2019年02月04日

SFが好きな英語学習者におすすめのYouTubeチャンネル「DUST」

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もジェダイの古書を保存してある古い木に雷を落としていますか。

さて、何週間か前に SF の短編動画ばかりアップロードしている 「DUST」というYouTube チャンネルを見つけました。とても質が高い動画ばかりなので、今日は SF が好きで英語を勉強している日本人向けに、このチャンネルについてちょっと説明してみたいと思います。

どういう仕組みでこのチャンネルが動いているのかよくわからないのですが、基本的にはどれもプロフェッショナルな動画ばかりです。動画が始まる時には「なんとか Pictures」 とか「なんとかフィルムズ」とかいう会社のようなロゴが表示されますので、小規模な映像制作会社がここに動画を出品して、その広告料を得るためのプラットフォームなのかもしれません。

映画はどれも短編作品なので、短いのは5分ぐらいからあり、長い作品でも20分を超えるぐらいです。15分ぐらいが一番多いように感じています。映画を見るのが英語の習得に繋がるとは聞いていても、2時間腰を下ろして映画を見るわけにはいかないような人も結構いらっしゃいますよね。しかし15分なら、通勤の途中に一本見終わることができる人もいらっしゃるでしょうし、継続的に英語の動画を見る習慣をつけたいと思っていらっしゃる方にはお勧めです。

最近は YouTube にも購入用の動画が沢山アップロードされていますが、ここで見ることができるのは全て無料のものばかりです。現時点ですでに何百もの動画がアップロードされていますが、毎週ひとつずつ新しい動画を公開しているとのことです。

チャンネル登録者の数はすでに53万人を超えていて、多くの「いいね!」やコメントなどがついています。

コメディSFとかドラマSF、アクションSF、ホラーSFなどジャンルわけされた再生リストもありますので、ご自分の好みの作品を見つけるのも難しくないでしょう。

ほとんどの動画には英語の字幕がついていますが、ごくたまに映像と音楽だけで勝負をしていて、いっさいセリフがない動画もあります。また、たまに字幕がないものもあります。動画の中には、英語ではない音声が入っている動画もありますが、その場合はもちろん英語の字幕が表示されます。

ここ一週間ばかり毎日2、3本の動画を見ていたのですが、僕のお気に入りはこの「Exit Strategy」です。動画の早い時点で、 久しぶりに会った兄弟の弟がある目的のために何度もタイムループを繰り返して兄に会いに来ていることが明かされるのですが、その本当の目的は最後に分かるようになっています。最後に「Hey, have you got time to stay for breakfast?」という弟のセリフがあるのですが、こんな何の変哲もないセリフがここまで悲しくも美しく聞こえることはなかなかないでしょう。はい、僕は泣きました。すいません。いわゆる特殊効果とかSF的なコンピューターグラフィックなどは全くないのですが、すばらしい脚本と俳優の演技だけでここまで質の高いSF作品が作れるのかと思うと、人間の創造性というものにびっくりしますね。



ここからはいくつか、このチャンネルを有効に使うための方法をご紹介します。

まず、人気のあるものから順番に見ていく場合はこちらのリンク開くといいと思います。
https://www.youtube.com/channel/UC7sDT8jZ76VLV1u__krUutA/videos?flow=grid&sort=p&view=0
ただし、これは再生回数の順番でランク付けを行っているようで、やはり新しいものよりも古いものの方がそれだけ長く公開されているので再生回数も多いという傾向はあるように思います。

新しいものから順番にどんどん見ていきたい場合はこちらからです。
https://www.youtube.com/channel/UC7sDT8jZ76VLV1u__krUutA/videos?sort=dd&flow=grid&view=0

ドラマやアクションなどの分野別のプレイリストのリストはこちらからご覧になることができます。(分かりにくいですがリストが一覧になっています。)
https://www.youtube.com/channel/UC7sDT8jZ76VLV1u__krUutA/playlists

例えばドラマSFの分野の再生リストはこちらです。アクションSFの分野は、映画としての出来はともかく、セリフが少ないものも多いので必ずしも英語の勉強に役に立つとは言えないのですが、こちらのドラマセクションはやはりそれなりに英語の勉強になりそうなものが多いです。
https://www.youtube.com/playlist?list=PL2X2odndvaIcVPEaTzrL7xdvTw6Zmn6FQ
上で紹介した、僕のお気に入りの「Exit Strategy」もちろんこの中に入っています。

上の方で再生回数順にランク付けした表示方法を紹介しましたが、それとは別に「ファンのお気に入り」という再生リストもあります。これはDUSTが独自に作った再生リストなので基準はよく分かりませんが、再生回数があまり多くないものも含まれています。もしかしたら「like」の割合などで計算しているのかもしれません。 でもここで一位の作品"Souls Of Totality" は僕にはちょっと今一つ意味がよく分からないんですよね。(ネタバレになるので疑問点も書きませんが、動画のコメント欄には書いておきましたので、もしかしたら誰かが教えてくれるかもしれません)
https://www.youtube.com/playlist?list=PL2X2odndvaIewivM69M0byISpn0tLg2eS

そう、こうした動画は聞き取りの力を伸ばしたり、語彙を増やしたりするのにも役立ちますが、コメント欄を通して実際のコミュニケーションをすることもできます。好きな作品を見つけたら是非コメントしてみてください。それは英語力を伸ばすだけではなくて、こうした作品を作っている人たちにとっても大きな励みになると思います。

最近は YouTube の動画をダウンロードする方法もたくさんありますが、僕がよく使うのは「ssyoutube」です。動画の URL の中の「youtube」の前に「ss」を入れるだけでダウンロードできるページが表示されます。例えば僕のお気に入りの「Exit Strategy」の URL は「https://www.youtube.com/watch?v=2roa2AhhgbM」なので、「https://www.ssyoutube.com/watch?v=2roa2AhhgbM」 にするだけでいいのです。そうすると色々なフォーマットでダウンロードすることができるウェブページが表示されます。

なお、こうしたコンテンツを使った第二言語習得の方法は、CBIとかCBLLとか呼ばれます。CBIはContent-Based Instructionの略なので、教師の指導による意味合いがありますが、CBLLはContent-Based Language Learningなので、少なくとも僕は学習者が自主的にこうしたコンテンツを利用する場合はCBIではなく、CBLLという言葉を使っています。

これらに関しては参考文献にリンクを貼っておきますのでご関心のある方はぜひご覧くださいませ。

そして冒険は続く。

【参考資料】
DUST - YouTube : https://www.youtube.com/channel/UC7sDT8jZ76VLV1u__krUutA

むらログ: それはコンテンツであり、教科書ではない。もしくは文法訳読法とCBIについて。(2013年8月14日
http://mongolia.seesaa.net/article/371995229.html

むらログ: CBI(Content-based Instrinction)が今後普及する三つの理由(2010/04/21)
http://mongolia.seesaa.net/article/147211371.html

むらログ: CBIの理論的背景など(2010年4月23日)
http://mongolia.seesaa.net/article/147475564.html

むらログ: CBIの実施方法まとめ (2014年5月21日)
http://mongolia.seesaa.net/article/398367340.html

むらログ: 映画一本の翻訳を終えて(2014年9月19日)
http://mongolia.seesaa.net/article/405677031.html

むらログ: 冒険家たちの語彙増強法 Anki(2015年1月31日)
http://mongolia.seesaa.net/article/413291773.html

むらログ: シナリオが手に入らなかったら、DVDの字幕を撮影しよう!(2015年10月31日)
http://mongolia.seesaa.net/article/428842862.html

むらログ: アウトプットなしでここまで上達できる! ルーマニアの冒険家、ジョルジアナさんインタビュー!(2016年10月3日)
http://mongolia.seesaa.net/article/442461526.html

むらログ: 独習者の3つのタイプ 「アニメ型」(2017年9月29日)
http://mongolia.seesaa.net/article/453831491.html

むらログ: CBLLのハック2つ(2018年2月4日)
http://mongolia.seesaa.net/article/456661252.html

むらログ: GoogleフォトをAnkiの代わりに!(2018年5月14日)http://mongolia.seesaa.net/article/459377941.html

【コメントはソーシャル・メディア上の記事別ページヘどうぞ!】
https://adventurers-hideout.slack.com/archives/CB6K25MCY/p1549257378000200
https://www.facebook.com/murakami.yoshifumi/posts/10217672163377876
https://twitter.com/Midogonpapa/status/1092290616011026433
https://plus.google.com/+YoshifumiMURAKAMI/posts/2xcF8oiAVDY

【『冒険家メソッド』と電子書籍「むらログ」シリーズを購入して海外にルーツを持つ子どもたちを支援しよう!】
2014年以降のこのブログの内容はKindle本にもまとめられています。2019年中にこちらの本をご購入になると、その収益は全額が「海外にルーツを持つ子どもと若者のための日本語教育・学習支援事業」を実施しているNPO法人青少年自律援助センターに寄贈されます。ココ出版の『冒険家メソッド』は初版の本体価格の5%が同センターに寄贈されます。
https://amzn.to/2RiNThw
posted by 村上吉文 at 13:46 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加