2018年09月05日

《冒険家メソッド》表紙とサブタイトルについて

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


画像2018 (17).png

冒険家の皆さん、今日も焚き火で羊の丸焼きを回転させながら、冒険家稼業の行く末について考え込んでいますか。

さて、おかげさまで10年ぶりの僕の単著『SNSで外国語をマスターする《冒険家メソッド》』のココ出版さんによる刊行が近づいてまいりまして、表紙もできあがりました。表紙や本文中のイラストはすべてイラストレーターの梶原由加利さんによるもので、梶原さんは『MP3付 表現を身につける初級タイ語』、『辞書なしで学べる入門 イタリア語の最初歩』、『ゼロから話せるドイツ語』、『表現を広げる中級へのタイ語』などの語学関連の書籍のイラストのご実績があります。

表紙の似顔絵については、僕自身はもう少しスレンダーな認識だったのですが、そんなことをいう人は一人もなく、Facebookやtwitterなどでは「似てる!」「本人より可愛い」などという感想をいただいております。

ところで、表紙を公開した結果、サブタイトルの「学校も先生もいらない!?」が初めて多くの人の目に止まり、ちょっと刺激的ですし、さっそくご意見などもいただいておりますので、今日は簡単に説明しておきたいと思います。

まず、強調しておきたいことは、これは「いらない!」ではなくて「いらない!?」という問題提起であるということと、この本の第1章から第3章までは教師向けではなく学習者向けに書いてあるという点です。

語学を教えていらっしゃる教師の皆さんも、ある程度スマートフォンやインターネットなどをお使いになっていれば、既に学校や先生に頼らずとも自律的に語学をマスターしてしまう人が多く存在していることはご存じの通りだと思います。僕自身も「冒険家インタビュー」としてそうした学習者の学習方法などを YouTube やこのブログで共有してきました。しかし、そうではないアナログな学習者の皆さんの中には、日本語に限らずどんな言語も学校に行って先生に習わなければマスターできないと思っている人たちも多くいらっしゃるのです。このサブタイトルは、その人たちに向けた「学校以外の選択肢もあるよ」というメッセージです。つまり、語学を教えている先生方に向けた「あなたの職業はもはや必要ではない」というメッセージではありません。 語学に限らず教師は非常に重要な職業で、これからも役割は劇的に変わりつつも、必要とされなくなるということはないでしょう。

しかし、上にも書きました通り、スマートフォンやインターネットなどで語学学習の風景は一変しました。この大きな変化を無視する先生がいるとすれば 、その人は実際に「いらない」と言われてしまう存在になってしまうのは避けられないと思います。

では、教師はどのように進化すればいいのでしょうか。それはこの本の第4章をまるまる全部つかって説明しています。第1章から第3章までは、このブログからの再構成が多いのですが、第4章はそのほとんどが書き下ろしです。お楽しみに!

そして冒険は続く。

【参考資料】
冒険家インタビュー - YouTube : https://www.youtube.com/playlist?list=PL8xNAgRaT_iSBuawM8nI5MJYsps0pCYwf

ココ出版
http://www.cocopb.com/COCO/home.html



【コメントはソーシャル・メディア上の記事別ページヘどうぞ!】
https://adventurers-hideout.slack.com/archives/CB6K25MCY/p1536112931000100
https://www.facebook.com/MurakamiTheAdventurer/posts/2158998181054655
https://twitter.com/Midogonpapa/status/1037159335401377792
https://plus.google.com/+YoshifumiMURAKAMI/posts/JnJ98K9b1fS
https://kotonoha.online/members/murakami/activity/537/

【電子書籍「むらログ」シリーズを購入して海外にルーツを持つ子どもたちを支援しよう!】
2014年以降のこのブログの内容はKindle本にもまとめられています。2018年中にこちらの本をご購入になると、その収益は全額が「海外にルーツを持つ子どもと若者のための日本語教育・学習支援事業」を実施しているNPO法人青少年自律援助センターに寄贈されます。電子書籍はスマートフォンのアプリでも読むことができます。
http://amzn.to/2mfh46q
posted by 村上吉文 at 10:58 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加