2007年06月27日

テンプレを利用した日本語教育

昨日あたりから「ソープへ行けと彼女が言った」という文章が注目を集めています。
http://anond.hatelabo.jp/20070625024626
今朝の時点で430人もがブックマークしています。(最初のブックマークが二日前)上記ページでもいろいろなコメントが着いていますが、これをアルファブロガーとして有名な小飼弾さんがテンプレ化しています。
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50859381.html
弾さんのページでも言われていますが、実はオチが分かっていなかったようで、それがまた注目される結果になっています。現在、77人がブックマーク中。

「テンプレ化」というのは、弾さん自身が「大傑作につきテンプレ化」と書いているとおり、評価されるべき対象に敬意を払いつつ、その構成だけを真似してまったく違う内容の文章にすることです。「テンプレート」が語源でしょうね。

で、他にもこのテンプレを利用した文章が発表されつつあります。
たとえば「トリンプを買えと彼女は言った」
http://anond.hatelabo.jp/20070626012058

こういった一連の流れというのは、もとは2ちゃんねる発祥だと思います。「吉野家」がいちばん有名でしょうか。
「吉野家」テンプレ
http://tenpuraomega.at.infoseek.co.jp/yoshiten/
このページを見ると、全部で2500以上の文章がまったく(もしくは、ほとんど)同じ構成で書かれているのが分かります。

こういうテンプレはいくつもあるのですが、個人的には『泣ける2ちゃんねる』にも載っている「○○って難しい」のテンプレを利用した、妻に先立たれた男が娘を育て上げる四編が大好きです。自分の妻は元気すぎですが、やっぱり娘がいるので。

「○○って難しいのガイドライン3」
http://that.2ch.net/gline/kako/1050/10509/1050981868.html
娘を育てるストーリーは、17-20に連続して投稿されています。娘のいる男性だったら涙無くしては読めません。(まあ、2ちゃんねるだからホントかどうか分かりませんけどね)

で、こういう遊びって、やっぱり日本語教育にも応用できるんじゃないかな、と思うわけです。たとえば、前にも紹介したことがありますが、こんな試みもあります。

「型から入る小論文指導」
http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/51.html

これは小論文ですから、米軍基地の是非と沖縄問題とか難しい内容ばかりですが、吉野家とか「○○って難しい」のテンプレだったら、もっと個人的なことを肩肘張らずに書くこともできます。

誤解されないように書いておくと、型にはめるのは文章構成だけで、内容は自由にする方がいいと思います。私は子供の頃「今日は母の日だからお母さんに感謝する作文を書きましょう!」なんていう授業を受けたことがありますが、こういうのはまさに「内容を型にはめる」授業ですよね。中には畠山鈴香みたいな母親だっているわけですから、誰もが母親に感謝するわけじゃないでしょう。

その点、こういったテンプレを授業に使うと、内容は書きたいように書かせることができます。つまり、思ってもいないことを先生に強制されて書かされるような心配をしないですむわけです。実際、ネット上のこうした文章でも、同じテンプレいろいろな内容のものが書かれています。「○○って難しい」も、確か最初は運転免許をとる話じゃなかったかな。

で、冒頭の「ソープへ行けと彼女は言った」に戻るのですが、現在進行中というか成長中のこういうテンプレを使って留学生に書かせてネットにアップすれば、かなり注目を浴びることになるだろうな、と思うのです。中には辛らつな反応もあるでしょうが、それでも日本語学習者にとって、クラスメートや教師以外からたくさんのフィードバックを得ることは大きな意味のあることなのではないかと思うのですよね。

6/29 追記
後日談もありました。
http://anond.hatelabo.jp/20070628003802
こっちのオチの方が、何というか最高におもしろかったぜ、兄弟。
posted by 村上吉文 at 04:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
こんにちは、先生。
今日始めて先生のログを読んだ。とても気に入った。今から毎日読もうと思っています。先生どんどん書いてくださいね。
Posted by ヒシグ at 2007年06月27日 16:41
ヒシグさん、こんにちは。来てくれてありがとう!

ヒシグさんのブログは、ときどき見ていましたよ。うちの大学のモンゴル人留学生も紹介しようと思っています。
Posted by 管理人 at 2007年06月28日 06:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック