2018年12月08日

当ブログ管理人の葬儀についてA

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

昨日、父の葬儀がありました。こういう時以外に僕自身の葬儀について希望を記しておくと、「あいつは自殺でもするんじゃないか」とか誤解されかねないので、この機会に僕の希望を書いておきたいと思います。

実は、10年前に義理の父が亡くなった時にも、このブログで同じような内容を書きましたが、僕は特定の宗教に属しているわけでもありませんし、死後の世界は信じていないので、葬式は必要ないと思っています。

仏式の葬式に限定せず、無宗教のセレモニーも必要ありません。有料の会場で「村上を見送る会」などを開いていただく必要もありません。僕の思い出を酒の肴にして普通の居酒屋や食堂などで、知っている人同士の食事会などをするのでしたら、特に僕の方から「やめてほしい」とお願いするつもりはありません。

僕の墓は僕にとって何の意味もないので、必要ありません(必要としている人にとっての意義を否定するつもりはありませんが)。もちろん、戒名とか供養膳とか法事とか弔電も必要ありません。というか、ここはむしろ積極的にしないでほしいと思います。もう少しはっきり言うと、「やったら呪い殺す」ぐらいの勢いでやめてほしいです。

前回のブログでは、「僕のブログにコメントしてほしい」と書きましたが、その時にこのブログが存在しているかどうかはよくわからないので、今はむしろハッシュタグ「#村上吉文追悼」で僕の思い出を共有していただきたいと思っています。TwitterでもInstagramでも、他の新しいメディアでも構いません。Facebookの場合は、共有範囲をご自由に設定して下さって構いませんが、特に問題なければ友人限定ではなく一般公開でお願いします。

僕の妻や息子たちが、その投稿を見て「会って話を聞きたい」と連絡してきたら、ご都合のつく範囲でご協力をお願いいたします。

現時点ではもちろんまだ何もありませんが、上記3つのメディアの#の検索結果はこちらになります。

ツイッター
https://twitter.com/search?f=tweets&q=%23%E6%9D%91%E4%B8%8A%E5%90%89%E6%96%87%E8%BF%BD%E6%82%BC&src=typd

インスタグラム
https://www.instagram.com/explore/tags/%E6%9D%91%E4%B8%8A%E5%90%89%E6%96%87%E8%BF%BD%E6%82%BC/

Facebook
https://www.facebook.com/hashtag/村上吉文追悼


僕の写真を使いたかったら、使ってくださっても構いません。ただし、一緒に写っている方がいらっしゃったら、その肖像権にはご注意ください。許可を得られた方以外はぼかしなどをお願いします。

日本ではおそらく遺体は火葬しなければならないのだろうと思いますから、儀式としての葬式とは別に、遺体の処理という意味で火葬は行って欲しいです。遺骨は、できれば故郷高麗川の城山ボート場の辺りで散骨していただければ大変ありがたいですが、ここで散骨していいのかどうかはまだ調べていないので、この部分は後ほどアップデートしたいと思います。

香典は、もし僕が妻に先立たれていたら必要ありません。妻が生きていたらたくさんください😊 (とか言ったら妻に叱られるかもしれませんが)

僕は存在するとは思えない(少なくともエビデンスのない)死後の世界の自分の利益よりも現実の世界で苦しんでいる人の利益を100%優先します。また、それを他の人にも希望します。僕の戒名に何十万も払うなら、その金をNPOなどに寄付してください。

「弔いたい」というお気持ちの方がいらしたら、それは大変ありがたいと思います。ただそれは必ずしも特定の形式にあったものでなければならないものではなく、あくまでも本人の意思に沿ったものであるべきだと思っています。

僕の場合は、世界のいろいろなところに住んでいる僕の友人のみなさんが、ハッシュタグでつながってくれることが望みです。

そして冒険は続く。

【参考資料】
むらログ: 当ブログ管理人の葬儀について
http://mongolia.seesaa.net/article/88190261.html

【コメントはソーシャル・メディア上の記事別ページヘどうぞ!】
https://plus.google.com/+YoshifumiMURAKAMI/posts/ioq243nojcw
https://twitter.com/Midogonpapa/status/1071180746486820864
https://www.facebook.com/murakami.yoshifumi/posts/10217213872160882
https://adventurers-hideout.slack.com/archives/CB6K25MCY/p1544224396000200


【『冒険家メソッド』と電子書籍「むらログ」シリーズを購入して海外にルーツを持つ子どもたちを支援しよう!】
2014年以降のこのブログの内容はKindle本にもまとめられています。2018年中にこちらの本をご購入になると、その収益は全額が「海外にルーツを持つ子どもと若者のための日本語教育・学習支援事業」を実施しているNPO法人青少年自律援助センターに寄贈されます。ココ出版の『冒険家メソッド』は初版の本体価格の5%が同センターに寄贈されます。
https://amzn.to/2RiNThw




posted by 村上吉文 at 08:09 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加