2007年06月06日

手抜き日本語教師の半自動・語彙表作成方法

(2008年3月追記:この記事で紹介しているツールのアップデート版がhttp://mongolia.seesaa.net/article/87797007.htmlにあります)

なんか、語彙表を作るときに、フリガナとか中国語訳とか韓国語訳とか英語訳とか、いまだに辞書を引きながら手で入力している人がいるみたいですね。というか、あなたマゾ?

マゾでなくて、手を抜きたい人には、こんな語彙表を簡単に作る方法をご紹介します。


フリガナと英訳、漢訳、韓国語訳が二分ぐらいでできます。
まず最初に、教科書などを見ながらパソコンに入力するときは、ワードやエディタでなく、エクセルを使うといいです。基本的に、私は語彙リストのような「表」は全部エクセルで作っています。枠組みなんかも簡単ですからね。

まず、上の写真の「B3」セルから下に、どんどん入力していきます。そうすると、フリガナはその右側の欄に、どんどん自動で表示されていきます。なぜかというと、「=phonetic(B3)」という呪文が「C3」セル以下に隠されていたからです。そういうテンプレートを最初から作っておけば、語彙リストなんてすぐにできます。

次に、自動翻訳サービスを利用します。まあ、だいたいどこでも同じだと思いますが、ここではyahooのものを使ってみましょう。ここで気をつけなくてはならないことは一つ。それぞれの語彙の後ろに句点をつけるということです。

なぜそれが必要かというのは、上の語彙表をそのまま翻訳させてみるとすぐに分かります。上の写真にある語彙は以下のものですが
教育
米国
驚く
少なさ
競争
機会
理由
紹介
厳しい
残る
講義
会場
これを翻訳させるとこんな風になってしまうのです。
The lecture meeting place which win through where a reason introduction is severe at the fewness competition opportunity when education U.S.A. is surprised

単語リストなのに、その区切りが分からずに一文だと誤解してしまうのが原因な訳ですね。これを防ぐには、もちろん句点を挿入するだけで解決できます。やり方としては、このリストを以下のように「H」の列に貼り付けます。右隣には、すでに「。」が入っています。というか、私の場合はコピーも面倒くさいので、「B3」以下の日本語の欄にデータを入力すると、同じ内容が自動的に「H」の列に表示されるように、テンプレートで始めから設定してあります。

で、図の「H3」セルから「I14」セルまで(つまり、単語リストと句点の二列)をコピーします。
コピー内容
教育 。
米国 。
驚く 。
少なさ 。
競争 。
機会 。
理由 。
紹介 。
厳しい 。
残る 。
講義 。
会場 。

これを、先ほどの自動翻訳サービスに流し込めばいいわけですね。
流し込んだら、「日→英」というラジオボタンをクリックした後、「翻訳」ボタンを押します。それで、こんな結果が得られます。今度は句点によって区切りがつけられていますから、リストとして問題ありませんよね。

そして、画面右側の英訳結果の部分をすべてコピーし(Ctrlキーを押しながらAとCを順番に押すだけ)、エクセルに戻って「D3」以下の「英語」の部分にペーストすれば、英訳はできあがりです。

このとき、「タブが含まれている」という技術的な事情によって、右側の列は上書きされますので、左から順に、英語、中国語、韓国語と翻訳すればいいでしょう。

中国語の翻訳は、先ほどのサイトに戻って、「日→中」ボタン、「翻訳」ボタンという2クリックだけでできます。韓国語も同じ。これだけで、冒頭にご紹介した語彙リストが完成してしまうんです。いい時代になったもんですねー。

ということで、手抜き日本語教師の語彙リスト作成方法をご紹介しました。

最初のフリガナを振る機能のところで、ちょっと抵抗を感じる人がいるかもしれませんから、テンプレートとしてダウンロードできるようにしておきますね。
手抜き教師用エクセルテンプレート(語彙リスト作成)
本当に簡単なもので、自慢できるようなものではまったくないのですが、慣れていない人には役に立つと思います。

posted by 村上吉文 at 04:04 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日本語hacks! | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
翻訳サイトで訳語を出すのは、ちょっと心配だと思って、韓国サイトのオンライン辞書を使っていたのですが、時間的に「こ、この作業に費やした時間って・・・」ということがあまりに多く四苦八苦していました。みどごんパパさんの方法を使って(本当に速いですね、ありがとうございます(涙))心配な語句だけ、辞書を見ればいいですね。
Posted by イコ at 2007年06月18日 11:20
おおおおお。
今までの苦労が・・・。
と言っても、同僚の先生に翻訳を丸投げしてたんですが(笑)
翻訳サイトの信用性があまり高いとは言えませんが、単語(名詞レベル)くらいなら翻訳サイトの訳もまあまあいけそうですね☆
これで作ってから、同僚の先生にチェックを頼むことにします!!
ああ、もう3週間早く知っていれば・・・。
ありがとうございます!!
Posted by みっちー at 2007年06月19日 22:57
イコさん、みっちー、こんにちは。
コメント欄、見てませんでした。ごめんごめん。

みっちーのパソコンは直ったんだっけ?
Posted by 管理人 at 2007年06月22日 06:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック