2019年06月21日

#日本語教師ブッククラブ、始めます!

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


画像2019 (24).jpg

冒険家の皆さん、今日も宿屋に泊まってHPを全回復させていますか?

さて、それではいよいよ7月から日本語教師ブッククラブを始めたいと思います。
ブッククラブの流れは以下の通りになります。

1. Google フォームで読みたい本の提案の公募(一週間)
2. Twitter のアンケートで日本語教師の皆さんによる投票(一週間)
3. 本の感想の共有(一ヶ月)
4.皆さんの投稿のまとめ

以下にもう少しそれぞれの段階について詳しく書いてみたいと思います。

1. Google フォームで読みたい本の提案の公募(一週間)
本日から一週間で 取り上げたい本の提案を受け付けます。提案したい方は以下にご記入ください。
https://forms.gle/fN1qPFucMLwvmffYA

本を選ぶ基準は「他の日本語教師と感想を共有したいか」だけです。好きでも嫌いでもいいです。自分でも読むつもりなら、まだ読んでいない本でもいいです。日本語教育と関係のない分野の本でもいいですが、その場合は推薦理由のところに日本語教師にどのような意味があるのかを書かれると、多くの票を得ることができるでしょう。

また、一度落選した本を何度提案してくださっても結構です。
著者が自著を提案しても、出版社が自社の本を提案しても結構です。
ただし、提案は毎月一人(一社)一冊までとさせてください。

すでに提案された本のリストはこちらでご覧になることができます。
bit.ly/JT_BookClub

2. Twitter のアンケートで日本語教師の皆さんによる投票(一週間)
Twitter のアンケートは現在4択までしかありません。ですので、5冊以上のご提案があった場合は以下の基準で4冊に絞ります。

基準1.電子書籍版も印刷版もある本が、そうでない本よりも優先される
基準2.それぞれの優先順位は先着順で。

この基準に従って例えば以下のように4冊が決まります。

例1:「電子書籍版も印刷版もある本」が5冊提案されたら、最初の4冊が Twitter アンケートの4択になります。
例2:「電子書籍版も印刷版もある本」と、そうでない本がそれぞれ3冊ずつ提案されたら、「電子書籍版も印刷版もある本」が3冊と、そうでない本の一番最初に提案された一冊が Twitter アンケートの4択になります。

ただし電子書籍版というのは、kindleやkoboなどの個人で購入できる本限定にします。(図書館用に電子版だけを販売している出版社もありますが、 まだアクセスできる人があまりないので)

7月のブッククラブに関して言うと、本の提案を一週間受け付けると、 もう7月になってしまうので、 今回に限り投票期間は6月いっぱいまでとさせていただきます。来月からは2週間前には提案受付を始めたいですね。日本時間で7月1日の午前0時の時点で最も得票数の多かった本を7月のみんなで読む本としましょう。

3. 本の感想の共有(一ヶ月)
たぶん僕自身も7月1日の午前0時の時点で正式にアナウンスすると思いますが、もし何らかの事情で正式なアナウンスができなかったら、それを待たずに投稿したい人は投稿してくださって結構です。

お約束はただ一つです。ご感想と「#日本語教師ブッククラブ」 のハッシュタグを Twitter に投稿してください。 (ハッシュタグをつけるのを忘れてしまった場合は、お手数ですが本文とハッシュタグを140文字以内に入れて再投稿してください。ハッシュタグだけをつけてRTするとTogetterでまとめる時に時間がかかってしまうからです。)

感想は、一冊の本に対して何回投稿しても構いません。つまり一冊の本の感想を127文字(140文字ーハッシュタグの字数)にまとめる必要はありません。 一冊読み終わってから投稿するのではなく、読みながら感想を同時中継するようなイメージで投稿していただければありがたいです。 もちろん、お忙しい方は読み終わってから一回だけ投稿するのでも大歓迎です。

その次の月にはもう別の本を選んでブッククラブが走っていると思いますから、 前の月の本の感想は「#日本語教師ブッククラブ」のハッシュタグ付きで投稿するのはご遠慮ください。

4.皆さんの投稿のまとめ
1ヶ月の感想を共有する期間が終わったら、僕の方でみなさんの感想をTogetterでまとめます。

ちょっと上に、前の月の本の感想を同じハッシュタグで投稿しないで下さいと書きましたが、それでも期間が終わってからもコメントしたいことがありますよね。その場合はこのTogetterのまとめに コメントしてみてください。そうすると他の本の感想と混ざってしまうこともなく、前の月の本の感想を共有することができます。

そして冒険は続く。

【ブログ更新情報のメールでのお知らせ】
「むらログ」更新情報のメール通知を希望される方は、こちらでご入力ください。
https://forms.gle/4pjSC8DmmW8BEbUv8

【参考資料】
むらログ: 日本語教師ブッククラブを始めませんか?
http://mongolia.seesaa.net/article/467227919.html

むらログ: 「#日本語教師ブッククラブ」について、もう少し考えてみた
http://mongolia.seesaa.net/article/467253430.html


【コメントはソーシャル・メディア上の記事別ページヘどうぞ!】
https://twitter.com/Midogonpapa/status/1142038457784709120
https://b.hatena.ne.jp/entry/mongolia.seesaa.net/article/467352992.html
https://adventurers-hideout.slack.com/archives/CB6K25MCY/p1561118577000400
https://www.facebook.com/murakami.yoshifumi/posts/10218717733316471
https://murakamiyoshifumi.tumblr.com/post/185747032123/

【『冒険家メソッド』と電子書籍「むらログ」シリーズを購入して海外にルーツを持つ子どもたちを支援しよう!】
2014年以降のこのブログの内容はKindle本にもまとめられています。2019年中にこちらの本をご購入になると、その収益は全額が「海外にルーツを持つ子どもと若者のための日本語教育・学習支援事業」を実施しているNPO法人YSCグローバル・スクールに寄贈されます。ココ出版の『冒険家メソッド』は初版の本体価格の5%が同センターに寄贈されます。
https://amzn.to/2RiNThw
posted by 村上吉文 at 20:49 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加