2018年05月06日

ネトウヨをみんなでブロック!

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


画像2018 (5).png

冒険家の皆さん、今日もエネルギー・シールドで帝国のレーザー・キャノンを防いでいますか。

さて、エネルギー・シールドはソーシャルメディア上では使えないので、日本語学習者にツイッターなどを使ってもらう場合、やはり気になってしまうのがネトウヨと言われている外国人に対して攻撃的な方向性を持つストームトルーパーのようなユーザーです。以前、こうした問題を避けるために「Twitter Block Chain」という自動的に大量のブロックをするChrome ブラウザの拡張機能をご紹介しましたが、残念なことにどうも現在は機能していないようです。 それで代わりになるものを探してみたのですが、なかなか面白いものを見つけました。それがこの「Block Together」というものです。

これは簡単に言うと、 ブロックしたリストを共有するサービスです。例えば僕のブロックリストを皆さんが共有すると、僕がブロックした Twitter のアカウントを皆さんも自動的にブロックすることができます。皆さんがしなければいけないのはこのBlock Togetherで僕のブロックリストを登録するだけです。そうすると僕が既にブロックした人を皆さんも自動的にブロックすることができますし、僕が新たに誰かをブロックすると、皆さんもそのアカウントを自動的にブロックすることになります。ただし、そのアカウントが既にみなさんの友達になっていれば、ブロックしないで友達のままでいることができます。 皆さんも自分のブロックリストを共有することができますが、共有したくなければプライベートのままにしておくこともできます。

僕は昨年の秋ぐらいから半年ほどかけて、 このBlock Togetherとは別の、冒頭に触れた「Twitter Block Chain」というChromeの拡張機能を使って、党首自身が「朝鮮人は殺せ」と街頭演説をしている政党や、「そうだ難民になろう」というイラストでネトウヨに支持されているイラストレーターなどの排外主義的なアカウントのフォロワーを中心に自動的にブロックしてきました。その結果、現在の僕のブロックリストは13万人ほどになっています。 たまに僕がブロックしていないネトウヨのアカウントを見かけると、そのフォロワーのリストのほとんどがすでに僕がブロックしているアカウントになっています。 日本語で積極的に活動しているネトウヨの「全員」とは言いませんが少なくとも半数以上、おそらく8割程度はブロックできているのではないかと思います。 (ネトウヨの他に、明らかに他害性のあるメンタルな障害を抱えているように思われる人などもブロックしています)

もし皆さんご自身や、皆さんの学生さんが僕のブロックリストを共有したい場合は、以下の要領でとても簡単に済ませることができます。

まずはBlock Togetherのウェブサイトに行きます。
https://blocktogether.org/

初めて使う場合は 「sign up using Twitter」をクリックします。 確か Twitter から「Block Togetherを承認しますか」というような質問をされますから、「はい」もしくは「承認」などのボタンを押してください。

その後で僕のブロックリストのページをひらいてください。 URLは以下の通りです。
https://blocktogether.org/show-blocks/BOiiLoGURRN4tWEa64rjxqy5Octv1WhVvqEQYkM7

ここで「Block All and Subscribe」をクリックしてください。

必要なのはこれだけです。とても簡単ですよね。 繰り返しますが、この中に皆さんの友達が入っていても、その場合はその友達をブロックすることにはなりません。また、後から友だちになりたい人がいたら、そのときに手動でブロックを解除することもできます。

また、僕がブロックするアカウントをこれ以上ブロックしたくないときは、以下のページで僕のアカウント(midogonpapa)の右にある「×」のマークをクリックすればいいです。
https://blocktogether.org/subscriptions

ただ、皆さんのフォロワーの中で皆さんがフォローバックしていない人たちは、これによってブロックされてしまいます。ですので緊急事態の最中にいるわけでなければ、あらかじめフォロワーのみなさんに向けて「〜日後にブロックトゥギャザーを使うので、間違えてブロックされたくない人はコメントをください」などと周知しておくと良いでしょう。もしフォロワーの数がそれほど多くない場合は、皆さんのフォロワーのリストを保存しておいて、 Block Together を使った後に、そのリストの中にブロックしてしまった人がいないかをチェックすることもできます。

さて、これとは別にもう一つ便利なツールがあります。それは「Twitter One Click Block」というものです。 Chromeブラウザの拡張機能ですが、もちろんブロックした結果はChrome以外のアプリなどでも有効になります。

誰かをブロックするときは、普通は相手のプロフィールページを開いてからでないとできませんよね。ところがこの Twitter One Click Block というツールを使うと、どのようなページでもアカウント名の右側に 禁止マークのような円と斜線のアイコンが表示され、それをクリックするだけでそのユーザーをブロックすることができます。特定のアカウントのフォロワーの一覧などでも同じようにこの禁止マークが表示されます。例えば上で示したような、「朝鮮人は殺せ」と公言している政党のアカウントのフォロワーのタブを開き、片っ端から禁止マークをクリックしていけば、それらを全て手動でブロックすることができます。 また彼らの好む「チャンコロ」「特亜」「嫌韓」「嫌中」などのキーワードで検索した結果の一覧でも同じように一つずつ禁止マークを押していってクリックすることができます。相手のプロフィールページを開いてからブロックするよりはかなり効率的に作業を進めることができます。

もちろんこうしたアカウントは何万とあるので、一人一人がやっていたらきりがありませんが、「Block Together」 でそのブロックリストを共有すれば、比較的簡単に日本語学習者に対して有害なネトウヨたちの影響力を極めて迅速に排除していくことができるのではないかと思います。日本語教育関係者の皆さん、どうでしょう。一緒に共有してみませんか?

そして冒険は続く。

【参考資料】
むらログ: ネトウヨを大量に自動ブロックするには
http://mongolia.seesaa.net/article/455158773.html

Block Together
https://blocktogether.org/

Twitter One Click Block
https://chrome.google.com/webstore/detail/twitter-one-click-block/cpkbcemgamhinbingpodkfnpnofkloae

【コメントはソーシャル・メディア上の記事別ページヘどうぞ!】
https://www.facebook.com/MurakamiTheAdventurer/posts/2060294397591701
https://twitter.com/Midogonpapa/status/992904227352559616
https://plus.google.com/+YoshifumiMURAKAMI/posts/VhS7TxAz4z7

【電子書籍「むらログ」シリーズを購入して外国にルーツを持つ子どもたちを支援しよう!】
2014年以降のこのブログの内容はKindle本にもまとめられています。2018年中にこちらの本をご購入になると、その収益は全額が「外国にルーツを持つ子どもと若者のための日本語教育・学習支援事業」を実施しているNPO法人青少年自律援助センターに寄贈されます。電子書籍はスマートフォンのアプリでも読むことができます。
http://amzn.to/2mfh46q

posted by 村上吉文 at 07:47 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加