2020年02月03日

オンラインEdCampマニュアルを公開します。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さて、カナダでの僕の任期もあと3ヶ月を切ったところです。1年に4回あるオンラインEdCampも、前回のものが最後で、少なくとも僕の任期中にはもうありません。

思えば、カナダに来る前のハンガリーでは、EdCamp形式のディスカッションをもっと大きな研修会のプログラムの1つとして実施したりしたことがあったのですが、フルスケールのEdCampに出たのはハンガリーから帰ってきてカナダに来る間の2017年4月のことでした。

「そもそもEdCampって何なの?」という疑問をお持ちの方は、このときの記事を読んでいただけると大体イメージしやすいのではないかと思います。

むらログ: EdCampTokyoに参加してきました!
http://mongolia.seesaa.net/article/448875563.html

その後、オンラインの飲み会でフィリピンの @Chi_ppy2 さんから何かの拍子に、「Zoomの共同ホストに指定されたら、ブレイクアウトルームの間を自由に移動できる」という話を聞いて、「これはもしかしたらオンラインでEdCampができるんじゃないか?」とひらめいたのは、もうすでにカナダに着任したあとのことでした。その辺の経緯は以下に書いてあります。

むらログ: オンラインでEdCampができる!
http://mongolia.seesaa.net/article/455466573.html

そしてこの思いつきの後、何度か試行錯誤をしながら、「業務としてやってもいいじゃないか」という感触を得て、実際にはじめてのオンラインEdCampをやってみたのがその半年ぐらい後の2018年7月の事でした。

むらログ: オンラインEdCampをやってみた!
http://mongolia.seesaa.net/article/460492876.html

第一回目のオンラインEdCampではいろいろ改善点も見つかり、第二回目からはパドレットというツールを使うようになりました。

これ以降はあまり大きな変更もなく、多いときには60人を超える参加者を迎えて、3ヶ月に1度のペースで開催してきました。改めてご参加下さった皆様にお礼を申し上げたいと思っています。

ただ、僕には1つだけ不満があるんです。というのも、僕がEdCampをこんなに主催しているのは、僕がEdCampで皆さんといろいろ話したいからなんです。でも、自分が主催者だとなかなかブレイクアウトの話し合いに参加することができません。こんなに面白いイベントなのに。

それで、ぜひ他の人にもオンラインEdCampを積極的に開催してほしいと思っています。「edcampjft 」という名前は僕が所属する職場の主催するEdCampの名前ですから勝手に使われては困りますが、EdCamp自体はすでにいろいろな場所で実施されている一般的な概念ですし、僕はそれをオンラインでやっただけですから、「真似するな」とか「アイデア料をよこせ」などと申し上げるつもりは全くありません。逆に皆さんにどんどん真似していただければ、大変ありがたいと思います。

真似してもらったらなぜありがたいのか。それは僕が参加できるからです!

僕以外の誰かが主催してくれないと、僕が一般参加者として参加できないんです。だからぜひ他の人もオンラインEdCampを積極的に主催していただければと思います。

ということでい以下がマニュアルです。
元々は自分で使うために作っていたので、かなり外部公開用に編集もしたのですが、もしかしたら少し説明不足をところがあるかもしれません。

主な対象は、少なくとも1回か2回ぐらいはズームのミーティングを主催したことがあるぐらいの人です。 ズームを一度も使ったことがない人は、ズームのマニュアルも見ながら実施してみてください。

「オンラインEdCampマニュアル(外部公開用)」
https://docs.google.com/document/d/108ocD_EXnwfg6P8ZuWceA3O8oOvT5quoImn1hLvcj9U/edit?usp=sharing

当日のズームを開いてから閉じるまでは、以下の司会者用スクリプトが 実質的なマニュアルとして使えると思います。話す内容だけではなく、パソコン上の操作についても説明しています。

「【テンプレート】EdCamp司会スクリプト」
https://docs.google.com/document/d/1tTvhYUaUVivL-3x7Z9GsddC1K-kxn8ml6IxgvaNN7L4/edit?usp=sharing

もともとEdCamp関係の方で、「ズームのことは何も分からないけどEdCampをオンラインでやってみたい」という方は、まずはズームでイベントを主催してみるのが大事だと思います。そのためのステップについて以下の記事に書いた事がありますので是非ご参照ください。

むらログ: Zoomでイベントを主催するための6ステップ
http://mongolia.seesaa.net/article/470874598.html

もしこの他に分からないことがありましたら是非お気軽にソーシャルメディアを通してご照会くださいませ。何度も申し上げております通り、他の人が主催してくれることは僕にとっても大きなメリットがあることなので、ご遠慮いただく必要は全くありません。

それでは皆さんと、またどこかのオンラインEdCampでお会いできることを楽しみにしています!

そして冒険は続く。

【ブログ更新情報のメールでのお知らせ】
「むらログ」更新情報のメール通知を希望される方は、こちらでご入力ください。
https://forms.gle/4pjSC8DmmW8BEbUv8

【参考資料】
「オンラインEdCampマニュアル(外部公開用)」
https://docs.google.com/document/d/108ocD_EXnwfg6P8ZuWceA3O8oOvT5quoImn1hLvcj9U/edit?usp=sharing

「【テンプレート】EdCamp司会スクリプト」
https://docs.google.com/document/d/1tTvhYUaUVivL-3x7Z9GsddC1K-kxn8ml6IxgvaNN7L4/edit?usp=sharing

むらログ: Zoomでイベントを主催するための6ステップ http://mongolia.seesaa.net/article/470874598.html


【コメントはソーシャル・メディア上の記事別ページヘどうぞ!】
https://www.facebook.com/murakami.yoshifumi/posts/10220791006307000
https://twitter.com/Midogonpapa/status/1224322683959033856


【『冒険家メソッド』と電子書籍「むらログ」シリーズを購入して海外にルーツを持つ子どもたちを支援しよう!】
2014年以降のこのブログの内容はKindle本にもまとめられています。2020年中にこちらの本をご購入になると、その収益は全額が「海外にルーツを持つ子どもと若者のための日本語教育・学習支援事業」を実施しているNPO法人YSCグローバル・スクールに寄贈されます。ココ出版の『冒険家メソッド』は初版の本体価格の5%が同センターに寄贈されます。
https://amzn.to/2RiNThw
posted by 村上吉文 at 22:17 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加