2013年08月26日

「介護の漢字サポーター」のインドネシア版!

「介護の漢字サポーター」にインドネシア版が登場とのことです。
中東ではあまり縁がない分野だったので情報を追っていなかったところもあるのですが、ますます進む高齢化にむけた対策も着実に進んでいるようですね。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
 「介護の漢字サポーター」インドネシア語版一般公開のお知らせ

 私たちの研究グループで開発しているEPA介護福祉士候補者への学習支援を目的としたウェブサイト教材漢字語彙学習ウェブサイト「介護の漢字サポーター」(http://kaigo-kanji.com/)ですが、これまでの英語版に加えて、本日8月23日よりインドネシア語版を一般公開いたします。
(英語版の一般公開時にもこちらの「むらログ」でご紹介いただきました。)

 「介護の漢字サポーター」は、学習者が、介護福祉士国家試験の各科目で用いられる単漢字、二漢字語、専門用語を互いに関連付けて学ぶことができるよう設計されています。
*二漢字語とは、「介護福祉士」の中の「介護」「福祉」のように用語の構成要素となっている漢字2字の熟語のことを指します。このように様々な用語の構成要素となっている二漢字語を学習することにより、効率よく語彙を増やしていくことができると考えられます。

 また、本サイトでは単漢字、二漢字語、の検索も可能です。
使い方の詳細については、「同サイトのつかいかた」のページをご覧ください。
http://kaigo-kanji.com/info/howtouse.html

 本サイトは、どなたでも無料でご利用になれます。メンバー登録も必要ありません。スマートフォンでの使用にも対応していますので、お時間がある時に、ご覧いただければ幸いです。

 本サイトに関するご意見、お問い合わせはkaigokanji@gmail.comまでお願いします。
(10月13日の日本語教育学会秋季大会(関西外語大学)でデモ発表を行いますので、
その際に皆様と意見交換ができればと考えています。)

本サイトの開発は、科学研究費補助金・基盤研究(C)『EPA介護福祉士候補者を対象とした国家試験受験に向けた漢字学習ウェブサイトの開発』(代表者中川健司 24520581)の研究成果の一部です。

中川 健司(横浜国立大学)
中村 英三(長野大学)
角南 北斗(フリーランス)
齊藤 真美(関西国際大学)
布尾 勝一郎(佐賀大学)
宮本 秀樹(常磐大学)
山岸 周作(社会福祉法人敬老園)
posted by 村上吉文 at 13:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
モンゴル日本センターから、ここにたどり着きました。私は定年まであと一年と半分だけど若い人はいろいろやっておられれるのですね。心強い。
Posted by 織田孝幸 at 2013年08月28日 00:40
織田さま、コメントありがとうございます。まさか数学の織田先生ではありませんよね? モンゴルにいらっしゃるのですか?
Posted by 村上吉文 at 2013年08月28日 04:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック