2007年05月12日

本ブログのアクセス解析結果

ブログを開設していらっしゃる方には、グーグルのアナリティックスがスゴイとご紹介しておきます。無料アクセス解析ツールなんですが、かなり細かいことまで分かりますよ。それで、今日は先月のアクセス上位の記事をご紹介しておきます。

四月のアクセスbest10
1.EII卒業生のみなさんへ
http://mongolia.seesaa.net/article/38116304.html
2.EII倒産
http://mongolia.seesaa.net/article/35907458.html
3.外国人技術研修制度と日本語教育
http://mongolia.seesaa.net/article/32669121.html
4.オタクでないあなたへ。
http://mongolia.seesaa.net/article/37434561.html
5.日本語教育振興協会の有資格者
http://mongolia.seesaa.net/article/38990005.html
6.小論文の書き方 「序論・本論1・本論2・結論」
http://mongolia.seesaa.net/article/28378241.html
7.被告人は「日本語」
http://mongolia.seesaa.net/article/37813329.html
8.映画と日本語学習とweb2.0
http://mongolia.seesaa.net/article/38672574.html
9.web2.0が開く新しい「日本事情」
http://mongolia.seesaa.net/article/38327656.html
10.web2.0を一言で言うと
http://mongolia.seesaa.net/article/37614108.html

ということで、EII関係が上位を独占しました。それだけこの問題が大きかったということですね。検索語も分かるんですが、今でも「EII」というキーワードでこのブログに来る人がトップです。

三位の外国人研修制度は昨日の新聞記事にも載ったので、まだアクセスがありそうです。実は、この記事にはJITCOからもアクセスがありました。いわゆるエルゴサーチというやつで、自分の会社や商品の評判をネットで検索することです。大手の企業は皆やっているようです。

四位の「オタクでないあなたへ」は、オタクじゃない日本語教師にとっては面白くて役に立つ本を紹介したつもりだったんですが、誰も買ってくれませんでしたね。あはははは。まあ、いいです。

五位には、日振協の有資格者について書いたエントリーが入りました。これもEII関係で困っている人が読んでくれたのかもしれません。何かの助けになってくれれば幸いです。

六位の小論文関係が実は特異な存在で、これは昨年11月の記事なのです。が、今でも検索エンジンからやってくる人が多いようですね。日本語教育関係者ではなく、受験生などが多いのかもしれません。たとえばグーグルで「小論文の例」などと検索すると、この記事が第三位に現れますし、「小論文 序論」でも三位、「序論 本論 結論」でも十位に表示されています。

八位から十位までのあたりが、私としては一番興味もあって上位に来てほしかったんですが、やっぱり間口が狭すぎるんでしょうかねえ。

ちなみに、グーグルのアクセス解析サービスを使い始めたのが今年初めでなので、二月からの上位もご紹介しておきます。

2月のベスト3
【緊急】養成講座倒産?
http://mongolia.seesaa.net/article/32955460.html
日本への留学率ランキング国別
http://mongolia.seesaa.net/article/33329386.html
wikiこそ「ウェブ2.0と日本語教育」の本命
http://mongolia.seesaa.net/article/34537709.html

3月のベスト3
世界で唯一、日本語を公用語としている地域
http://mongolia.seesaa.net/article/34962923.html
EII倒産
http://mongolia.seesaa.net/article/35907458.html
ごろねリターンズ! プレゼン用のマウス
http://mongolia.seesaa.net/article/34777506.html
実は、このブログからの売り上げが一番多いのはこのマウス。全然、私の専門と関係ないんですが・・・。もっと、書籍も買いましょうよ、みなさん!

最後に、統計を取り始めてから現在までの総合アクセス上位3記事は以下の通りです。

一位 EII倒産
http://mongolia.seesaa.net/article/35907458.html
二位 EII卒業生のみなさんへ
http://mongolia.seesaa.net/article/38116304.html
三位 外国人技術研修制度と日本語教育
http://mongolia.seesaa.net/article/32669121.html

タグ:ブログ
posted by 村上吉文 at 06:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック