2018年02月26日

第7回 #日本語教師チャット「私が受けたい研修」ご報告

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


画像2018 (1).png

冒険家の皆さん、今日も岩に突き立った聖剣が引き抜けなくて困っていますか?

さて、カナダ時間で昨日の2月24日午前5時から、第7回の日本語教師チャットを行いました。参加してくださった皆様、ありがとうございます。今回は自己紹介してくださった方だけでも45名もあり、もしかしたら、今までの中で1番参加者が多かったかもしれません。それだけ、今回の「私が受けたい研修」というトピックにニーズがあるのだということかもしれませんね。今回も、いつも通り4択でトピックを皆さんに選んでいただき、その中の第1位になったのが今回のテーマ「私が受けたい研修」だったのです。投票者83名のうち、半数近い47%の方がこのトピックを選びました。

さて、今回は僕にとっても1つの挑戦がありました。それは、最初にブレインストーミングで大量のアイデアを出してもらい、後半で皆さんのあげたアイデアの中から最も望ましいものを選んでもらうという、一緒の「構造」を作ったということです。ただし、後半で大量のアイデアの中から選ぶ際にも、やはりブレインストーミングで自分が出したアイデアを選ぶ人が多く、こうした構造がどれぐらい役にたつのかは今回の結果ではよくわかりませんでした。

ちなみに参加者の居住国は日本の他にベトナム、イタリア、インド、アメリカ、カナダ、フィリピン、オーストラリア、ドイツ、オランダと少なくとも10カ国にのぼっています。ちょっとした国際会議ですね(^^)

ブレインストームの部分は非常に多岐に渡りますので、参考資料のところにあるtogetterのまとめをご覧ください。ここではアイデアを収束する後半の部分に挙げられた意見を羅列してみたいと思います。

【私が受けたい研修の内容】
まず内容についてですが、以下のようなものがブレストの後に1つだけ選んだ結果として挙げられました。

自律学習(7名)
ファシリテーション(3名)
発達障害(ADHD,ASD) (2名)
学び合える研修の運営方法
カリキュラム作成
教師としての心構え
心理学
ゲーミフィケーション
キュレーション
ICT関連
学習促進環境
ろう教育
第二言語習得
学習者オートノミー
発話の促し方、質問の仕方
教室運営
(ネットで配信されるものを希望)

【私が受けたい研修の講師】
今回の日本語教師チャットでは、受けたい研修の内容だけでなく講師についても皆さんからお話を伺いました。これもブレインストームの部分は多岐にわたりますが、ブレインストームの後に「1人だけ選んでください」とお願いしたところ、以下のような意見をいただくことができました。敬称略で失礼いたします。名前だけリストアップすると以下のようになります。

平田オリザ(4名)
中原淳(3名)
青木直子(2名)
白井恭弘(2名)
益岡隆志
新井紀子
佐々木倫子
斉藤道雄
細川英雄
中野民生
ももクロ
村上
TOEIC講師の方々
iTeacherの方々
自律学習を専門に研究している人
むらログのインタビューに登場した学習者
N1/N2保持者の非ネイティブ講師

4番目の質問で、「内容」についてアイデアを収束してもらった時には演劇関係のものはひとつも選ばれなかったのに(確かに2番目の質問で内容についてのブレインストーミングをした時にはたくさんあがりましたが)、「講師」として話を聞きたい人を聞いた5番目の質問では、演劇関係がご専門の平田オリザさんをあげた人が4名もいらっしゃったというのは非常に興味深いですね。

また、日本語教育関係者以外の方が多く挙げられていることから、皆さんの関心の範囲の広さがよくわかりますね。

【次回のお知らせ】
次回は3月24日の日本時間午後9時から行います。トピックについてはただいま募集中ですので、Twitter で「#日本語教師チャット」というハッシュタグをつけてご提案ください。僕あてにダイレクトメッセージを送ってくださっても結構です。次回も多くの皆様方のご参加をお待ちしております!

そして冒険は続く。

【参考資料】
第7回 #日本語教師チャット 「私が受けたい研修」 - Togetter
https://togetter.com/li/1203190

#日本語教師チャット
https://sites.google.com/view/jt-chat/

【コメントはソーシャル・メディア上の記事別ページヘどうぞ!】
https://www.facebook.com/MurakamiTheAdventurer/posts/2024769494477525
https://twitter.com/Midogonpapa/status/967968611062067201
https://plus.google.com/+YoshifumiMURAKAMI/posts/U8eh9BNKqZy

【電子書籍「むらログ」シリーズを購入して外国にルーツを持つ子どもたちを支援しよう!】
2014年以降のこのブログの内容はKindle本にもまとめられています。2018年中にこちらの本をご購入になると、その収益は全額が「外国にルーツを持つ子どもと若者のための日本語教育・学習支援事業」を実施しているNPO法人青少年自律援助センターに寄贈されます。電子書籍はスマートフォンのアプリでも読むことができます。
http://amzn.to/2mfh46q





posted by 村上吉文 at 12:34 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加