2018年12月06日

僕の平常心の保ち方

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

本日が父の通夜で、明日が葬儀というメンタルをガリガリと削られる状況にあるのですが、瞑想の習慣があって本当に良かったと思っています。これがなかったら、うじうじとした自傷行為や、「八つ当たり」という他傷行為にもっと出てしまっているのではないかと思います。

瞑想というのはいろいろ種類がありますが、僕がやっているのは「マインドフルネス」という、宗教とかスピリチュアルな要素を取り除いたものです。僕は、あまり信心深い人間ではなく、どちらかと言えば唯物論に近いので、あまりそちらの方には興味がないのです。最初にマインドフルネスについて聞いたのはスピリチュアルな活動とは対極にあるようなGoogleが瞑想を行っているというハフィントンポストの記事を見たときのことだったと思いいます。(参照記事

マインドフルネスは、基本的にはゆっくり深呼吸をしながら、できればその呼吸だけに意識をして、雑念が出てきたら、その雑念を第三者的に観察するだけです。

ただ、何の準備もなく瞑想を始めると、やらなければいけないことを思い出し始めて、それをメモできないのがとても気になってしまい、気持ちよく瞑想することができません。

そのために、実はこれも瞑想の一緒なのですが「ジャーナリング」というものを最初に5分ほどやっています。

ジャーナリングは、頭に浮かんだことをただひたすら書き続けるというものです。これもスピリチュアル系とか宗教には全く関係ない瞑想の方法で、要するに自分の雑念に意識を集中するわけですね。

これをやっている間に、大体気になっていることが全て文字化されてしまうので、その後には特にメモしておかなければいけない雑多な仕事などはなく、客観的に自分の意識に注意を向けること(つまり瞑想すること)ができます。

ちなみに、ジャーナリングは、僕の知っている限り筆記用具やキーボードなどを使って行うのが普通のようですが、僕の場合は、皆さんご想像の通り音声入力でやっています。音声入力は、こうした雑念を次から次へと文字化して、しまっておくような心の整理には非常に向いていると思います。大体5分やると、もうそれ以上はあまり気になることが出てこなくなります。あくまでも僕の場合ですが。

そして、その後でいわゆる普通の瞑想に入ります。

先ほど申しましたように、僕の場合はただ深呼吸をして、その深呼吸に意識が集中できれば集中し、雑念が湧いてきてしまったときにはその雑念を第三者的に客観的に観察するというものです。ただし、客観的に観察しているつもりが、実は雑念に巻き込まれて思考のただ中にいることに気がつくこともよくあります。

もう一つ気になる事は、例えば5分などと決めておいて瞑想を始めても、その後、何分たったかは瞑想中にはわからないことです。そのため、最初アラームなどを使っていたのですが、あまり機械的な音のアラームだとどうも瞑想が終わったときの気持ちにぴったりこないので、最近、「3 Minute Mindfulness」という瞑想用のアプリを入れました。これはいろいろな種類の瞑想ができるようになっていますが、僕がやっているのは、equal breathingと言うものです。これは息を吸う時間と息を吐く時間を同じ長さで行います。最初は2秒ずつに設定されていますが、僕の場合は7.5秒吸って7.5秒吐くという長さに設定しています。

僕は基本的に朝型の人間なので、少なくとも毎朝こういうことがやっています。しかしそれ以外に、自分が肉体的にも精神的にも緊張していることに気がついたときには、1分程度の短い瞑想もしてます。どちらかと言えば、こうした緊張の中での瞑想の方が精神的なメリットが大きいかもしれません。

父の生涯については色々書きたいこともたくさんあるのですが、まだ何か形にできるような段階ではなく、ともかく平常心を保つのが精一杯ですので、今日はここまでといたします。

そして冒険は続く。

【参考資料】
What's It Like to Take Google's Mindfulness Training? | HuffPost :
https://www.huffingtonpost.com/mirabai-bush/whats-it-like-to-take-googles-mindfulness-training_b_5617853.html

3 Minute Mindfulness on the App Store
https://itunes.apple.com/us/app/3-minute-mindfulness/id982502810

Mindfulness in Plain English: 20th Anniversary Edition (English Edition) Kindle版
https://amzn.to/2BUxBp6

【コメントはソーシャル・メディア上の記事別ページヘどうぞ!】
https://plus.google.com/+YoshifumiMURAKAMI/posts/WbpvtNrRnE6
https://twitter.com/Midogonpapa/status/1070661310638043138
https://www.facebook.com/murakami.yoshifumi/posts/10217202853765429
https://adventurers-hideout.slack.com/messages/CB6K25MCY/


【『冒険家メソッド』と電子書籍「むらログ」シリーズを購入して海外にルーツを持つ子どもたちを支援しよう!】
2014年以降のこのブログの内容はKindle本にもまとめられています。2018年中にこちらの本をご購入になると、その収益は全額が「海外にルーツを持つ子どもと若者のための日本語教育・学習支援事業」を実施しているNPO法人青少年自律援助センターに寄贈されます。ココ出版の『冒険家メソッド』は初版の本体価格の5%が同センターに寄贈されます。
https://amzn.to/2RiNThw


posted by 村上吉文 at 21:43 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加