2018年05月14日

GoogleフォトをAnkiの代わりに!

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


画像2018 (7).png

冒険家の皆さん、今日も若いパダワンに稽古をつけていますか。

さて今日は小さなライフハックのご紹介です。
第二言語を勉強する時に、新しい語彙を覚えたりするために使われるツールとして、Anki、Quizlet、Memriseなどがありますよね。これらは語学学習の定番としてよく知られています。

ただ、僕自身が最近よく使うのは、Googleフォトなんです。そう言うとよく驚かれるので、今日はそれについてちょっとご紹介をしたいと思います。これが役に立つのは、いわゆるCBLLと言われる、映画やアニメなどを通して外国語を勉強する人たちです。もちろん日本人で英語を勉強する人たちなどにもお役に立つでしょう。特にこうしたコンテンツを楽しみながら語彙などを増やしていきたいと思っていて、 Google のアカウントを持っている人が対象です。

僕は今カナダに住んでいるので、英語の勉強をしていますが、それほど切実に困っているというわけでもないので、あまり高い動機を維持することができません。そのため、テレビドラマを見ながら英語の語彙を増やすという方法をとっています。 僕は耳で聞くよりも目で見た方が覚えやすいタイプなので、英語の字幕を表示させながら知らない単語を記録していきます。記録するのはとても簡単で、僕の使っているクロームブックではコントロールキーと画面切替キーの二つを同時に押せば自動的にその時パソコンの画面に表示されている内容が画像ファイルとして保存されます。 Windows の場合は「Print Screen」と書いてあるボタンを押すとどこかに保存されるはずです。 もしパソコンでこうした映像作品が再生できない環境でしたら、 三脚の上にカメラを置いて、 DVD プレーヤーなどで再生してそれを全部写真に撮ってしまうという方法を以前にも紹介したことがあります。

そしてこれらの写真を全部 Google フォトにアップロードしてしまってから、その画像に含まれる字幕の意味を「説明」の部分にメモしておきます。この作業は多分パソコンでしてしまった方が早いでしょう。

ただこれを復習するときは、実はスマートフォンのGoogleフォトのアプリを使うほうが便利です。僕の場合は iPhoneで、Androidの方ではまだ試していません。

何が便利なのかと言うと、 これだけで簡単なフラッシュカードとして使うことができることです。 ドラマの画面のキャプチャーなので、文字だけでなく、誰が誰に対してどのような場所で話しているかという情報がその画像から分かります。つまり文脈が豊かなわけですね。

そして Google フォトを使うととても便利である点がもう一つあります。その画面だけで意味が思い出せればもうすぐに次の画像に写ってしまっていいと思うのですが、 思い出せない場合はその画像を指で上の方にずらすと、下から説明の部分がせり上がってきて、そこに書いてあるその表現の意味を確認することができるのです。これは実際にやってみるととても便利です。言葉で説明してもうまくイメージできないかもしれませんので、録画をしてみました。こちらをご覧ください。


AnkiやQuizletやMemriseでも画像を入れることができますが、フラッシュカードに一枚一枚画像を挿入していくのはとても面倒です。 しかし写真共有サービスを使うと、元々写真を見るのが中心のアプリなので、大量の画像を一気にアップロードすることができて、この辺りはとても簡単です。

ただこの方法には欠点がひとつあります。それは、画像を見ないで覚えたい単語だけを見るという学習方法ができないということです。画像に挿入されている字幕を見てからその意味を思い出す練習はできますが、 それ以外ができないのです。 Ankiなどのフラッシュカードのアプリでは学習言語を見てから自分の母語の翻訳を見ることもできますし、その逆に自分の母語を見てから学習言語でなんと言うかを思い出すという練習もできます。しかし Google フォトの場合は画像を見てからその説明を見るという方法しかできないのです。

とはいえ、こうした限界を理解した上で使うのだったら、 Google フォトはCBLL(内容重視の語学学習)において強力なツールになってくれるのではないかと思います。 映画やドラマなどで外国語を勉強する人にはオススメですよ。そしてもちろん、自律学習などで特定のコンテンツを通して勉強する人を支援する先生にも知っておいて損のない方法だと思います。

そして冒険は続く。

【参考資料】
むらログ: シナリオが手に入らなかったら、DVDの字幕を撮影しよう!
http://mongolia.seesaa.net/article/428842862.html

むらログ: CBLLのハック2つ
http://mongolia.seesaa.net/article/456661252.html

むらログ: 独習者の3つのタイプ 「アニメ型」
http://mongolia.seesaa.net/article/453831491.html

むらログ: セミナー「アニメを使った日本語教育」のご報告
http://mongolia.seesaa.net/article/111498445.html

【コメントはソーシャル・メディア上の記事別ページヘどうぞ!】
https://www.facebook.com/MurakamiTheAdventurer/posts/2064376967183444
https://twitter.com/Midogonpapa/status/996010635937759232
https://plus.google.com/+YoshifumiMURAKAMI/posts/iUtEQ8Fvj6b

【電子書籍「むらログ」シリーズを購入して外国にルーツを持つ子どもたちを支援しよう!】
2014年以降のこのブログの内容はKindle本にもまとめられています。2018年中にこちらの本をご購入になると、その収益は全額が「外国にルーツを持つ子どもと若者のための日本語教育・学習支援事業」を実施しているNPO法人青少年自律援助センターに寄贈されます。電子書籍はスマートフォンのアプリでも読むことができます。
http://amzn.to/2mfh46q
posted by 村上吉文 at 21:45 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加