月刊日本語からいらした方はこちらへ!

2007年01月23日

河野太郎氏「外国人労働者の受け入れを本音で議論しよう」

けっこう、いいこと言ってます。
http://www.taro.org/blog/index.php/archives/558
「イカサマ」「インチキ」なんて語彙も駆使しています。もちろん、現状をひどいと言えば言うほど自分の業績が高く評価されるという背景もありますが、それでも政治家がこういう自分の言葉で直接情報を発信するというのは好感が持てます。

私は海外の現場が多いので国内のことは実はあまり知らないのですが、以下のようなことはびっくりしました。
文部科学省が外国人の子供は義務教育の対象ではないなどというものだから、国として、ぜんぜん責任を持って教育を受けさせる体制にない。

海外にいると、以下のような不毛な状況はイヤというほど目に入ってきます。
さらに、技能研修なるインチキがまかりとおっている。発展途上国からきた研修生に技能訓練をして、本国でその技能を活用した職についてもらうという建前だが、これは完全に低賃金労働者を外国から入れるための(しかも単純労働者は入れないという方針を変えずに)隠れみのである。研修生は研修をしていて、労働をしていないという建前なので、労働基準法が適用されず、賃金ではなく手当を支払うことになる。
正直な印象をいうと、これは現代版の奴隷貿易です。実質的には研修ではなくて労働なのだから、最低賃金は払うべきですよ、そりゃもちろん。

こういうことって、知っている人は今さらだから言わないし、知らない人はホントに知らないんですよね。

で、今度のプロジェクトでは、こういうのは廃止の方向らしいです。

日本語教育と関係があるのは以下の部分。
そうした整備ができた分野から外国人労働者を特定技能労働者として入れることを認めるが、労働ビザの対象となるためには一定の日本語能力をあらかじめ身につけていることが要求される。
来日後、三年以内に一定のさらに高いレベルの日本語能力を身につけると同時に、その職種での高いレベルの資格を取ることができれば、労働ビザの更新を認め、家族を呼び寄せることができるようにする。配偶者にも日本語能力を身につけていることを要求し、子供は義務教育の対象となる。

実は今の技能研修制度でも、一定の日本語力というのは要求されているようです。というのも、関連の業者に会うと、かならず「460時間でカリキュラムを組んでくれ」と言われるからです。ちょっと検索した限りでは見つかりませんでしたが、JITCOかどこかにそういう規定があるのでしょう。

これらの問題について興味のある方は、以下の資料をお勧めします。

法務省が先日発表した外国人労働者の受け入れに関するプロジェクトチームの最終とりまとめ(http://www.moj.go.jp/NYUKAN/nyukan51-3.pdf

こちらからもダウンロードできるようにしておきます。
nyukan51-3.pdf
posted by 村上吉文 at 06:28 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
僕も前の学校で、研修生の実態について考えさせられました。研修生のRUN AWAYが多く、そこばかり非難する日本人がいますが、結局は途上国の人々の足元を見た、「奴隷貿易」が原因なんですよね。フィリピンにいて日本のずるいところをいろいろ見ました。

フィリピンとのFTA(EPA)に関して、フィリピン人に日本人と同等の日本語力を求めるのは正直、わずかな天才探しのような気がしてなりません。
もしくは、結局のところビザをあげたくないから、数年いて国家試験に合格できなくても新しい人来るからいいや程度なんでしょうか??
フィリピン人の海外労働者としての魅力の一つはやっぱり英語力だと思います。もちろんホスピタリティー精神もそうですが★
受け入れる機関も、資料の英語化だったりと、外国人労働者の負担を減らす努力が必要ではと思います。今のままだと、「世界に門戸は開いたけど、ビザがほしければ日本人になりなさい」というよう同化政策(言いすぎ?)に聞こえてしまうのは僕だけでしょうか?
受け入れる日本側のこれからに期待したいです。
Posted by みっちー at 2007年01月25日 00:23
みっちー、こんにちは!
昨日の朝のNHKでも、フィリピンの技術研修生のことが取り上げられていました。録画してるんで、よかったらお見せしますよ。

台湾旅行、楽しんできてください。
Posted by 管理人 at 2007年01月25日 06:55
ありがとうございます。
その録画したの見たいです!!でも、現在我が家にビデオがないんですが・・・それともデータでしょうか?また、MIXIメッセージにでも連絡ください。
台湾の足つぼマッサージで叫んでくる予定です★
Posted by みっちー at 2007年01月25日 10:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック