2019年06月05日

ネックスピーカーで「大量のインプット」を!

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もドラゴングラスで作った剣でホワイトウォーカーと戦っていますか?

さて、3ヶ月ぐらい前に首にかけるタイプのスピーカーを購入しました。これがなかなか悪くないので今日は皆さんにご紹介してみたいと思います。

まず最初にかけてみた時の印象ですが、なんだかすごく不思議な感じがしました。耳が塞がれていないのにヘッドフォンやイヤホンのように頭の中で音が聞こえるような感じなんですよね。 スピーカーはもちろん耳よりは下の方にあるんですが、下の方から聞こえてくるような感じは全くありません。そしてステレオの立体感も鮮やかです。

僕は「ゲームオブスローンズ」のような映像作品を見る時にも使いますが、朝起きてからほぼずっと英語の Podcast などを流しています。実を言うと、朝、目覚まし時計を止めた後に最初にするのがsiriに「ポッドキャスト」ということです。それでsiriが Podcast の再生を始めてくれます。 台所で料理をしたり、トイレに行ったり、掃除をしたり、そうやって家の中を歩いている間もずっと Podcast を聞いています。というよりも、それをするためにわざわざこのネックスピーカーを買ったという事情があります。

しかし、このように家の中を歩き回ってみると、これはスピーカーの問題なのか iPad の問題なのかよくわからないのですが、 Bluetooth の届く範囲が意外と短いということがわかりました。家の窓際などに iPad を置いておくと、家の反対側に僕がいる時には Bluetooth の電波が届かなくて、ぶつぶつと音が切れてしまったりすることがあります。しかしこれは、家の中心に iPad の定位置を決めたことでほぼ解決しました。2階でもほとんど音が切れてしまうことはありません。

ただし、音声入力にはあまり向いていません。マイクはもちろんあるのですが、 iPad やパソコン側でマイクのボタンを押して音声入力を始めようとすると、実際に音声入力ができるようになるまでに1秒か2秒ぐらいかかってしまうのです。そしてこれはキーボードで入力する時と比べると、やはりかなりストレスになります。音声入力をする時は、 iPad に最初から内蔵されているマイクか、あるいはワイヤーでつなぐタイプのイヤホン付きのマイクを使えば、 iPad のマイクのマークを押した瞬間に音声入力ができるようになります。

と言っても、 一方的に長く brainstorm などを音声入力で行うときや、ラフな原稿を音声入力する時は大体マイクをつけっぱなしになるので、それほど大きな問題はありません。ただし、文章を推敲する段階では、頻繁にマイクをつけたり消したりするので、その場合は特に ネックスピーカーだけに限定されないのですが、Bluetooth のマイクは向いていないと言えます。

重さに関してですが、これは非常に軽いです。重くて肩こりになるようなことはありません。というより、軽すぎて普段は全く意識の外にあるので、間違えて肩にネックスピーカーをかけたまま出勤してしまったりしたことも何度もあります。



こうやって家の中で立ったり座ったり歩いたりしながらずっとコンテンツを聞き続ける時には、ネックスピーカーは非常に役に立つのですが、デメリットとしてはソファーに寝転がって「ゲームオブスローンズ」を見ている時などに、時々スピーカーの音が出る部分を、僕の首が塞いでしまうことがあります。寝っ転がると必ずそうなるというわけではないのですが、 やはり音がでる部分をふさいでしまうと、突然音量も下がるし、こもった音になってしまうので、寝っ転がって何らかのコンテンツを楽しむことはほとんどなくなりました。どうしてもやりたい時は、 Bluetooth を切って iPad のスピーカーで聞いています。

しかしそうやってみると、 iPad のスピーカーの音質って本当にシャカシャカしていて、聞きにくいですよね。ネックスピーカーを買うまではそのように思ったことは実は一度もなかったのですが、やはりネックスピーカーの音質が非常に良いので、一旦それに慣れてしまうと、 iPad のスピーカーの音質がとても気になるようになってしまいます。

カナダで買うと価格は79ドルなので、 日本では6400円ぐらいです。
https://www.bestbuy.ca/en-ca/product/sharp-an-ss1-bluetooth-wireless-shoulder-speaker-black-only-at-best-buy/13188593

なぜか日本だと11600円もするんですね。
https://amzn.to/2Z3Yqju

まあ1万円を超えるとするとなかなか簡単には手が出ないだろうとは思いますので、もし使い心地になどについて質問がありましたら、 Twitter や Facebook などのソーシャルメディアを通してお気軽にご質問くださいませ。

それからこのブログは、メール配信を行っておりますので、「むらログ」更新情報のメール通知を希望される方は、こちらでご入力ください。
https://forms.gle/4pjSC8DmmW8BEbUv8

そして冒険は続く。

【参考資料】
ウェアラブルネックスピーカーを家でKindleの読み上げに使うのがものすごく便利 - 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ
http://katsumakazuyo.hatenablog.com/entry/2019/01/03/190809

ネックスピーカー各種比較 - 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ
http://katsumakazuyo.hatenablog.com/entry/2019/02/12/133423

【コメントはソーシャル・メディア上の記事別ページヘどうぞ!】
https://b.hatena.ne.jp/entry/mongolia.seesaa.net/article/466505339.html
https://adventurers-hideout.slack.com/archives/CB6K25MCY/p1559738581000300
https://www.facebook.com/murakami.yoshifumi/posts/10218590257169647
https://twitter.com/Midogonpapa/status/1136252329647230977

【『冒険家メソッド』と電子書籍「むらログ」シリーズを購入して海外にルーツを持つ子どもたちを支援しよう!】
2014年以降のこのブログの内容はKindle本にもまとめられています。2019年中にこちらの本をご購入になると、その収益は全額が「海外にルーツを持つ子どもと若者のための日本語教育・学習支援事業」を実施しているNPO法人YSCグローバル・スクールに寄贈されます。ココ出版の『冒険家メソッド』は初版の本体価格の5%が同センターに寄贈されます。
https://amzn.to/2RiNThw
posted by 村上吉文 at 21:39 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加