article/473214125.html

【コメントはソーシャル・メディア上の記事別ページヘどうぞ!】
https://www.facebook.com/murakami.yoshifumi/posts/10221054559295660
https://twitter.com/Midogonpapa/status/1234151382782894082


【『冒険家メソッド』と電子書籍「むらログ」シリーズを購入して海外にルーツを持つ子どもたちを支援しよう!】
2014年以降のこのブログの内容はKindle本にもまとめられています。2020年中にこちらの本をご購入になると、その収益は全額が「海外にルーツを持つ子どもと若者のための日本語教育・学習支援事業」を実施しているNPO法人YSCグローバル・スクールに寄贈されます。ココ出版の『冒険家メソッド』は初版の本体価格の5%が同センターに寄贈されます。
https://amzn.to/2RiNThw
posted by 村上吉文 at 01:14 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加