2018年09月28日

書籍『冒険家メソッド』の5%をNPOに寄贈します

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


画像2018 (25).png

冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さて、ココ出版の吉峰社長と話をして、今回の新刊 『もう学校も先生もいらない!? SNSで外国語をマスターする《冒険家メソッド》 』 の初版の本体価格の5%を「海外にルーツを持つ子どもと若者のための日本語教育・学習支援事業」を実施しているNPO法人青少年自律援助センターに寄贈することにいたしました。

これまでも同NPO法人には「むらログ」 Kindle 版の収益の全額を寄贈してまいりましたが、今回の決定はそれに続くものです。前回は関係者の方に了解を得てから発表しましたが、今回は特に支障ないものと想定して、あらかじめ連絡はしておりません。また、この NPO 法人の日本語教育が特に冒険家メソッドに準じているということを示唆しているわけでもありません。

さて、こうした支援の背景には、もちろん近年の日本社会の変化があります。国際結婚も増えていますし、海外で僕が日本語を教えた学習者が日本の国内で職を得て子連れで移住しているような例もあります。

そして残念ながら、そうした子供達への日本語教育面での対応が充分にされているようには全く思えません。本来でしたらこうした日本語学習が必要な子供たちへの支援は政府が行うべきだと思うのですが 、国民の理解が進んでいないことと緊縮財政の影響で、近い将来に改善されるのかは極めて不透明です。僕は今、国際交流基金の仕事をしていますが、基金は国内の日本語教育の支援をすることは「国際交流基金法」という法律の規定上できないので、昼間の仕事を通して国内の子供たちへの支援をする方法も見つかりません。

そこで、 極めて微力ではありますが、今回の出版を通してそうした子供たちへの支援ができればと思っております。ソーシャルメディアを通した語学習得についてあまりご経験のない方にとっては、もちろんこの本の内容を通してもお役に立つことができると思いますが、それだけではなく、この本を購入することによって日本語教育を受けることを必要としていながらそのチャンスに恵まれない子供たちを支援することもできるのです。

この本を購入したいけど経済的な余裕がない方にとっては、お近くの図書館で購入リクエストを出したり、職場の資料として購入することもできるのではないかと思います。是非ともご協力をよろしくお願いいたします。

そして冒険は続く。

【参考資料】
もう学校も先生もいらない!? SNSで外国語をマスターする《冒険家メソッド》
https://amzn.to/2R7QoTK

【コメントはソーシャル・メディア上の記事別ページヘどうぞ!】
https://www.facebook.com/murakami.yoshifumi/posts/10216667473101247
https://adventurers-hideout.slack.com/archives/CB6K25MCY/p1538141904000100
https://twitter.com/Midogonpapa/status/1045669361594261505
https://plus.google.com/+YoshifumiMURAKAMI/posts/5zod23EpevK
https://kotonoha.online/members/murakami/activity/590/


【電子書籍「むらログ」シリーズを購入して海外にルーツを持つ子どもたちを支援しよう!】
2014年以降のこのブログの内容はKindle本にもまとめられています。2018年中にこちらの本をご購入になると、その収益は全額が「海外にルーツを持つ子どもと若者のための日本語教育・学習支援事業」を実施しているNPO法人青少年自律援助センターに寄贈されます。ココ出版の『冒険家メソッド』は初版の本体価格の5%が同センターに寄贈されます。
http://amzn.to/2mfh46q




posted by 村上吉文 at 22:32 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加