月刊日本語からいらした方はこちらへ!

2014年02月06日

日本人おしゃべり冒険家、大募集!(特にアジア圏)

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日も流砂の沼から命からがら脱出していますか?

さて、第8回「にほんごハングアウト!」を昨日開催しました。今までは中東の人だけだったのですが、今回はタイやブラジルなど、地域的に一気に広がりました。特にタイの大学生二人は朝の四時なのに参加してくれてありがとうございました。また、人数としても初めて満室になって、希望者が入室できないという事態になりました。

実はこの「にほんごハングアウト!」は以下のコミュニティをベースにしています。

「にほんごハングアウト! 〜いなかでも、まちでも、日本でも、海外でも、どこでも、日本語で!」
https://plus.google.com/communities/101462989769504433343

ここにはタイやインドネシアなどのアジアの日本語学習者が多く登録しているのですが(学習者が多いのはアジアなので当たり前ですよね)、残念ながらアジアに住んでいる人が帰宅してから就寝するまでの比較的自由な時間が、僕の就業時間と重なっていて、僕がハングアウトを主催するのは難しい状況にあります。

一方、上記のコミュニティーはもともと「村上がハングアウトを主催する場所」ではなくて、「日本語でハングアウトしたい人が自由にハングアウトを主催できる場所」を目指しています。そうでないと、400万人の日本語学習者を僕一人で対応できるわけがありませんから。

それで、実際に昨日は満室で入室できないという人もいたので、こうしたニーズに答えるためにも、ぜひ冒険家の皆様におしゃべりに参加していただけないかと思っております。別に文法を教えたりするわけではないので、日本語教師の経験など必要ありません。性格としてはどちらかと言うと聞き上手な人がいいのですが、自分でしゃべるのが好きな人でも構いません。また、日本語を勉強中の人でも構いません。

アジアの人が参加しやすい時間はやはりアジアで終業後、就寝までの時間だと思うので、その時間に参加しやすい人が特に必要です。

ハングアウトの方法がよく分からない人はお気軽にコメントしてください。なるべく詳しくご紹介いたします。上記のコミュニティで書き込み欄の下にある「テキスト 写真 リンク 動画 イベント」の中からイベントを選んでタイトルと時間を決めれば大丈夫です。オプションで「ハングアウト」を選んでおけば完璧ですが、それが分からなかったら自分でハングアウトを始めて、そのURLを書き込めば、他の人も参加できます。

この「むらログ」ではずっと、このハングアウトというサービスが語学学習の世界を大きく変えるだろうと主張していますが、今まさに学習者がその可能性に気づいて、ニーズが爆発的に増えようとしている瞬間です。世界が変わる瞬間を一緒に体験してみませんか?

そして冒険は続く。
posted by 村上吉文 at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387394460
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック