2013年07月19日

【まとめ】 無料テレビ会議システム「ハングアウト」の始め方

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


Courtney Daggett google+ hangout

 僕が仕事などでよく使っているGoogleの無料テレビ会議システム「ハングアウト」ですが、まだメールやファックスほど浸透しているわけではないので、相手によっては初めて使う場合も少なくありません。それで、全くの初心者用に、ハングアウトを使うために必要な準備などをまとめて書いておこうと思います。スマートフォンやパソコンでインターネットにすでにアクセスできることを念頭に書いています。

Google+のアカウント
 ハングアウトはGoogleが運営するSNS、「Google+」の機能の一部です。ですので、Google+にアカウントを作らないとハングアウトを使うことができません。ちょっと面倒臭いですが、「Google」というのは会社の名前で、その会社が運営するSNSが「Google+」です。SNSというのはmixiやFacebookなどの交流サイトのことです。
 Google+には以下のページで参加できます。もちろん無料です。
 https://plus.google.com/
 ただし13歳以下の子供は登録できません。

Google+の自分のIDの探し方
 ハングアウトをする相手が「Gppgle+に登録できました!」と連絡してくれても、その相手が見つからないことが時々あります。たぶん、本名でもメールアドレスでも検索できないように設定しているのでしょう。その場合は、自分のプロフィールページを相手に教えてあげるといいでしょう。自分のプロフィールページはGoogle+にログインしたすぐ後のページで、左上にある「ホーム」というメニューの上にマウスでポインターを持って行くと表示される「プロフィール」という文字をクリックすると、表示されます。そのプロフィールページで、URLをコピーして、相手にメールなどで伝えるといいでしょう。URLというのはブラウザ(後述)のアドレスバーにある、以下のような文字列です。以下のURLは僕のプロフィールページです。
https://plus.google.com/u/0/103044009669829193155/posts 
 こういう文字列を見つけたら、その文字のどれかをクリックして、キーボードの「CTRL」キーを押しながら「C」を押してください。それでクリップボードにコピーされますから、メールにペーストするといいでしょう。
(この記事を書いたあとにプロフィールのURLは分かりやすくなりました。今は僕のプロフィールページは https://plus.google.com/+yoshifumimurakami というURLになっております。2014/01/14記)
 
Google+で相手をサクる。
 「サクる」というのは他にあまりいい表現がないのですが、ツイッターでいう「フォロー」のようなものです。相手に無断で勝手にサクることができますので、Facebookの「友達申請」とは全く違います。むしろFacebookのリストと似ていて、「家族」とか「同僚」とかいう関係性でサークルを作っておき、そのサークルに相手を登録します。僕の場合は「日本語教師」「日本語学習者」などのサークルと、それぞれの国別のサークルなどをよく使っています。
 友人をサクると、相手に「村上さんがあなたをサクりました」というような通知が届きます(何という名前のサークルに入れたかは通知されません)。ですので、ハングアウトしたい相手に「Google+に登録できました!」とメールで連絡する代わりにもなりますし、相手に自分を探させる手間を省くことができるので、よりスマートです。
 このサークルというのはGoogle+を本格的に利用するなら必ずマスターしなければならない機能ですが、ハングアウトをするだけなら、「みんな」などの適当な名前のサークルが一つあるだけで充分です。

ブラウザはChromeがおすすめ
 ブラウザというのは、皆さんが今使っているソフトです。むらログを読むのに「インターネットエクスプローラー」とか「Chrome」とか「FireFox」とかいうソフトを立ち上げていると思いますが、ハングアウトにおすすめなのはChromeです。他のブラウザでも次に紹介するプラグインを入れればハングアウトができることになっていますが、やはりハングアウトはGoogleのサービスなので、ブラウザもGoogleが開発しているChromeが一番相性がいいようです。
 特に、最初にハングアウトをやってみる場合は、他に原因があってうまくいかないこともあるかもしれませんから、「ブラウザが問題なのではない」ということを明確にするためにも、最初のうちはChromeでハングアウトをやって見ることを強くおすすめします。
 Chromeはこちらからダウンロードできます。もちろん無料です。
 http://www.google.com/intl/ja/chrome/

プラグイン(部品)を入れる必要がある場合
 これはすべてのユーザーに該当するわけではありませんが、Chromeでハングアウトを始めると、自動的にプラグインのインストールが始まる場合があります。数分で終わりますが、重要なオンライン会議にぎりぎりのタイミングだったりすると遅刻になってしまうので、あらかじめインストールしておきましょう。
 インストールはこちらからできます。
 http://www.google.com/tools/dlpage/hangoutplugin
 なお、Googleトークなどの似たサービスを既に利用している場合や、Windowsの代わりにChromeOSをパソコンにインストールしている人、スマホからのアクセスの場合などはこのプラグインをインストールする必要はないようです。

スマートフォンからの場合
 アンドロイドの場合、Chromeブラウザが入っていれば問題ないかと思いますが、僕がハングアウトのために使っているのはGoogle+というアプリです。
 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.plus&hl=ja
この他、ハングアウトだけに特化したアプリもあります。
 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.talk&hl=ja
僕はiPhoneは使っていないので実体験はないのですが、以下からハングアウト用のアプリが入手できるようです。
 https://itunes.apple.com/jp/app/hanguauto/id643496868?mt=8

ハングアウトの招待を受ける
 普通、最初にハングアウトを経験するのは、自分から相手を招待する場合よりも、自分よりもハングアウトに詳しい人から招待される場合のほうが多いでしょう。最初は誰もが初心者なのですから当然ですよね。
 誰かに招待されるときには、あらかじめGoogle+かGmailにログインしていなければなりません。招待されるとチャットのような窓が開いて「村上さんがハングアウトに参加しています」というような文とともに、ハングアウトのURL(「http://」などで始まる文字列)がリンクになって表示されます。このリンクをクリックすると、いよいよハングアウトの始まりです。

自分から友人をハングアウトに招待する
 慣れてきたら、自分からハングアウトを始めて友人を招待することもあるでしょう。その場合はまず以下のハングアウトのページを開きます。
https://plus.google.com/hangouts
 もしこのページが開けなかったら、Google+の中のどのページでもいいので、画面の左上の「ホーム」にポインターを合わせてメニューを表示し、その中の「ハングアウト」をクリックするといいでしょう。
 ハングアウトのページで「ハングアウトオンエアを開始」という青いボタンをクリックすると、ハングアウトを起動することができます。

起動直後の設定
 起動すると「ハングアウトオンエアを設定」という窓が開きます。ここでは、ハングアウトの名前と相手を指定します。公開しない限り、名前はあまり重要ではありませんが、たとえば「2013年9月定例会議」とか「中東日本語教師オンライン研修」など、招待を受ける相手に分かりやすい名前にするといいでしょう。
 相手を設定する場合は、名前やメールアドレスで指定することもできますし、相手の入っているサークルごと指定することもできます。もちろん、サークルで指定した場合は、そのサークルに含まれている全員が招待を受けることになります。
 実験的にやってみる場合は、誰も招待しなくても構いません。また、反転授業のようにまず自分だけで授業の内容を録画しておきたいときなども、相手を指定する必要はありません。
 ハングアウトの名前を設定すると、「ハングアウトオンエアーを開始」というグレイアウトしているボタンが緑色になりますから、それをクリックするとカメラがオンになります。相手を指定していれば、この時点で相手に通知が届きます。オンエアーという名前ではありますが、この時点で動画がライブで世界中に配信されているわけではありませんのでご心配なく。

友人以外を招待する裏ワザ
 上記の方法では、自分がサークルに入れていない人を招待することはできません。また、相手がパソコンなどに慣れていなかったりすると、自分に招待の通知が届いていることに全く気が付かないことがあります。その場合は、裏ワザというか荒業ですが、「ハングアウトオンエアを開始」をクリックしたあとのページのURLをそのまま伝えることで、相手を招待することもできます。その場合のURLはだいたい以下のような感じのものになります。
https://plus.google.com/hangouts/_/29bb9fab2fef2dc98d6fffcbe6fe0779194e2ec5?authuser=0&hl=ja
 Facebookなどの日本語学習者のコミュニティに、「今から1時間ハングアウトやるから、話したい人はだれでも参加して」などとこの種のURLをポストすれば、誰でも遠隔地の日本語学習者の話し相手になることができます。

通話から放送へ。(オンエアー)
 ハングアウトは電話のように指定された相手とだけ顔を見ながら話すこともできますが、テレビのようにそれを不特定多数の人に放送することもできます。
 ハングアウトで話しているだけでは放送状態にはならないのでご心配はありません。話している間に画面の右上にある、茶色の「配信を開始」ボタンをクリックすると放送が始まります。この録画は自動的に作成されるYouTubeのアカウントに録画されます。もちろん、あとからご自分の権限で削除したり編集したりすることも自由にできます。

オンラインでプレゼン!
 ハングアウトにはそれ以外にもいろいろな機能があるのですが、教育関係者にはパワーポイントなどを使ってプレゼンするスキルが最も重要でしょう。
 とは言っても、それほど難しいことではありません。「共有して、画面を選ぶ」という2ステップの操作だけです。
 まず、ハングアウトを起動中に画面の右横にある「画面の共有」というボタンをクリックします。緑色の四角いモニターの中から白い矢印が飛び出しているようなアイコンです。
 次の画面で、現在開いている画面の一覧が出ます。最初は特定の画面でなく、画面全体を共有するのが楽でしょう。自分のパソコンで開いている画面がそのまま相手に表示されます。Googleドキュメントやパワーポイントなどのプレゼンを全画面で表示してそれについて話せば、すぐに全世界に向けてプレゼンを行うことができるのです。プレゼンなどしたことがない人にとっては、デジカメで撮ってきた写真をスライドショーモードで見せるだけでもいいですね。

以上、簡単にハングアウトの使い方を説明してみましたが、このページを読むだけではまったくできるようになりません。ぜひ、該当するご自分のレベルから始めて、実際に手を動かしてみてください。もちろん、コメントをいただければ分かる範囲でお手伝いしますよ。

ハングアウトは、個人ユーザーレベルで言えばこの十年ほどの間で最も大きな技術的な進展ではないかと思っています。誰とでも自由に顔を見ながら話せるようになるこのサービスによって、まさに世界は変わりつつあります。ぜひ、みなさんもこのハングアウトを駆使することによって、変化に追われる側でなく、世界を変える側の人になっていただきたいと思っています。
posted by 村上吉文 at 11:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
最近ハングアウトに興味を持ち、ビデオ会議にも役立てたいと思います。
コメントよりも質問になるかもしれないのでご容赦願います。

起動直後の設定
>「ハングアウトオンエアを設定」という窓が開きます。ここでは、ハングアウトの名前と相手を指定

オンエアではなく、ただのハングアウトの場合は名前の指定みたいなものはないのでしょうか。

友人以外を招待する裏ワザ
>自分がサークルに入れていない人を招待することはできません。

知りませんでした。〇〇さんに挨拶しよう→それからこの人とハングアウトしたい場合は

>裏ワザというか荒業ですが、「ハングアウトオンエアを開始」をクリックしたあとのページのURLをそのまま伝えることで、相手を招待することもできます。

サークル以外の人とハングする場合はこの通りにやればいいのですか。

>その場合のURLはだいたい以下のような感じのものになります。
https://plus.google.com/hangouts/_/29bb9fab2fef2dc98d6fffcbe6fe0779194e2ec5?authuser=0&hl=ja

このURLは定番ですか

>「今から1時間ハングアウトやるから、話したい人はだれでも参加して」などとこの種のURLをポストすれば、誰でも遠隔地の日本語学習者の話し相手になることができます。

同じようなことがGoogle+でもできるのですね。お勧めのコミュニティーありますか。

>現在開いている画面の一覧が出ます

アクティブな画面ですね。
Posted by 高津ベイ at 2014年09月27日 19:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック