月刊日本語からいらした方はこちらへ!

2013年04月12日

Google翻訳がポートフォリオに!

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


ブラよろ.jpg

Google翻訳に「フレーズ集」というのができています。Google翻訳を使って自分が翻訳した時に星のマークをクリックすると、それが記録されていつでも呼び出せます。Google翻訳はもちろんまだ完璧からはほど遠いですが、フレーズ検索などで検証することを忘れなければ外国語学習に非常に強力なツールになることも事実です。

特にSNSを代表とするソーシャルメディアを使って、学習初期から母語話者とコミュニケーションしながら勉強していく場合、必要不可欠となりつつあります。英語や中国語ならともかく、私のようにアラビア語やベトナム語やハンガリー語などの自動翻訳が進んでいない言語にばかり関わっている人間にとっては、他に選択肢がないことも少なくありません。

そのGoogle翻訳で、自分が使った表現を記録できるというのは非常に大きな意味があります。いわゆるポートフォリオになって、いつでも振り返ることができるのですから。復習にも評価にも使うことができます。

もちろん、教室の全員が同じ教科書にそって同じ進度で進むような、画一的な授業スタイルの好きな先生にとっては、教材は全部先生が用意すれば済むので意味が無いかとは思いますが、学習者の個性を重んじ、それぞれが自分と関係性の深い内容の情報発信をするような授業の場合は、こうしたツールが非常に役立つのではないかと思います。

Google翻訳 http://translate.google.co.jp/ 
posted by 村上吉文 at 14:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語hacks! | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/355037147
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック