2007年04月21日

映画で学ぶ日本語 パワーポイント教材

昨日のエントリーでパワーポイントについても触れましたので、ファイルをここに埋め込んでおきます。


1ページ目しか最初は表示されていませんので、上の画像の右端にあるスクロールバーで下の方に移動してください。
それから、どうもフラッシュペーパー内のリンクがうまく行っていないので、それぞれの部分のプレゼンも別枠で埋め込んでおきます。

まず、大意把握の質問用プレゼン。

これに関しては、昨日以下のように書きました。
「大意把握」と「詳細把握」の違いは、前者が客観的な「ここはどこか」的な質問が多いのに対し、後者は「なぜそうしたのか」「登場人物はどう思っているか」などの主観的な内容も含まれることです。


次に、詳細把握のコーナーです。


そして、読み上げコーナー。

これに関しては、昨日以下のように書きました。
本文練習の「読み上げ」は文字で書かれた台詞を学生が読み上げる練習。パワーポイントを使いますので、ここで文法事項や漢字、語彙の注意点なども示しておきます。
ただし、本文練習は昨日も書きましたとおり、DVDの再生なども併用しながら進めています。

読み上げなどを含む本文練習の次は漢字練習です。

これに関しては、昨日以下のように書きました。
「漢字練習」は、台詞中の漢字をパワーポイントで表示して、ひらがなを読む練習。アニメーション機能を使って、学生が読んだ後にひらがなを表示します。ですから、あくまでも読む練習だけであって、書く練習はしていません。
画面中の青い字はこちらがクリックしてから表示されるようになっていますが、上の画像ではフラッシュペーパーに変換されているのでアニメーションは動きません。

で、プレゼンの最後が穴埋めです。

これに関しては、昨日以下のように書きました。
「あなうめ」は台詞の文中の機能語などを空欄にして、言ってもらう練習。これもパワーポイントを使うと楽です。
ここも、パワーポイントで授業を行うときには、下の青い文字は最初は表示されていません。学生が答えた後に正解として出すわけですね。

そのほかの件に関しましては、昨日のエントリーをご覧ください。

posted by 村上吉文 at 05:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日本語hacks! | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
日本語を勉強しているんですが、ビデオの教材がほしい
Posted by 王 立国 at 2009年02月25日 21:38
王さんはどこで勉強していますか?
能力試験で言うと何級ぐらいの教材がほしいですか。
Posted by 村上吉文 at 2009年03月02日 05:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック