月刊日本語からいらした方はこちらへ!

2016年01月25日

「海外日本語教育研究」創刊号!

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


冒険家の皆さん、今日も若き日の冒険の回想記の執筆にいそしんでいますか?

さて、またまた今さら感が満載の記事で申し訳ないのですが、5年ほど前から年4回の定例研究会を中心に活動していた海外日本語教育学会がついに創刊号を刊行しました。この学会はオンラインでも研究会をライブ中継していたので、既にご存じの方も多いかと思います。実は僕も世話人の1人なのですが、2015年中に創刊号発行という目標を大晦日に実現させた吉田編集長をはじめ、編集委員の皆さんの努力に改めて敬意を表したいと思います。

さて、創刊号の目次は以下のようになっております。

目 次

創刊にあたって(編集部)

【創刊特集】
海外日本語教育研究の課題
佐久間 勝彦

これまでの海外日本語教育学会研究会内容一覧(2011-2015)

【投稿論文】
いわゆる“実益”に結びつきにくい日本語学習の意味
‐グアテマラの学習者にPAC分析を用いて‐
新井 克之

SNSを利用した追跡調査の試み
‐23年前のモンゴル人学習者に見られる日本語学習効果‐
村上 吉文

学習者の身近な事物を取り入れた授業
‐海外で日本語を教えた経験のある教師対象の調査から‐
高嶋 幸太

【ディスカッション】
一般の人が向き合う海外日本語教育と日本語教師の役割
近藤 正憲

編集後記

これから投稿を検討される方は、巻頭論文の「2.期待される研究の具体例」が参考になるでしょう。

僕の投稿に関しては「趣味そのままじゃねーか」とかいうツッコミを各方面からいただいていますが、昔の教え子と20年ぶりに連絡できたりするのって楽しくないんですかねえ。

さて、いつも研究会をライブ中継している通り、この創刊号も以下から無料でダウンロードできます。
http://kg-nk.jimdo.com/学会誌/創刊号-2015-12/

研究会の動画は以前はUstreamで公開していたのですが、無料版では30日で削除されるようになってしまったので、現在はYouTubeに移動してあります。Ustream時代の動画も保存してありますが、未整理のため(タイトルなどが失われてしまっています)、まだ公開状態にできていない録画もあります。
https://www.youtube.com/channel/UCakeZZGhvUkfcd8goiaugvA

Facebookページは以下にあります。
https://www.facebook.com/KaigaiNihongoKyouikuGakkai
現在、1100人を超える方から「いいね!」をいただいております。

そして冒険は続く。

【コメントはソーシャル・メディア上の記事別ページヘどうぞ!】
https://plus.google.com/+YoshifumiMURAKAMI/posts/Bu4NYcRycYh
https://twitter.com/Midogonpapa/status/691514466266169344
https://www.facebook.com/murakami.yoshifumi/posts/10208014765388962
posted by 村上吉文 at 15:50 | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのトラックバック