2018年03月28日

個人の日本語教師は3万人?

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


画像2018 (19).png

冒険家の皆さん、今日も敵対勢力に追われて絶壁から谷底の川に落ちて助かったと思ったら少しずつ滝に近づいていて焦っていますか?

さて、もうずいぶん前になるのですが、今年の2月18日から一週間にわたって、Twitter で日本語教師を対象に「学校で教えているのか、あるいは個人で教えているのか」というアンケートを行ったことがあります。ご回答くださった皆様、ありがとうございました。

この時のアンケートでは、個人で教えている人が16%k、個人でも学校でも教えているという人が18%いて、残りの66%が教育機関のみで教えているとのことでした。全部で198名の方が回答してくれましたが、100名を超えたあたりからこのパーセンテージの変化はほとんどなかったので、サンプルの数はこれで十分なのではないかと思っています。




16+18は34ですからTwitter ユーザーの日本語教師のうちの34%が個人でも教えていると考えていいと思います。ほぼ3分の1ですね。教育機関で日本語を教えている人は66%+18%ですからTwitter ユーザーの日本語教師の84%にあたります。つまり84人の日本語学校の先生がいるとすると、個人でも教えている日本語の先生は34人いるということになります。この34人の中には学校と個人の両方で教えている先生も含まれています。84人と34人ですから、学校で教えている先生の数の半分より少し少ないぐらいの先生が個人でも教えているということになります。パーセンテージで言えば34÷84=0.4047ですから100人の日本語学校の先生がいるとすると、40人ちょっとの個人の先生もいるということができます。


【世界に何人の個人の日本語教師がいるのか】
ここから先は仮定ですが、もしTwitter を使っている日本語教師の中の個人で教えている人の割合がTwitter を使っていない日本語教師と特に変わらないとしたら、個人で教えている日本語教師の数が大体想定できます。

国際交流基金の2015年度の海外日本語教育機関調査によると、海外で日本語を教えている先生の数は64,108人です。同じ年の文化庁の調査では、日本の国内の日本語教師の数は36,168人となっています。合わせて100,276人です。この数字には21,718人のボランティアの先生も含まれていますので、それを除外すると78,558人になります。

この数字に、先ほどの学校で教えている先生の数と、個人で教えている先生の数の比である0.4047をかけると、31,737になります。つまり全世界で仕事として日本語を個人で教えている人の数は3万人ほどと考えることができます。

【限界と課題】
これは上にも書いたように Twitter 内でのアンケートを基にしています。もし Twitter ユーザーは普通の人よりも個人で日本語を教えるのが好きではないという傾向があるのなら、3万人よりももっと多い個人の日本語の先生がいる可能性もあります。逆に Twitter のユーザーは普通の人よりも個人で日本語を教えるのが好きである傾向が強ければ、もうちょっと少ない数になるかもしれません。ただ実際にはどちらの傾向が強いのかは現時点では分かりません。

また、個人の日本語の先生を対象に一人あたり何人の学習者に教えているかの調査をすれば、この数字を基に世界で何人のプライベートレッスンによる学習者がいるかを想定することもできます。こちらの方はGoogle フォームなどを使ってソーシャルメディアで呼びかければ、それほど難しい調査ではないかもしれません。時間があったら僕の方でもやってみたいと思います。

また、日本語教師養成講座のみなさんにとっても、もしかしたら大きなニーズかもしれないですよね。



【素朴な疑問】
このぐらいの基本的な調査はすでにどこかで行われているのではないかと思うのですが、ざっと探してみたところ見つけることができませんでした。もしご存じの方がいらっしゃいましたらぜひコメント欄で教えてくださいませ。

そして冒険は続く。

【参考資料】
村上によるオンラインアンケート
https://twitter.com/Midogonpapa/status/965444918670839808

むらログ: 国内の日本語学校は日本語教育界の中心なのか
http://mongolia.seesaa.net/article/457001824.html

国際交流基金日本語教育機関調査2015年
https://www.jpf.go.jp/j/project/japanese/survey/result/dl/survey_2015/spreadsheet.pdf

平成 27 年度日本語教育実態調査
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/__icsFiles/afieldfile/2017/08/17/2016072801.pdf

【コメントはソーシャル・メディア上の記事別ページヘどうぞ!】
https://www.facebook.com/MurakamiTheAdventurer/posts/2040625976225210
https://twitter.com/Midogonpapa/status/978966265623584769
https://plus.google.com/+YoshifumiMURAKAMI/posts/adiUBVcxCWu

【電子書籍「むらログ」シリーズを購入して外国にルーツを持つ子どもたちを支援しよう!】
2014年以降のこのブログの内容はKindle本にもまとめられています。2018年中にこちらの本をご購入になると、その収益は全額が「外国にルーツを持つ子どもと若者のための日本語教育・学習支援事業」を実施しているNPO法人青少年自律援助センターに寄贈されます。電子書籍はスマートフォンのアプリでも読むことができます。
http://amzn.to/2mfh46q
posted by 村上吉文 at 20:30 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加