2018年12月02日

オンラインEdCamp第二弾のご報告

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス



冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さて、日本時間では昨日、オンラインEdCampの第二弾を行いました。ご参加くださった皆様ありがとうございました! ここではごく簡単に自分用の備忘録として書いておきます。

今回は28名の方がお申込みくださり、実際に23,4名の方がご来場くださったのではないかと思います。

主なトピックは以下のとおりです。

第1セッション
「【学習障害?】習ったことを覚えてくれない学習者。質問しても、グループで練習しても間違いばかり。同じレベルのクラス(初級)を何度も受講したがります」
「宿題をどのようにチェックするか。」
「「質問づくり」を取り入れた授業の進め方」
「休み時間に学生が話す日本語以外の言語について」

第2セッション
「AIと日本語教育が今後どのようにかかわっていくのか」
「週1回(60〜90分程度)の頻度の低いレッスンを効果的に進める方法」
「フォトロゲ」
「時間管理について」

第3セッション
「日本語教育におけるICT活用について」
「まるごと」
「働き方、待遇」

オンライン講演会などではライブ配信をすることが多いのですが、EdCampでは自分の悩みなどを解決する場として参加される方も多いので、不特定多数の人に見られてしまう形式は避け、録画もしていません。Zoomへのリンクは、登録されたメールへお送りしているので、少なくとも主催者がメールアドレスを知らない人は参加できないことになっています。

前回からの改善点としては、ツイッターの活用と、話し合いのメモの共有です。

【ツイッターの活用】
今回もお申し込みはGoogleフォームを使ったのですが、Googleフォームでは申し込みの入力作業後に「確認メッセージ」というのを出すことができます。今回はここで以下のようなメッセージを出してみました。
EdCampにお申込みありがとうございました。
もし Twitter のアカウントをお持ちでしたら、以下のリンクから公式ハッシュタグ「#EdCampJFT」付きでご投稿くださいませ。
https://twitter.com/hashtag/edcampjft?f=tweets&vertical=default&src=hash
オンラインでお会いできることを楽しみにしております!

実際に何人がこのメッセージからリンクを開いたかは分からないのですが、以下のように投稿してくださる方がいらっしゃったのは、とてもありがたかったです。








【話し合いのメモの共有】
一般的にEdCampではどんなことが話し合われたかを記録として残すのですが、前回は事後アンケートに含めてしまったので、実質的にほとんどデータが得られませんでした。そこで今回はEdCamp終了時に、皆さんに話し合われた内容を記録してくれるようにお願いしたのです。あまり多くはありませんが、いくつかのトピックではこちらで話し合われたことが記録されています。
https://goo.gl/ZYJmjc
これはすでにご存じの方も多いかと思いますが、Googleドキュメントの共同編集を使っています。上のリンクは編集できないリンクですが、編集できるリンクを共有すると、そこから入った人は自由にトピックの内容について書き込むことができます。


実はEdCampに一番参加したかった人間の一人は僕自身だと思うのですが、共同ホストに指定してもブレイクアウトルームの間を自由に移動できない人がときどきいらっしゃるので、主催者はメインルームに残って移動したい人を手動で希望先のブレークアウトルームに移動させる必要があります。そのため、僕自身はブレイクアウトルームに入ってみなさんの話し合いに参加することはできません。それで、 ほかのみなさんにもどんどんこうしたオンラインEdCampを開催してほしいと思っています。ですので、どれだけお役に立てるかはわかりませんが、司会者用のスクリプトと、参加者に見せたスライドも共有しておきます。

司会者用のスクリプトはこちらです。
https://docs.google.com/document/d/e/2PACX-1vS1d2piaMGGXXPzx9E3MI-BXGVLvk7S62NFLYL6JKCgkxLAshQYs8GAdYcQulXdR_wrseWqoUJOfkkW/pub
(ただし、見ながら話していたわけではないので実際にはまったくこの通りというわけではありません。)

そして参加者に見せたスライドはこちらです。
https://goo.gl/1m1q8a

必要な方がいらっしゃいましたら、このような資料を再利用していただき、僕も参加できるようなオンラインEdCampを開催していただければ大変ありがたいです(^^)

そして冒険は続く。

【参考資料】
#edCampJFT - Twitter検索
https://twitter.com/search?f=tweets&vertical=default&q=%23edCampJFT

オンラインEdCampまとめ - Togetter
https://togetter.com/li/1294188

トピック別メモ
https://goo.gl/ZYJmjc

司会者用のスクリプト
https://docs.google.com/document/d/e/2PACX-1vS1d2piaMGGXXPzx9E3MI-BXGVLvk7S62NFLYL6JKCgkxLAshQYs8GAdYcQulXdR_wrseWqoUJOfkkW/pub

参加者に見せたスライド
https://goo.gl/1m1q8a

むらログ: EdCampTokyoに参加してきました!
http://mongolia.seesaa.net/article/448875563.html

むらログ: オンラインでEdCampができる!
http://mongolia.seesaa.net/article/455466573.html

むらログ: オンラインEdCampをやってみた!
http://mongolia.seesaa.net/article/460492876.html


【コメントはソーシャル・メディア上の記事別ページヘどうぞ!】
https://adventurers-hideout.slack.com/archives/CB6K25MCY/p1543704248000400
https://www.facebook.com/murakami.yoshifumi/posts/10217167183273689
https://twitter.com/Midogonpapa/status/1068999718624215041
https://plus.google.com/+YoshifumiMURAKAMI/posts/ekddebTFe7T


【『冒険家メソッド』と電子書籍「むらログ」シリーズを購入して海外にルーツを持つ子どもたちを支援しよう!】
2014年以降のこのブログの内容はKindle本にもまとめられています。2018年中にこちらの本をご購入になると、その収益は全額が「海外にルーツを持つ子どもと若者のための日本語教育・学習支援事業」を実施しているNPO法人青少年自律援助センターに寄贈されます。ココ出版の『冒険家メソッド』は初版の本体価格の5%が同センターに寄贈されます。
https://amzn.to/2RiNThw
posted by 村上吉文 at 07:39 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加