2018年04月23日

職場や教室に精神障害者がいたら?

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


画像2018 (1).png

冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さて、Facebookのタイムラインで「平成30年4月から精神障害者の雇用義務化です」という記事が流れてきて、僕も知らなかったので少し驚きました。例によってツイッターでアンケートを取ってみたところ、87%の人が「知らなかった」と答えていたので、やはりあまり周知されていないのかもしれません。ただ、それでちょっと思い出したことがあります。

もう何年も前のことですが、非常勤の先生がメールで学習者の一人のことを「社会性に関する障害があるのではないか」と指摘したことがありました。その時、僕は「そのようなことを軽々しくメールに書くべきではない」と注意してしまったのですが、実はその先生にはまさにそういった社会性の障害を抱えているお子さんがいらしたのです。それを知ってからそのメールを読み返してみると、実は全く差別的なニュアンスはなく、むしろそうした障害を抱えている人に対する配慮を示すためにそうした用語を使っていたのに過ぎないことが分かりました。障害を抱えているかもしれないから特別なサポートが必要なのではないのかという提案に過ぎなかったのです。しかし、その時の僕には、確たる証拠もなく憶測をもとに人を精神障害者だと表現すること自体が差別に当たると思えたのです。

でもよく考えてみると、それってちょっと変ですよね。聴覚障害者や視覚障害者、あるいは歩行に困難を感じていらっしゃる方などに対して「あの人は障害をお持ちのようだからサポートが必要ではないか」と提案することが差別的に聞こえてしまうリスクはほとんどないのではないかと思います。しかし、これがメンタルの面での問題になると、とたんに差別的に聞こえてしまうような気がしませんか。これは逆に言うと、僕自身を含め、そう感じる人の中に、そうした障害を抱えていらっしゃる人たちに対する偏見があるからなのではないかと思います。自分では差別的だとは全く思っていなかったのですが、後から振り返ってみると、別世界の何かアンタッチャブルな存在だと思っていたのでしょう。そうした感情を持っていたからこそ、そのような障害を抱えているという推測を軽々しくメールに書くべきではないなどと思ってしまったのではないかと思います。もちろん、そこに悪意はありませんでしたが、偏見があったのは否定できないでしょう。

そうした社会性の障害を抱えていらっしゃる人との付き合いは、たしかにいろいろと難しいところがあります。我慢しなければならないこともあります。辛辣に批判されたら自分に非があったのではないかと悩んでしまう人もいるでしょう。しかしそれは、例えば日本語の分からない人のために通訳をつけるとか、車椅子の人のためにスロープをつけるとか、そうした平均的ではない人と共存するために必要な配慮と基本的には変わらないのではないでしょうか。また、実際にこちらに非があった場合には、他の人では指摘してくれないようなことを教えてくれる存在は、むしろ、ありがたいときもあります。そういう意味でも社会に多様性は必要ですし、今月から日本でも精神障害者の雇用が義務化されたことは前向きな変化ではないかと思います。

実をいうと、そうしたメンタルな障害を抱えていらっしゃる人を、そうでない人が中心になって構成されている社会が、どのように受け入れてどのように共存していくべきなのかは僕自身もよく分かりません。しかし、そういった人たちが実際に存在していて、特別な支援を必要としていることを考えると、自分では言い出せなくても(あるいは自分ではそういった障害を抱えているという自覚すらなくても)、周りの人がその人に対してそういった問題を抱えているのではないかと配慮することは必要なのではないかと思います。そして、そのためにはメンタルな障害を抱えている人たちは特にアンタッチャブルな存在ではないことを認識し、その人たちが僕たちの共同体の中に一定の割合で存在するという前提の上で、職場でどのように対応すべきなのか、あるいは、一緒にどのような環境を作っていくのかを考えていく必要があるのではないかと思うのです。

そして冒険は続く。

【参考資料】
障害者雇用義務の対象に精神障害者が加わりました |厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000192051.html

平成30年4月から精神障害者の雇用義務化です | iCARE
https://www.icare.jpn.com/blog/20180111

精神障害者の採用、売り手市場に 雇用義務化前に動く|出世ナビ|NIKKEI STYLE
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO25455460Z00C18A1EAC000




【コメントはソーシャル・メディア上の記事別ページヘどうぞ!】
https://www.facebook.com/murakami.yoshifumi/posts/10215417208365410
https://plus.google.com/u/0/+YoshifumiMURAKAMI/posts/QtvteFeTYyo
https://twitter.com/Midogonpapa/status/988081746473172992

【電子書籍「むらログ」シリーズを購入して外国にルーツを持つ子どもたちを支援しよう!】
2014年以降のこのブログの内容はKindle本にもまとめられています。2018年中にこちらの本をご購入になると、その収益は全額が「外国にルーツを持つ子どもと若者のための日本語教育・学習支援事業」を実施しているNPO法人青少年自律援助センターに寄贈されます。電子書籍はスマートフォンのアプリでも読むことができます。
http://amzn.to/2mfh46q
posted by 村上吉文 at 00:28 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加