2019年04月12日

アルバータ州のホームスクーリングの大会

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス






冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さて、今日はアルバータ州のホームスクーリングの大会に来ています。前にもこのブログで紹介しましたが、カナダではほぼ全ての州でローカルなホームスクーリングの団体があり、年に一度の年次大会をそれぞれの地域で行っています。僕が来ているのは人口400万人のアルバータ州の大会です。 日本で言うと福岡県よりも少ないぐらいの規模ですね。しかし、そんな地方のローカルなホームスクーリングの大会でも、驚くほど規模が大きいです。

まず最初にこの大会の公式サイトをご紹介します。
AHEA Convention 2019 - Transforming Minds
https://www.aheaonline.com/convention-2019

僕がここに来ているのは、個人的にホームスクーリング自体にももちろん興味はあるのですが、教師不足などの色々な原因でカナダの公教育での日本語学習者の数が少しずつ減っていることから、もしかしたらオンライン学習などに慣れているホームスクーリングの子供達の方が日本語学習に親和性があるのではないかと考えたからです。

前の記事にも書いた通り、この大会には31人もの発表者が登録されていて、中には一人で5回も6回もワークショップなどを担当する人もいますから、かなり大規模です。そして、これらの発表やワークショップには4種類あります。といってもこれは村上の主観的な分類ですが。以下にご紹介しますね。

まず僕のように日本語の普及に関する仕事をしている人間にとって直接関係しそうなタイプが、特定の科目に関する発表です。一覧を見てみると、以下のようなものがあります。
・経済
・古典(哲学や天文学など)
・国語
・算数
・文学
・スポーツ

次にホームスクーリングをそれほど経験していない保護者や子供向けのホームスクーリングそのものに関する発表やワークショップ等です。一覧では「New Homeschoolers」とタグづけられていることが多いですが、例えば先ほど僕が参加した以下のようなもの。
「Detoxing from public school mindset」(公立高校のマインドセットを解毒する)
このプレゼンは何とエドモントン市の教育委員会の人が発表しているんだからすごいです。

3つめのタイプで、こちらではスペシャルニーズと呼ばれていますが、特定の課題に関するもの。うつ病や自閉症などに関する発表やワークショップもありました。
”When Smart Is Not Easy : Gifted And Twice-Exceptional Learners” (頭がいいことが簡単でないとき:ギフテッドと二重に例外的な学習者たち)

そして最後に宗教的な内容で、こちらの方は僕はよく分からないのですが、「ダヴィデ対ゴリアテ」とか「危機からキリストへ」というようなタイトルが並んでいます。

上に書きましたが、これは村上による主観的な分類で、実は両方にまたがるような発表もあります。たとえば”Why God Wants Your Children To Know History”(なぜ神はあなたの子供が歴史を知ることを望むのか)という発表もあって「科目」としてタグが付けられていますが、これは明らかに宗教色が強そうですよね。

会場は幕張メッセのような感じでとにかくすごく広くて、数百人が座れるような大きな会場がいくつもあります。一番大きいのは、 ざっと数えてみた限りでは1000人以上が座れるところもありました。日本ではまだホームスクーリングの組織があまり育っていないので、こういう大きな会場を押さえて莫大なお金も動かしてイベントを主催するのは大変だと思うのですが、もしかしたらZoomなどでオンラインでやれば、同じ規模のイベントをスマートにやるのも難しくないのではないかという気もします。

上に書いた四つのタイプのうち、一つ目の「科目」に関する発表やワークショップを、まとめて以下にご紹介します。

Exhibitor Workshop
“Financial Literacy: Talk to your kids about money”
Canadian Foundation for Economic Education
http://www.cfee.org/

Exhibitor Workshop
“Classical Education at Home”
Classical Conversations
https://members.classicalconversations.com/

Keynote
“Math You Understand”
Steve Demme

Subject
“Let’s Talk Primary Language Arts”
Louise House

Exhibitor Workshop
Math + Games = Fun + Learning : Building Mathematical Thinking Through Games and Puzzles
MathFile FolderGames
https://www.mathfilefoldergames.com/

Exhibitor Workshop
“Five Keys To Unlocking a Writing Habit”
Summit Writing Academy
https://www.summitwritingacademy.com/

Exhibitor Workshop
“No More Tears”
Math-U-See
https://www.mathusee.com/

Exhibitor Workshop
“Reaching the Reluctant Writer”
Excellent Resources
https://www.excellentresources.com/

Subject
“Learning with Literature”
Amy Chaput

Subject
“From Sports for Fitness to Professional Aspirations; Integrating Sports into Home Education”
Patty Marler

今回は外国語や第二言語に関する発表やワークショップはなかったのですが、ホームスクーリングで外国語を身につけることを専門に研究や発表などを行っている著名人もいて、中でもAnne Guarneraさんは ご自身のお子さんをホームスクーリングでバイリンガルに育てているということで、色々なメディアで拝見します。詳しくは以下の Web ページをご覧ください。

Language Learning At Home
https://languagelearningathome.com/

とりあえず1日目が終わったところですが、この大会は明日も明後日もありますので、明日の晩も引き続きご報告できればと思っています。

そして冒険は続く。

【参考資料】

AHEA Convention 2019 - Transforming Minds
https://www.aheaonline.com/convention-2019
(大会の公式サイト)

むらログ: カナダのホームスクーリング大会
http://mongolia.seesaa.net/article/464601528.html
(アルバータ州の大会も含むカナダの各地のホームスクーリングの大会の一覧をご紹介しています)


【コメントはソーシャル・メディア上の記事別ページヘどうぞ!】
https://adventurers-hideout.slack.com/archives/CB6K25MCY/p1555044593000500
https://www.facebook.com/murakami.yoshifumi/posts/10218164263400069
https://twitter.com/Midogonpapa/status/1116564244676243457

【『冒険家メソッド』と電子書籍「むらログ」シリーズを購入して海外にルーツを持つ子どもたちを支援しよう!】
2014年以降のこのブログの内容はKindle本にもまとめられています。2019年中にこちらの本をご購入になると、その収益は全額が「海外にルーツを持つ子どもと若者のための日本語教育・学習支援事業」を実施しているNPO法人YSCグローバル・スクールに寄贈されます。ココ出版の『冒険家メソッド』は初版の本体価格の5%が同センターに寄贈されます。
https://amzn.to/2RiNThw

posted by 村上吉文 at 13:46 | ホームスクーリング | このエントリーをはてなブックマークに追加