2007年05月06日

時間管理の四つの方法

日本語教師って、慣れてくればいくらでも手を抜けますが、逆に、いい授業をしようと思ったら、いくらも準備に時間がかかりますよね。で、どのように自分が時間を使っているのか、チェックする必要が出てきます。

最近まではエクセルでやっていました。エクセルでは「ctrl+:」で現在時刻を自動で入力できるので、一つの作業を始めるごとに記録していけば、おおざっぱな時間管理はできます。

次に、最近大流行のtwitterを時間管理に使えないかなあ、と思ったのですが、これがイマイチ。というのも、履歴が一覧で表示されないのです。更新するとその前の入力が表示されません。まあ、確かに「瞬間を共有するSNS」というのがウリですから、twitterに文句を言うつもりはないし、もしかしたら履歴を表示させる裏技もあるのではないかと思うのですが、とにかく、私は使わなくなってしまいました。

で、今使っているのが「Timelog」です。twitterの日本語版と言ってもいいぐらいのSNSサービスですが、履歴が一覧で表示されます。これは時間管理にとっても便利です。
http://timelog.jp/

ただ、これだと「何分使ったか」という厳密な計算はできません。もうちょっと厳密にやりたい人向けには、Slimtimerがおすすめです。
http://www.slimtimer.com
これを見ると、例えばブログを書き始めてから今9分と36秒であることが分かります。やることをリストアップしておけば、後はクリックするだけで時間を計測できますので、扱いも楽です。

さて、三つ目に挙げたtimelogは、実はまだベータ版にもなっていないサービスです。見ているとどんどん進化していくのが分かって、面白いですよ。ただし、参加は招待制です。私を直接知っている人なら、興味があればご招待しますのでご連絡ください。私を知らない人でも、ある程度の期間ブログを書いている人ならご招待します。

では!
(と書いたところでslimtimerを見たらブログを書き始めてから13分48秒でした)

10:50追記:すでに招待制ではなく登録制になっていました。一つのサービスが形をなしていくのを目の当たりにするのは、本当に面白いなあ。
posted by 村上吉文 at 08:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語hacks! | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック